小学校、中学校教師がやるべきサポート法

ADHDやアスペルガーの子供について悩んでいるあなたへ

発達障害の子供に対して、学校がすべきサポートとは?

小・中学校の発達障害の対応策のページ内容

 

ここでは、小学校や中学校がすべき
発達障害の子どもへの対応策について
解説します。

 

発達障害の子供と言うのは、
友達関係や身の回りの整理整頓など、
様々な部分でできないことがあります。

 

小、中学校の教師はそれに対して、
その子にあったサポートをしていかないと
いけません。

 

親として、
先生がきちんとサポートしてくれるように、
伝えておくことも大事です。


対応策① 他の子に理解をしてもらう

授業中

発達障害の子供を持つ親として、

小学校、中学校の先生に、
絶対にやってもらわないと
いけないことがあります。

 

 

それは何かというと、
他の子にきちんと理解してもらえるように
話をしてもらうことです。

 

 

発達障害の子と言うのは、
自分では悪いと思っていないのに、
友達を傷つけてしまうことがあります。

 

 

自分では悪いと思っていないというのが重要で、
これをあらかじめ他の子供たちに話しておかないと、
後で大きな問題になります。

 

 

ここが教師の腕の見せどころなので、
他の子たちにある程度理解してもらえるように、
きちんと話をしてもらうようにしてください。

 

 

対応策② こまめに保護者に連絡してもらう

保護者に電話する教師

他の子供たちに、

きちんと話をしてもらったとしても、
やはり問題は起こると思います。

 

 

そうなったとき、
親としてすぐに迷惑をかけた子に
謝りにいかないといけません。

 

 

これができるかどうかで、
相手の子との関係が決まります。
ですので何か問題が起こった時には、
すぐに連絡を貰えるようにしておきましょう。

 

 

また、子供の学校での小さな変化についても
できる限り連絡をしてもらえるようにしておくと良いです。
ちなみに賛否両論あると思うのですが、
私は教師時代保護者にLINEで連絡を取っておりました。

 

 

電話するほどの問題ではないが、
一応知らせておいた方が良いという内容については、
LINEでメッセージを送っていました。
こういった連絡方法も良いと思います。

 

 

対応策③ 問題が起きたら厳しく対処してもらう

厳しく叱る教師

子どもが他の子に対して、

暴力をふるってしまったり、
悪口を言って泣かしてしまったりしたら、
親としてすぐに謝りにいかないといけません。

 

 

ただ逆に、
こちらが他の子からいじめられるとか、
からかわれるという問題が起こることも
もちろんあります。

 

 

こういった場合、
やはり相手の子を厳しく叱ってもらわないと、
いじめなどは収まりません。

 

 

これは教師の仕事なので、
子どもが他の子から何か被害を受けている場合、
一度教師に相談するようにしましょう。

 

 

子供の変化に敏感ではない教師の場合、
なかなか気づかないこともあるので、
そこは親が動いてあげると良いです。

 

 

学校の先生がサポートしてくれない時は?

居眠りする先生

新任の先生や、

やる気のない先生の場合、
子どもが何かトラブルになっていても
対処してくれないことがあります。

 

 

こんなとき、
親としてどうすれば良いのか、
頭を悩ませる方もいると思います。

 

 

この場合、手順としては、
まず学年主任の先生に相談します。
基本的にはこれで解決できます。

 

 

ただまれに
学年主任の先生も頼りにならない
と言う場合があります。

 

 

この場合は、
教頭先生に相談をします。
それでも変わらなければ、
教育委員会に相談をします。

 

 

いきなり教育委員会に言う方がいるのですが、
これだと逆に解決に時間がかかるので、
まずは学年主任の先生に相談するのが良いです。

 

 

【重要】発達障害の子供の正しい勉強法とは!?

 

勉強

発達障害の子供の場合、

勉強方法についても少し工夫が必要です。
通常の子と同じように勉強させていても、
やはり成績が上がらず悩むことになります。

 

 

そこで次のページでは、
発達障害の子にあった
正しい勉強の仕方について解説します。

 

 

ポイントは、
その子に合った勉強方法をさせることです。

 

発達障害の子供の勉強法と考え方に進む

 

動画で解説!!発達障害の子どもへの対応策の詳細編

 

子供の発達障害の記事一覧に戻る

関連ページ

発達障害の対応策(親編)
ここでは、子供の発達障害に対して親ができる対応策について解説しました!子どもが小学生、中学生でアスペルガー症候群やADHDであれば、まずこれから始めましょう。
発達障害の子供の勉強法
ここでは、発達障害の子供はどのように勉強したら良いのかと親の考え方について解説します!子どもが小学生でも中学生でも使える勉強法法をお伝えします!
発達障害の子供の進路選択
ここでは発達障害の高校進学について解説します!発達障害の子にとって一番ひょい進路選択の仕方とは?
アスペルガー症候群チェックテスト
ここでは子供がアスペルガー症候群かもしれないと感じたときにすべきチェックテストについてまとめました。ただ特徴だけで判断するのは禁物です。一度チェックしてみてください。
ADHDの子供の特徴と診断方法
ここでは子供がADHDだと思った特にチェックすべき特徴をまとめました!薬での治療は問題ないのか?親としてどのように対応すべきかなど発達障害のお父さんお母さんが気になる点をまとめました!
友だち追加

TOP 定期テスト対策講座 不登校・反抗期対策法 問い合わせ