中1の英語の勉強法について

中1の英語で躓いてしまった方へ

中1英語のテキスト

中1英語の勉強法のページの内容

 

ここでは、中1の英語の勉強方法を紹介します。
最初はアルファベットや英単語だけなので、
誰でも90点以上取れる非常に簡単な教科です。

 

ただ2学期の期末テストあたりから、
複雑な文法や長文問題が出てくるため、
一気に点数が下がってきます。

 

ではそうならないために
どんな勉強をすればいいのでしょうか?


【まずは英語の基礎的な学習法を学ぼう!】

 

あなたが今中学1年生なのであれば、
まずは英語の基礎的な勉強法を学びましょう。
次のページにまとめてあるので参考にしてみてください!

 

英語の基礎的な学習法を学ぶ

賢く英単語を覚えるコツとは!?

アルファベット

中1英語の最初に出てくるのがアルファベット。

さすがにここで躓く中学生は少ないです。
ただそのアルファベットを並べただけの英単語。
ここになると一気に躓く中学生が増えてきます。
よく聞く悩みが・・・

 

 

「英単語をなかなか覚えられません」
「意味はわかるのですが、書けないんです」

 

 

これなんでだかわかりますか?
答えは簡単で、勉強時間が足りないからです!
さすがにどんな秀才でも1分で英単語をマスターなんて無理です。
結局は努力をしたかどうかが全てなので、コツコツ覚えましょう。

 

 

一つポイントとして、
英単語カードを使うと覚えが早くなります。
感じと同じで、意味と書きの両方から覚えることで、
勉強のスピードが速まるんです!

 

 

英単語の次にマスターすべき英文のポイント

英文

2学期に入ると英文法が出てくるので、

点数がどんどん下がってきます。
もちろん私が中学生のときも同じでした(笑)

 

 

なぜなら、中学生のころから
英文法なんてわかるわけない!
普通はそう思うはずです。

 

 

で、これって実はすごく的確な意見なんです。
と言うのは、アメリカ人って
英文法意識してると思いますか?

 

 

日本人も同じで、
文章の並べ方なんて意識しないですよね。
つまり、英文法なんて覚えなくていいんです。

 

 

じゃあどうしたらいいのかというと、
大切な文章をそのまま覚えましょう。
「Can」の使い方を覚えるのではなくて、
「Can」が使われている例文を全て覚えるわけです。

 

 

アメリカ人の子どもが英語を覚えるのって、
実はこれと同じ仕組みです。

 

 

お父さんが話している文章を
そのまま覚えていくわけなので・・・
だからこれと同じ勉強法をしていきましょう。

 

 

【効率良く英文を頭に入れる方法】

 

①まずは30回音読する

最初に教科書の内容をひたすら音読します。
声に出すことで、目、耳、口の3箇所を使います。
その結果、より効率よく文章の流れが頭に入ります。

 

②テスト前に3回英文を書く

既に英文の流れが頭に入っていて、単語もかける状態であれば、
日本語訳を見ながら英文を書くことも出来ると思います。
テスト前に3回ほどこの勉強法を行っておくことで、
より深い知識が身に付き、テストの点数も上がります!

 

苦手な子多数!!長文問題を解く鍵

英語長文

多くの中学生が苦手とする長文読解。

私の元にもしばしばコツを教えてほしい!
という相談が来ます。

 

 

長文読解について3年生になってきたら、
ある程度コツを覚えたほうが良い
のですが、中1の時点ではその必要はありません。

 

 

ポイント2で説明した、
英文を全て頭に入れるという勉強法を
実践してしまえば、
長文はスラスラできてしまいます。

 

 

難しいことは考えずに、
ひたすら教科書に載っている英文
頭に入れてしまいましょう!

 

 

これさえ頭に入れれば海外旅行に行ける魔法のフレーズ

ポイント

中1で出てくる大切な英文法として、

Canと疑問文があります。
この2つとっても大事です。どうしてかわかりますか?

 

 

実はこの2つを知っているだけで、
旅行に行けるからです。

 

 

実際に外国人と英語で話しているとわかるのですが、
正直難しい言葉ってほとんど使いません。
使っている言葉ってせいぜい中学校で習う単語くらい。
その中でも特に出てくるのが、

 

 

「Can you ~?」
「Can I ~?」

 

 

というCanを使った疑問文です。
「○○できますか?」という意味で使うのですが、
これさえ話せれば、正直旅行なんて簡単にできます。
だから、中1で最も大切な部分はここだと思いますよ!

 

効率良く成績が上がる道山流勉強法

道山ケイの成績アップメール講座

次のページでは、

私が今までに培ってきた中学生の成績を上げる
マル秘テクニックについて紹介します!

