中3社会の勉強方法について

中三の社会の勉強方法でつまずいてしまった方へ

中3社会のテキスト

中3社会の勉強法についてのページの内容

 

中3の社会の勉強方法について紹介します。

 

中1、中2では、
地理と歴史が中心になったのですが、
中3では公民分野が中心になります。

 

今までとは少し勉強の流れや違うので、
少しやり方を変えていきましょう。
日本の経済の仕組みと日本国憲法の仕組み
これから生きていくうえでも非常に大切です。


【受験生の君に読んでもらい2つのページ】

 

あなたが今受験生だとしたら、
社会の定期テスト対策と受験対策の違いも理解していただきたいので、
是非次の2つのページも読んでみてください。

 

社会の定期テスト対策に進む

 

社会の高校入試対策に進む

日本の経済は三つの組織からなりたっている

政府

日本の経済は基本的に、

 

  • 政府
  • 家計
  • 企業

 

の三つから成り立っています。

 

 

政府は日本の仕組みそのものや、
景気の調整などを行います。
また税金をもらうことにより、
公共交通機関などを整えたりします。

 

 

家計は、モノやサービスを生産し、
必要なモノの消費したりして、お金の流れを生み出します。
その中で税金を政府に支払います。

 

 

企業は、個人単位ではできない
大きなものやサービスを生産し、個人の雇用を生み出します。
また企業としても大きな税金を政府に支払います。

 

 

この三つの組織が、お金を循環させることによって、
日本の経済は成り立っています。

 

需要と供給のバランスについて

 

家計

まだモノやサービスの値段は、

需要と供給のバランスによって決まります。

 

 

そのものやサービスをほしいという人が
多くなれば多くなるほど。
商品の値段はどんどん上がっていきます。

 

 

逆にほしいと思う人が少なければ、
値段は下がっていきます。
需要と供給のバランスが一致するところが、
均衡価格と言って、ものや商品の値段となる部分です。

 

日本国憲法の三つの基本原則をマスターしよう

日本国憲法

日本国憲法には、

三つの基本原則があります。

 

  • 国民主権
  • 基本的人権の尊重
  • 平和主義

 

この三つです。
まずはこの2つの言葉をきちんと覚えましょう。

 

 

それ以外にも様々な特徴があります。
まず、天皇とは何かという部分です。
天皇は日本の象徴です。
海外の国が違って、天皇が
日本をの指揮を執ることはありません。

 

 

次に戦争についてです。
日本は昔から戦争によって、
たくさんの被害を受けていました。
もちろん日本が悪かった戦争もあります。

 

 

このような経験から、
日本国民は武力の行使は放棄する
という約束をしています。

 

三権分立について

 

三権分立

日本国憲法では国会・内閣・司法、

この三つの役割についてものべられています。

 

 

まず国会についてです。

 

  • 衆議院の任期は4年、参議院の任期は6年
  • 衆議院には解散があり、参議院には解散がない

 

こういったルールが決められています。
それ以外にも予算の審議などで、
衆議院がに優越されるなどの仕組みもあります。

 

 

次に内閣についてです。
内閣は内閣総理大臣と国務大臣で構成されます。
内閣は国会に対して連帯責任を負います。
衆院が内閣不信任案を可決すれば、
衆院を解散、もしくは総辞職をしなければなりません。

 

 

最後に司法についてです。
最高裁判所は違憲立法審査権を持つという特徴があったり、
裁判官は、良心と憲法、法律のみに拘束される。
といったルールがあります。

 

 

この三つの組織の権力の立場が同じ、
というのが三権分立です。

 

【中3の歴史と地理について】

 

①1,2年生の復習が基本

多くの中学校で、3年生の定期テストで出題される歴史と地理の問題は、
1,2年生の復習です。
時期を考えると、これらを勉強するのであれば、
受験対策教材で勉強するようにしましょう!

 

②コツコツと基礎を押さえよう

歴史や地理の復習には時間がかかります。
2年間かけて学習した内容なのであたりまえです。
1週間でできるようになるとは思わずに、
3ヶ月ほどかけてコツコツ覚えていくという意識で勉強しましょう!

