中3英語の勉強方法について

中3英語の勉強でつまずいてしまった方へ

中3英語のテキスト

中3英語の勉強法についてのページの内容

 

ここでは、
中3英語の勉強方法について解説しています。

 

一年生二年生に比べ、
英文の量が大幅に増える三年生。
賢い勉強方法をしていかないと、
時間が足りなくなります。

 

また現在完了と関係代名詞という
中学生がつまずきやすい二つの文法も出てきます。
それぞれポイントをまとめていきます。


【絶対に高校受験を成功させたい方へ】

 

絶対に高校受験に合格したいと思っているのであれば、
内申点を上げるをあげるための英語の定期テスト対策と
当日点を上げるための英語の入試勉強対策の2つをすることが大事です。
この勉強法についてはいかにまとめています!

 

英語の定期テスト勉強法はこちら

 

英語の高校入試対策のページはこちら

現在完了はhave+過去分詞というパターンを暗記しよう

英語

進行形とよく間違えやすい

現在完了形ですが、
これもパターンをきちんと覚えてしまえば、
それほど難しいものではありません。

 

 

現在完了形は必ず、
have+過去分詞というパターンになります。
まずは教科書に載っている例文を、
すべて頭に入れましょう。

 

 

また現在完了にはよく
次のような単語がつかわれます。
just・already・yet・nwverなどです。

 

 

これらが出てきたら、
現在完了形の可能性が非常に高いので、
例文を頭に思い浮かべるといいです。

 

関係代名詞は前の単語を説明する働き

英語

関係代名詞というと、

言葉的に難しいイメージを
持ってしまう中学生が多いです。
ですがこれは大きな誤解です。

 

 

関係代名詞は、ひとつ前の言葉を
説明するときに使う単語です。
訳す場合は「それは」「その人は」
という日本語に変えると、きれいな日本語になります。

 

 

先行詞という言葉が、
学校の授業ではよくつかわれると思うのですが、
これ言い換えると、「前の言葉」という意味です。

 

 

  • 先行詞が人をあらわす場合 ⇒ who
  • 先行詞が人以外をあらわす場合 ⇒ which

 

 

これは関係代名詞の大事なポイントなので,
必ず頭に入れておきましょう。

 

長文のポイントは問題になれること

英語

一、二年生と違って、

三年生の英語の長文は、
難易度がぐんと上がります。

 

 

もちろん教科書に載っているすべての文書を
覚えてしまってもいいのですが、
それらとかなり時間がかかってしまいます。

 

 

そこで受験勉強に向けて、
英語の長文に慣れていく、
という勉強方法もしていたほうが良いです。

 

 

これどういうことかというと、
ひたすら長文の問題を解きます。
これをくりかえしていくことで、
英語の長文の解き方が頭の中に入っています。

 

 

数学や理科と同じで、
長文の解き方を覚えることで、
教科書の文章すべてを頭に入れなくても、
自然に問題を解く力がつくわけです。

 

リスニングのポイント

 

ポイント

中3の英語に限らず、

英語の勉強全般でよく聞かれる質問が、
「リスニング力」をあげる方法です。

 

 

リスニング力=耳で聞く力です。
つまり、リスニング力を高めるためには、
毎日コツコツ英語を聞いていくしかありません。

 

 

移動中や歯磨きの時間、風呂に入る時間などに
毎日10分ずつでもいいので、英語を聞く習慣をつけましょう。

 

 

なお、英語を聞く習慣をつける上で、
私が子どもたちに薦めている教材があります。
よかったら、こちらも参考にしてみてください。

 


次のページでは、

私が中学校教師時代に実践した結果、
クラスの97%が第一志望の高校に
合格した秘密でもある道山流成績アップ法をお話します!
この方法を使えばあなたも合格間違い無しです!

 

 

成績が上がる無料メール講座

 

動画で解説!!さらに詳しい中3英語の勉強法

 

中3の勉強法人気記事TOP3

中3英語の勉強法←このページ!

