上手な接し方と病院で治療すべきかどうかの判断方法

わが子がアスペルガー症候群かも!と思ったら?

あなたのお子さんは、下記の特徴に該当しませんか?

アスペルガー症候群の子供の特徴のページ内容

 

ここでは、中学生の保護者向けに、
アスペルガー症候群の子供の特徴について
解説します。

 

アスペルガー症候群には、
主に4つの特徴があります。
この特徴に当てはまっているチェックすれば、
ある程度判断ができます。

 

もしこのチェックテストに該当するなら、
一度心療内科を受診されても良いです。
逆に当てはまらなかったら、
ただ親子関係が悪いだけと判断できます。

 

またもしわが子に
アスペルガー症候群の疑いがある場合、
やるべき対応方法についてもまとめます。


アスペルガー症候群の子供チェックテスト

アスペルガー症候群のイラスト

最初にお伝えします。

私は精神科医ではありません。

 

 

ここでお話しする内容は、
私が元々公立の中学校教師として、
1000人以上の子どもたちと
向き合ってきた過程や

 

 

その後思春期の子育てアドバイザーとして、
年間3000人以上の親の
サポートをしてきた結果から
導き出した経験則になります。

 

 

これを理解したうえで、
読み進めてくださいね。

 

 

もし次の10個の質問の中で、
5つ以上に該当するなら、
アスペルガー症候群の可能性があります。

 

条件1 学校で友達を作るのが苦手
条件2 周りから嫌われていると感じている
条件3 先生や友達から「意地悪だね」と言われる
条件4 異性から「気持ち悪い」と言われたことがある
条件5 勉強や部活で何度も同じミスをする
条件6 先生から「自分で考えて行動するのが苦手」と言われる
条件7 跳び箱や縄跳びができない
条件8 何を考えているのかわからない時がある
条件9 うるさい場所に行くのが苦手
条件10 服や食事のこだわりが強い

 

もしこれらの条件のうち、
5つ以上に該当するのであれば、
アスペルガー症候群の可能性があります。

 

 

ただこれはあくまでも傾向なので、
悲観的になる必要はありません。
私自身も3,8,9,10の傾向があります。

 

 

人間であれば誰しも、
1つや2つは該当することがあります。
その程度が少し強いというだけなのです。

 

 

4つの特徴を理解して対応しよう!

物忘れが激しい子ども

アスペルガー症候群には、

主に4つの特徴があります。

 

 

人によって程度が強い特徴と
弱い特徴があるので、
なかなか判断しにくいのが現実です。

 

 

そこでまずは、
この4つの特徴の概要だけでも、
理解しておくとよいと思います。

 

特徴①社会性が低い

友達を作るのが苦手というのは、
まさにこの特徴が招いている症状です。
言い換えるなら、
人と接するのが苦手ということです。

 

 

それほど仲良くない人に対して、
なれならしく接してしまうことがあるので、
空気の読めない子どもと見られてしまいます。

特徴②言語力を養うのが苦手

アスペルガー症候群の子どもは、
言語力を養うのが苦手です。
そのため中学生になっても、
小学生が使う言葉を使うことがあります。

 

 

また冗談と本音の区別がつきにくかったり、
相手の話を聞かず一方的に話し続ける
というようなこともこの特徴に含まれます。

特徴③五感が他人よりも敏感

視覚、聴覚、触覚、臭覚、味覚、
人間はこれら5つの感覚を使って生きています。
アスペルガー症候群の子どもはこの感覚が、
他の子よりも敏感なことが多いです。

 

 

そのため、体に触られるだけで嫌な顔をしたり、
うるさい場所に行くとパニックになってしまったりします。
逆に運動の感覚と温度の感覚が鈍く、
走ることや跳び箱などが苦手な子が多いです。

特徴④想像力が乏しい

アスペルガー症候群の子どもは、
想像力が乏しいことが多いです。
何か予定が変わったとき、
そこで起きる出来事などが想像できません。

 

 

そのためパニックになってしまうことがあります。
あと学校のルールなどを守るのも苦手です。
これは自分の中で作られたルールを超えると
想像ができないからです。

 

 

これら4つの特徴が、
今の時点で言われている、
アスペルガー症候群の子どもの特徴です。

 

 

なぜ今の時点でという表現なのかというと、
アスペルガー症候群などの発達障害は、
最近定義された障害だからです。

 

 

今までは、「ちょっと変わった子」という
表現をされていただけで、
障害という定義はされていなかったのです。

 

 

今なお研究が進んでいる障害なので、
今後これらの特徴は変わる可能性があります。

 

 

学校の先生にお願いすべき2つのポイント

理解力が低い

もしお子さんがアスペルガー症候群の

可能性があるとしたら、
まず学校の先生と連携しましょう。

 

 

お子さんは、
あなたが考えているよりも、
学校での生活が窮屈です。

 

 

