中学生が授業中眠くならない秘訣

どうしても授業中眠くなってしまう中学生へ

なぜ中学生は授業中眠くなるのか!?

授業中眠くならない方法のページ内容

 

ここでは、中学生や高校生が
授業中眠くならない方法を紹介します。

 

私自身、かなりの健康マニアです(笑)というのも、
以前は毎日が眠気に襲われる人生でした。
ただ、少し生活を変えただけで、驚くほど眠たくならなくなりました。

 

この秘訣を実践すれば、
中学生でも眠たくならなくなります。


睡眠不足だとどうにもならない

寝不足

例えば、毎日夜中の3時に寝ていて、

4時間睡眠しかしていないとします。
これで、授業中眠たくならない方法を教えてください!
と言われても、解決できません。

 

 

なぜなら、体に睡眠が足りていないからです。
ですので、最低限6時間は睡眠をとらない限り、
どんな方法を使っても眠たくなります。

 

 

実際、体に必要な睡眠時間というのは、
人によって異なります。ですので、
5時間で眠くない人もいれば、
8時間で眠い人もいます。

 

 

ただ、6時間以上寝れば、
ある程度は眠気を無くすことができるので、
最低限6時間以上は睡眠を取るようにしましょう。

 

【実は3時間睡眠でも眠くならない方法があります】

 

中学生にとって短時間睡眠は体によくないので、
あまり大きな声では言いたくないのですが、
実は短時間睡眠でも授業中眠くならない方法があります。
気になる方はこちらのページを読んでみてください。

 

3時間睡眠でも眠くならない方法に進む

 

眠くなる原因の80%は食事

ハンバーガー

眠たくなるという現象は、

体のエネルギーが足りていない状態です。

 

 

そして、そのエネルギーというのは、
食事・睡眠・運動の3つによって発生します。
だから、睡眠が足りない=眠たくなるわけです。

 

 

中学生の場合、部活動があるので、
運動は必ずすると思います。
ですので、このあたりも問題ないです。残すは食事です。
食事で気をつけることは次の3つです。

 

@朝食に気をつける

 

バナナ

人間の体って、

実は3つのサイクルに分かれています。

 

  • 朝の4時から昼の12時までは、排泄
  • 昼の12時から夜の20時までが消化
  • 夜の20時から朝の4時までが吸収

 

です。

 

 

このサイクルからずれると、
体は大量のエネルギーを使ってしまいます。

 

 

朝4時から12時までは排泄のステップです。
つまり、この時間帯は食事をせずに
とにかく排泄することだけが、体にあっているわけです。
つまり、ある意味朝食は体に良くないわけです。

 

 

ただ、それだと、成長盛りの中学生にとって、
栄養不足になりがちです。ですので、朝食は、
バナナとサラダと果物にしましょう。

 

 

これらの3つは、消化を必要としません。しかも、
バナナから天然のエネルギーを摂取できるので、
頭も冴えます!

 

 

また夜の20時以降の食事も体に良くないです。
次の日のエネルギー不足に繋がります。
塾などに行く場合は、20時までに食事を終えてから
行くようにしましょう。

 

A栄養のないものを食べ過ぎない

 

お菓子

お菓子やジュースなどは、

体にデメリットがあるにもかかわらず、
メリットは何もありません。

 

 

またコンビに弁当やファーストフードなども、
体に良くない食べ物です。

 

 

こういった食事ばかりしていると、
体の中に悪質な物質がたまっていって、
いつも疲れている状態(眠たい状態)
なってしまいます。

 

 

ですので、
きちんと栄養のある食事を取るようにしましょう。

 

B水をたくさん取る&食事中は取らない

 

水

最後に大切なことが水をたくさん取ることです。

体に不要物質がたまってくると、
人間の体はその不要物質を処理しようとします。

 

 

このときに大量のエネルギーを使い、
一気に眠たくなります。できれば、
この不要物質を体で処理しないほうが良いわけです。

 

 

このときに役に立つのが水です。
水を取ると常に不要物質が尿となって流れ出ます。
その結果、無駄なエネルギーを使わずに済みます。

 