 

学年別英語の勉強法と英語の受験対策について

英語の定期テストの勉強法の基本

英語の定期テストの勉強法は時間との勝負!効率を上げる方法とは?

 

中1英語の勉強方法

英語の勉強の基本である英単語と英文を覚えるコツを解説!

 

中2英語の勉強方法

過去形・未来形・不定詞・動名詞・比較級の勉強のコツを解説!

 

英語の高校受験勉強方法

【必見】定期テストの勉強と高校受験の勉強は180度違うので注意しましょう!

 

中1・中2・中3別勉強法一覧に戻る

関連ページ

中1と中2の内容を復習する方法
ここでは、中1や中2で勉強をサボってしまった中学生に向けて、中1と中2の勉強を復習する方法をまとめます。中3になってから、サボったことを後悔する中学生が非常に多いです。でも、きちんと復習すれば取り戻せます!
中1国語の勉強法
ここでは中1国語の勉強法についてまとめます。漢字や文法、部首、対義語、類義語など中間テストで良く出題されるポイントや、1年生が躓きやすいことわざ、慣用句なども解説します。
中1社会の勉強法
ここでは中1社会の勉強法について紹介します。1年生の社会は地理と歴史が半分ずつです。地理はグラフを使った問題、歴史は年代が苦手な傾向があります。また中間テストよりも期末テストの方が範囲が広がります。
中1数学の勉強法
ここでは、中1の数学の勉強法で意識すべきポイントを私なりにまとめました。中1の数学でたいせつな文字式や方程式、図形や代入の仕方など、どこを意識すればいいかをまとめます!
中1理科の勉強法
ここでは中1理科の勉強法について解説します。1年生の理科のポイントは、密度や気体、水溶液などの小学校では出てこなかった複雑な計算問題が出てきます。ここで躓かないようにしましょう。
中1英語の勉強法
ここでは、中1英語の勉強法についてまとめます。英語は小学校では学ばない教科です。最初は単語とアルファベットだけなので簡単ですが、徐々に長文問題や文法が出てくるので、みんな混乱してきます。
中2国語の勉強法
ここでは、中学2年生の国語の勉強方法についてまとめます!中2の国語でよく出題されるのは、文法や漢字、品詞などです。では勉強する上でのポイントは?
中2社会の勉強法
ここでは、中2社会の勉強法について解説します。地理は日本の地域ごとの特徴、歴史は江戸時代から第2位次世界大戦までがよく出題される範囲です。漏れのないように覚えていきましょう。
中2数学の勉強法
ここでは中2数学の勉強法についてまとめます!多くの中学生が躓きやすいポイントは、一次関数、連立方程式、図形の3つです。ではどうしたらいいのでしょうか?
中2理科の勉強法
ここでは、中2理科の勉強方法について解説します。中2の理科は、物理が難しいです。そのため、生物分野の動物と地学分野の天気で点数と落とさないようにしましょう。
中2英語の勉強法
ここでは、中2英語の勉強法について解説します!中学2年生にとって、英語は苦手教科の一つです。その中でも特に長文読解と文法問題について解説します!
中3国語の勉強法
ここでは、中学3年生の国語の勉強法について説明します。中学3年生にもなると小説も長くなり、読み取りも難しくなります。短時間で終えるコツをまとめました。
中3社会の勉強法
ここでは中3社会の勉強方法についてまとめます。中3の社会は、主に公民分野が中心です。その中でも日本の経済の仕組みと日本国憲法が中心になります。それぞれポイントをまとめました。
中3数学の勉強法
ここでは中3数学の勉強方法についてまとめます。2次方程式や因数分解など中学生が苦手とする範囲が多い中3の数学。効率よく点数を取る方法を紹介します。
中3理科の勉強法
ここでは中3理科の勉強方法をまとめます。イオンや遺伝、物理の仕事など、中学生にとって頭を混乱させる分野が多い中三の理科。楽に頭に入れるコツは!?
友だち追加

TOP 定期テスト対策講座 不登校・反抗期対策法 問い合わせ