感情の起伏が激しい人は何が違うのか?

子どもがイライラして悩んでいる方へ

なぜあなたの子どもは、すぐにイライラするのか?

感情の起伏が激しい子どもの原因と対処法のページ内容

 

ここでは、
すぐにイライラしてしまう子供の原因について
解説します。

 

感情の起伏が激しい子どもと言うのは、
すぐに感情的になったり、落ち込んだりと、
本当に扱いが難しいと思います。
その結果親として酷くストレスを感じることも多いです。

 

ではそもそもどうしてこういった性格になってしまうのか?
実は根本的な原因は、親の接し方の間違い
あるのです。

 

つまり子育ての間違いを修正して、
接し方を変えていくことで
子どもの気持ちは落ち着きます。
私が教師時代に意識していたことをまとめました!

 


感情の起伏が激しいのは病気?ADHDなどとの違いとは?

イライラ

そもそも感情の起伏が激しいというのは、

どういう症状を言うのでしょうか?

 

 

私が考えている症状は、
少し嫌なことがあるとすぐにイライラして、
逆に良いことが起こると機嫌が良くなる
タイプだと思います。

 

 

こういった症状の子を見ると、
教師やカウンセラーは「発達障害の可能性がある」
と言う人が多いです。なぜなら発達障害の一つである、
ADHD(注意欠陥障害)の特徴が、

 

 

  • すぐにカッとなる
  • 物事を忘れやすい
  • 落ち着きがない

 

 

なので、すぐにカッとなるという部分が、
ADHDの特徴と似ているからです。
しかし私自身の考えでは感情の起伏が激しいのと
ADHDは全く別物だと思っています。

 

 

なぜなら感情の起伏が激しいというのは、
親の子育て方法の間違いによって起こることだと
考えているからです。

 

 

根本的な原因と子どもの心理状態について

しょんぼり

では感情の起伏が激しい子の

根本的な原因とは何なのでしょうか?
私は間違った子育てにあると考えています。

 

 

あなたは「鏡の法則」という言葉を
聞いたことがあるでしょうか?
これは何かというと子どもは親に似る
ということです。

 

 

この法則が感情の起伏が激しい子を生み出す、
根本的な原因だと考えています。

 

 

例えば子どもが何か悪さをしたときに、
親が感情的に叱ってしまうと、
子どもは「自分にとって都合の悪いことが起きたら、
その感情を相手にぶつけるべきだ」という価値観になります。

 

 

その結果子ども自身も、
自分にとって都合の悪いことが起きたときに、
すぐに落ち込んだり、悲しんだりしてしまうわけです。

 

 

逆に子どもが少し悪さをしても、
親が冷静に対応をするような子育てをしていくと、
子どもも冷静に対応すべきだと考えるようになります。
その結果感情の起伏があまりない人間になるわけです。

 

 

すぐに治したい方必見!正しい対処法とは?

カッとなる子ども

2章でまとめたように、

感情の起伏が激しい子というのは、

 

 

子供が何か悪さをしたときに
感情的に叱ってしまう子育てをした結果
だということがわかると思います。

 

 

ではどうしたらこの特徴を治すことができるのか?
実は非常に簡単で、
これから子どもにする対応を変えていけばよいのです。

 

 

例えば子供が何か悪さをしても、
「いい加減にしなさい!」とカッとなって叱るのではなく、
「そういうことをするとお母さん悲しいな」と言う感じで、
冷静に伝えてあげる癖を付けるわけです。

 

 

親が冷静な対応を続けていくと、
次第に子どもの感情も冷静になってきます。
その結果多少心が乱れるような出来事が起きても、
すぐにカッとなったりしなくなるわけです。

 

 

 

職場や学校などにいる感情タイプの人との上手な付き合い方

悲しむ子供

あなたの子どもであれば、

あなたの対処法を変えていけば、
少しずつ改善してくるのですが、
問題はあなたの子どもでない時です。

 

 

例えば学校や職場に、
感情の起伏が激しい人がいたら、
あなたはどのように対応しますか?

 

 

私も元々教師をしていたので、
生徒の中に感情の起伏が激しい子がいました。
その時私はどのように対応をしていたのかと言うと、
「クールダウン時間」を置くように意識していました。

 

 

例えば生徒が急にイライラし始めたら、
そこでこちらが「落ち着きなさい」と言っても、
なかなかイライラ感情は収まりません。
この時は何を言っても無駄です。

 

 

ですので15分くらい一人にさせる時間を作るのです。
その後、心が落ち着いてきたら、「何があったの?」
と冷静に話を聞いてあげるわけです。
すると子どもたちも冷静に話ができるようになります。

 

 

もしあなたの職場に感情の起伏が激しい人がいて、
急にイライラし始めたら、一旦距離を取って、
相手が冷静になってから話をするようにしてください。
このひと手間をかけるだけでスムーズに話ができるようになります。

 

 

道山流子どもの反抗期対策マニュアル

 

ここまで読んでいただいた方法を使えば、
例えあなたのお子さんがすぐにカットなるタイプでも
冷静に対応できるようになると思います。

 

 

ただ最初にも書いたように、
そもそも感情の起伏が激しくなってしまった原因は、
親の間違った子育てにあります。実は激しい反抗期も、
同じように間違った子育てが原因です。

 

 

そこで次のページでは、
私が今までに3000人以上のお母さんたちをサポートしてきてわかった
激しい反抗期の原因と対処法をまとめたマニュアルをプレゼントします!
一度あなたの子育てが間違っていないかをチェックしてみてください。

 

 

子どもの問題行動解決マニュアル

 

動画で解説!!感情の起伏が激しい子どもへの対応策の詳細編

関連ページ

愛情不足の子供の行動
ここでは、愛情不足の子供の行動に対する対応策についてまとめました。子供への愛情が足りていないと、様々な問題が生じてきます。ではどう対応して言ったら良いのでしょうか?
子どもの自立を促す方法
ここでは子どもの自立を促す方法について解説します!正しい親の役割や自立を妨げる親の特徴、などについて詳しく説明します!
中1ギャップの解決策
ここでは中1ギャップの説明とその原因と対応策について解説しました!小1プロブレムと同じで親の対応で解決することが可能です!
友だち追加

TOP 定期テスト対策講座 不登校・反抗期対策法 問い合わせ