 

じゃあたくさん水分を取ろうと思って、
食事中にたくさんの水分を取るのは逆効果です。
食事中は胃から消化液が出ます。
水分を取りすぎると、この消化液が薄まってしまい、
消化不良を起こします。すると一気に眠たくなります。

 

 

中学生が5時間目に眠たくなる一番の理由は、
給食を食べるときに
牛乳を飲んでしまうことが原因だったりします。笑
食事中はできるだけ水分を取らないようにしましょう。

 

残りの20%は体質

眠い

授業中眠くなる原因の80%は食事です。

ただ、残りの20%は体質です。

 

 

人間にはいつもハキハキとしているタイプと、
いつも眠そうなタイプがいます。
これは体質なので仕方のないことです。
ツボを押したから治るというものではありません。笑

 

 

で、ここからは個人の判断に任せるのですが、
体質的に眠たくなる人は、
カフェインを取ると一気に目が冴えます。

 

 

つまりコーヒーを取るわけです。
高校生はコーヒーを飲むといいかと思います。

 

 

ただ、学校でコーヒーを飲めない中学生は、
カフェインを取るサプリなどを取ればいいわけです。
1つだけ注意点として、中学、高校は成長期です。
この時期にカフェインを取りすぎると、
成長が進みにくくなる可能性もあります。

 

 

ですので、このあたりは個々の判断で、
ここぞというときのみカフェインを取るのがおすすめです。

 

実はもっと本質的な原因がある!?

 

注意

ここまで、体調面や食事の面で、

授業中眠くなってしまう理由と改善策
についてまとめてきました。

 

 

上記の部分の中の、
今出来ていないところを治していけば、
高確率で授業中眠くなることはなくなります。

 

 

ただ、一つ大事なことをお伝えしないといけません!

 

 

実は授業中眠くなる一番の理由は、
上に書いたことではないのです!
実はもっと本質的な原因があるんです。

 

 

そして、これを改善しない限り、
授業中の睡魔は一時的に改善しても、
また再発する可能性が高いのです!!

 

 

ではその本当の理由とは何なのか?
次のページで詳しくまとめました。
この部分を改善すれば、もう授業中の睡魔とはお別れです!

 

 

授業中眠くなる本当の理由に進む

 

【裏技】3時間睡眠でも眠くならない方法に進む

 

成績が上がる無料メール講座

 

動画で解説!!授業中眠くならない方法とは!?

 

学校の成績を上げる方法関連人気記事TOP3

 

成績を上げる方法一覧に戻る

関連ページ

授業中眠くなる理由
ここでは、中学生が授業中眠くなる理由について解説します。多くの中学生が、眠さを一時的に無くすための応急処置を知りたがるのですが、本当の原因を理解しない限り、睡魔は改善しません!
短時間睡眠法
ここでは中学生でも出来る短時間睡眠の方法いついてまとめました。つい1日3時間というような睡眠不足状態になりがちな学生でも、睡魔が解放される3つの方法です。
内申点の出し方
ここでは、内申点の出し方について解説します!学期松の季節になると、よく付け方がおかしい!と文句の電話を掛けてくる方がいるのですが、実は結構しっかりつけています!内申の仕組みをまとめます。
先生から気に入られる方法
ここでは、中学校の先生から気に入られる方法について紹介します!先生が嫌いと思っている中学生もいるかと思います。ただ、最初は怖いと思っていた先生を好きになることができれば、おのずと先生からも高評価をもらえます。
人気者になる方法
ここでは遊ぶ友達がいない中学生に向けて、男子女子とわず人気者になる方法についてまとめます!小学生でも高校生でも基本的な方法は同じなので、是非実践してみて下さい。
偏差値の求め方
ここでは偏差値の出し方と簡単な計算方法について紹介します!偏差値とは何か?という疑問を解決し、簡単にできる出し方をまとめました。高校受験を迎える中学3年生は必見です!
友だち追加

TOP 定期テスト対策講座 不登校・反抗期対策法 問い合わせ