 

 

過去にこの方法で、
5教科の合計点が113点上がった子もいる、
学習法なのできっと役に立つと思います。
次のテストですぐに成績がUPする可能性もあります!

 

 

お父さんお母さんが気になる、

 

 

  • 上手に子どものやる気を引き出す声掛け法
  • ストレスなく勉強時間を増やす方法
  • 親子関係を良好にする方法

 

 

などについても、
マル秘テクニックをお伝えしますので、
下記から詳細を確認していただけると幸いです。

 

成績が上がる無料メール講座

 

動画で解説!!さらに詳しい中1英語の勉強法

 

中1の勉強法人気記事TOP3

中1英語の勉強法←このページ!

 

学年別英語の勉強法と英語の受験対策について

英語の定期テストの勉強法の基本

英語の定期テストの勉強法は時間との勝負!効率を上げる方法とは?

 

中2英語の勉強方法

過去形・未来形・不定詞・動名詞・比較級の勉強のコツを解説!

 

中3英語の勉強方法

現在完了・関係代名詞・長文読解・リスニングの勉強のコツを解説!

 

英語の高校受験勉強方法

【必見】定期テストの勉強と高校受験の勉強は180度違うので注意しましょう!

 

 

中1・中2・中3別勉強法一覧に戻る

関連ページ

中1と中2の内容を復習する方法
ここでは、中1や中2で勉強をサボってしまった中学生に向けて、中1と中2の勉強を復習する方法をまとめます。中3になってから、サボったことを後悔する中学生が非常に多いです。でも、きちんと復習すれば取り戻せます!
中1国語の勉強法
ここでは中1国語の勉強法についてまとめます。漢字や文法、部首、対義語、類義語など中間テストで良く出題されるポイントや、1年生が躓きやすいことわざ、慣用句なども解説します。
中1社会の勉強法
ここでは中1社会の勉強法について紹介します。1年生の社会は地理と歴史が半分ずつです。地理はグラフを使った問題、歴史は年代が苦手な傾向があります。また中間テストよりも期末テストの方が範囲が広がります。
中1数学の勉強法
ここでは、中1の数学の勉強法で意識すべきポイントを私なりにまとめました。中1の数学でたいせつな文字式や方程式、図形や代入の仕方など、どこを意識すればいいかをまとめます!
中1理科の勉強法
ここでは中1理科の勉強法について解説します。1年生の理科のポイントは、密度や気体、水溶液などの小学校では出てこなかった複雑な計算問題が出てきます。ここで躓かないようにしましょう。
中2国語の勉強法
ここでは、中学2年生の国語の勉強方法についてまとめます!中2の国語でよく出題されるのは、文法や漢字、品詞などです。では勉強する上でのポイントは?
中2社会の勉強法
ここでは、中2社会の勉強法について解説します。地理は日本の地域ごとの特徴、歴史は江戸時代から第2位次世界大戦までがよく出題される範囲です。漏れのないように覚えていきましょう。
中2数学の勉強法
ここでは中2数学の勉強法についてまとめます!多くの中学生が躓きやすいポイントは、一次関数、連立方程式、図形の3つです。ではどうしたらいいのでしょうか?
中2理科の勉強法
ここでは、中2理科の勉強方法について解説します。中2の理科は、物理が難しいです。そのため、生物分野の動物と地学分野の天気で点数と落とさないようにしましょう。
中2英語の勉強法
ここでは、中2英語の勉強法について解説します!中学2年生にとって、英語は苦手教科の一つです。その中でも特に長文読解と文法問題について解説します!
中3国語の勉強法
ここでは、中学3年生の国語の勉強法について説明します。中学3年生にもなると小説も長くなり、読み取りも難しくなります。短時間で終えるコツをまとめました。
中3社会の勉強法
ここでは中3社会の勉強方法についてまとめます。中3の社会は、主に公民分野が中心です。その中でも日本の経済の仕組みと日本国憲法が中心になります。それぞれポイントをまとめました。
中3数学の勉強法
ここでは中3数学の勉強方法についてまとめます。2次方程式や因数分解など中学生が苦手とする範囲が多い中3の数学。効率よく点数を取る方法を紹介します。
中3理科の勉強法
ここでは中3理科の勉強方法をまとめます。イオンや遺伝、物理の仕事など、中学生にとって頭を混乱させる分野が多い中三の理科。楽に頭に入れるコツは!?
中3英語の勉強法
ここでは中3英語の勉強方法について解説していきます。中学三年生の英語で大事なのは、現在完了、関係代名詞、長文の三つです。長文が特に、一年生二年生に比べて大幅にレベルが上がります。
友だち追加

TOP 定期テスト対策講座 不登校・反抗期対策法 問い合わせ