その結果学校を飛び出して、
家に帰ってくる可能性があります。
そうなってからでは大変なので、
予め先生に次の2つを伝えるようにして下さい。

 

①何かあったらすぐに連絡をもらう

私はもともと公立の中学校で働いていました。
だから学校側の気持ちがよくわかります。
学校側にとって一番つらいことは、
「親の理解がない」状況です。

 

 

アスペルガー症候群の子どもの場合、
授業を受けられず廊下を走り回る状態、
(授業エスケープ)になることが、
通常の子に比べて多いです。

 

 

こういったときに、親の理解がないと、
その子を職員室で預からないといけません。
教頭や教務主任などに負担がかかります。

 

 

1人2人であればなんとかなるのですが、
人数が増えてくると学校が回らなくなります。

 

 

保護者の方が理解ある方で、
こういったときにすぐに迎えに来てくれれば、
学校としては非常に助かります。

 

 

自宅で1日休み、
翌日からまた頑張るという流れが、
学校にとっても子どもにとっても、
一番良い方法だと思います。

②学校での様子を定期的に報告してもらう

もう一つは学校での様子を、
定期的に伝えてもらうということです。
月に1度10分だけでよいので電話をもらい、
その月の様子を連絡してもらいましょう。

 

 

学校になじんでいるなら問題ないのですが、
あまりなじめず辛そうな状況なら、
学校を変えたり、登校時間を減らすなどの
工夫をしていかないといけないからです。

 

 

また定期的に連絡をもらうことで、
先生と信頼関係が構築できます。
先生もトラブルがあったときに連絡しやすくなりますし、
こちらもお願いがしやすくなります。

 

 

アスペルガー症候群の子どもにとって、
学校は想像以上に窮屈な場所です。
できる限り登校しやすくなるように、
先生と連携を進めるようにしてください。

 

 

自宅で絶対にやってはいけない接し方

アスペルガー症候群の子供

お子さんがアスペルガー症候群など

発達障害の場合、
絶対にやってはいけないことがあります。
それは「過干渉に接する」ことです。

 

 

普段学校に通っている時間というのは、
想像以上にストレスが溜まっています。
それを解消するのが自宅です。
にもかかわらず、自宅でも

 

 

  • 「勉強しなさい」
  • 「ゲームをやめなさい」
  • 「早く寝なさい」

 

 

という言葉を乱発し過干渉にしてしまうと、
愛情バロメータが大きく下がります。

 

 

その結果、不登校になってしまうのです。
そうなってしまったら大変なので、
自宅ではとにかく子供の気持ちを尊重し、
過保護的に接してあげてください。

 

 

【重要】無駄に反発しない上手な子育て術

思春期の子育てメール講座

とは言っても、

過干渉って何?過保護的って?
とよくわからないかもしれません。

 

 

そこで現在私は、
思春期の子育てメール講座を通して、
思春期の子どもへの上手な向き合い方を
無料で解説しております。

 

 

こちらを読んでいただくと、
どういった対応をしていくと、
子どもとぶつかることなく上手に成長を
サポートできるかがわかると思います。

 

 

今なら不登校や引きこもりなどを解決する、
子どもの問題行動解決マニュアルも
無料でプレゼントしていますので、
良かったら参考にしてみてください。

 

 

動画で解説!!アスペルガー症候群の子供の症状の詳細編

 

子供の発達障害の記事一覧に戻る

関連ページ

発達障害の対応策(親編)
ここでは、子供の発達障害に対して親ができる対応策について解説しました!子どもが小学生、中学生でアスペルガー症候群やADHDであれば、まずこれから始めましょう。
発達障害の対応策(学校編)
ここでは、小学校や中学校の教師が発達障害の子供にすべきサポート方法についてまとめます!教師の方は一度チェックしてみてください!
発達障害の子供の勉強法
ここでは、発達障害の子供はどのように勉強したら良いのかと親の考え方について解説します!子どもが小学生でも中学生でも使える勉強法法をお伝えします!
発達障害の子供の進路選択
ここでは発達障害の高校進学について解説します!発達障害の子にとって一番ひょい進路選択の仕方とは?
ADHDの子供の特徴と診断方法
ここでは子供がADHDだと思った特にチェックすべき特徴をまとめました!薬での治療は問題ないのか?親としてどのように対応すべきかなど発達障害のお父さんお母さんが気になる点をまとめました!
LDの子どもの診断方法と接し方
ここでは子どもが学習障害(LD)かどうかの診断テストを紹介します!また、学習障害の子どもの特徴、対応方法、親からの接し方なども保護者向けに解説したので参考にしてみてください。
HSPの子供の特徴と育て方
ここでは最近増えているHSPの子どもの特徴と育て方、接し方について解説します。簡単な診断テストも紹介したので、わが子が敏感気質なら一度チェックしてみるとよいです。不登校になりやすいので注意しましょう。
友だち追加

TOP 定期テスト対策講座 不登校・反抗期対策法 問い合わせ