 


次のページでは、中3数学の勉強方法についてまとめます。

中3数学のポイントは、因数分解と二次方程式です。
多くの中学生は、なぜここでつまづいてしまうのか?
上手く理解する方法などまとめました。

 

 

中3数学の勉強方法に進む

 

成績が上がる無料メール講座

 

動画で解説!!さらに詳しい中3社会の勉強法

 

中3の勉強法人気記事TOP3

 

学年別社会の勉強法と社会の受験対策について

社会の定期テストの勉強法の基本

地理・歴史・公民、、、実は定期テストの勉強法は全て同じです!

 

中1社会の勉強方法

世界の国々(地理)・縄文時代から江戸時代まで(歴史)の勉強のコツを解説!

 

中2社会の勉強方法

日本の特徴(地理)・江戸時代から現代まで(歴史)の勉強のコツを解説!

 

社会の高校受験勉強方法

【必見】定期テストの勉強と高校受験の勉強は180度違うので注意しましょう!

 

中1・中2・中3別勉強法一覧に戻る

関連ページ

中1と中2の内容を復習する方法
ここでは、中1や中2で勉強をサボってしまった中学生に向けて、中1と中2の勉強を復習する方法をまとめます。中3になってから、サボったことを後悔する中学生が非常に多いです。でも、きちんと復習すれば取り戻せます!
中1国語の勉強法
ここでは中1国語の勉強法についてまとめます。漢字や文法、部首、対義語、類義語など中間テストで良く出題されるポイントや、1年生が躓きやすいことわざ、慣用句なども解説します。
中1社会の勉強法
ここでは中1社会の勉強法について紹介します。1年生の社会は地理と歴史が半分ずつです。地理はグラフを使った問題、歴史は年代が苦手な傾向があります。また中間テストよりも期末テストの方が範囲が広がります。
中1数学の勉強法
ここでは、中1の数学の勉強法で意識すべきポイントを私なりにまとめました。中1の数学でたいせつな文字式や方程式、図形や代入の仕方など、どこを意識すればいいかをまとめます!
中1理科の勉強法
ここでは中1理科の勉強法について解説します。1年生の理科のポイントは、密度や気体、水溶液などの小学校では出てこなかった複雑な計算問題が出てきます。ここで躓かないようにしましょう。
中1英語の勉強法
ここでは、中1英語の勉強法についてまとめます。英語は小学校では学ばない教科です。最初は単語とアルファベットだけなので簡単ですが、徐々に長文問題や文法が出てくるので、みんな混乱してきます。
中2国語の勉強法
ここでは、中学2年生の国語の勉強方法についてまとめます!中2の国語でよく出題されるのは、文法や漢字、品詞などです。では勉強する上でのポイントは?
中2社会の勉強法
ここでは、中2社会の勉強法について解説します。地理は日本の地域ごとの特徴、歴史は江戸時代から第2位次世界大戦までがよく出題される範囲です。漏れのないように覚えていきましょう。
中2数学の勉強法
ここでは中2数学の勉強法についてまとめます!多くの中学生が躓きやすいポイントは、一次関数、連立方程式、図形の3つです。ではどうしたらいいのでしょうか?
中2理科の勉強法
ここでは、中2理科の勉強方法について解説します。中2の理科は、物理が難しいです。そのため、生物分野の動物と地学分野の天気で点数と落とさないようにしましょう。
中2英語の勉強法
ここでは、中2英語の勉強法について解説します!中学2年生にとって、英語は苦手教科の一つです。その中でも特に長文読解と文法問題について解説します!
中3国語の勉強法
ここでは、中学3年生の国語の勉強法について説明します。中学3年生にもなると小説も長くなり、読み取りも難しくなります。短時間で終えるコツをまとめました。
中3数学の勉強法
ここでは中3数学の勉強方法についてまとめます。2次方程式や因数分解など中学生が苦手とする範囲が多い中3の数学。効率よく点数を取る方法を紹介します。
中3理科の勉強法
ここでは中3理科の勉強方法をまとめます。イオンや遺伝、物理の仕事など、中学生にとって頭を混乱させる分野が多い中三の理科。楽に頭に入れるコツは!?
中3英語の勉強法
ここでは中3英語の勉強方法について解説していきます。中学三年生の英語で大事なのは、現在完了、関係代名詞、長文の三つです。長文が特に、一年生二年生に比べて大幅にレベルが上がります。
友だち追加

TOP 定期テスト対策講座 不登校・反抗期対策法 問い合わせ