理科の高校受験対策を徹底解説!

高校受験【理科】を成功させたい中学生へ

理科の受験用テキスト

理科の高校入試対策のページの内容

 

ここでは、理科の受験勉強について解説します。
理科はやれば誰でも結果が出る教科です。
なぜなら覚えるところは覚えれば点数が上がり、
計算問題はやり方を覚えれば点数が上がるからです。

 

つまり、90%以上が暗記だけなので、
やれば成績が上がります。
問題はいかに効率良く暗記していくかです。

 

効率良く覚えていく上で、
ちょっとしたテクニックがありますので、
まずはこの方法を実践してみてください!


【まずは定期テストでしっかり点数を取ろう!】

 

高校入試に合格するためには、
まずは定期テストでしっかりと点数を取ることが必要です!
理科の定期テスト対策については以下のページで解説していますので、
良かったらこちらも読んでみてください。

 

理科の定期テスト対策のページ

 

【受験までの具体的な流れを理解しよう】

 

理科以外の他の教科の具体的な受験勉強法や
受験までの具体的な流れについては下記のページに
詳しくまとめてあります。一度こちらもチェックしてみてください。
5教科全て点数を上げていくことで、合格率は大きく上がります!

 

受験までの具体的な流れと勉強法

【基本は同じ】理科の受験勉強も問題集を繰り返しから!

理科

【ステップ@ 0点⇒50点】

 

 

理科の入試対策をお伝えする前に、
一つ大事なお話があります。

 

 

全く受験勉強をやっていない子が、
何の教科から勉強を始めようか悩んでいるとき、
私は理科から始めようと伝えています。

 

 

と言うのは、
理科はただ問題集を繰り返し解くだけで
簡単に成績が上がるからです。

 

 

使う問題集も、正直言って何でも良いです。
学校の問題集でも良いですし、
書店に売っている受験対策の問題集でも良いです。

 

 

重要なのは、
自分が使いやすいと感じる問題集を選ぶことです。
私自身、子どもたちに聞かれたときは、
「解説がわかりやすいもの」を選ぶように伝えています。

 

 

問題が解けなかったときに、
その理由がしっかり載っていたほうが
勉強が進みやすいからです。

 

 

あと最初は記述式の問題集よりも、
要点がまとまった一問一答タイプの問題集を
選んだ方が良いと思います。なぜなら、
時間をかけずに覚えていくのに適しているからです。

 

 

これをヒントに、
まずは自分が使っていく問題集を1冊決めて、
それを3回解いてみましょう。

 

 

【理科の問題集を解くときに意識すること】

 

@解くのではなく覚えることを意識する

理科の高校入試に出題される問題の7割ほどは、
覚えているかどうかの問題です。

 

器具の名前や植物の特徴など、
覚えているだけで点数が取れてしまいます。
問題を解くときは覚えることを意識しながら解いていきましょう。

 

 

A苦手分野は集中的に問題を解こう

問題集を解いていって、
天気の分野が全然できなかったとします。
この場合学校の問題集を出して来て、
天気の分野を集中的に解きましょう。

 

結局入試対策の問題集というのは、
浅く広くというものが多いです。
ある苦手分野がわかったら、
そこは細かい問題集を使って弱点をなくしていきましょう。

 

高校入試対策でレベルアップをするなら過去問を解こう!

勉強

【ステップA 50点⇒80点】

 

 

理科も数学と同じで、
基礎を身につけたら過去問題を解いていきます。
理科は出題の仕方が各県や各学校ごとに違いますので、
その傾向に慣れる必要があります。

 

 

この点で過去問題はとても重要です。
理科の場合、時間のかかる計算問題と、
時間のかからない問題(覚えているかどうかだけ)があります。

 

 

基本的に時間のかからない問題から
解いていかないといけません。

 

 

このテクニックも
過去問で練習しておく必要があります。

 

 

最初に植物や化石などの問題から解いていき、
最後にイオンや速度などの時間のかかる問題を
解いていく練習をしていきましょう。

 

 

問題を繰り返し解いていくことで、
その学校ごとの頻出問題の傾向もつかめてきます。
よく出る問題がわかったら、
そこを重点的に復習することもおすすめです。

 

【難問が出てきたらどうすれば良いか?】

 

@解説書を見て解き方を理解する

もし問題集についている解説を読んでも
理解できないような難問が出てきたら、
本屋さんに売っているような解説書を見て
解き方を理解していくと良いです。

 

この方法は高校生が使う勉強方法なのですが、
自分で読み解く力が付きます!

 

 

A家庭教師や理科の先生に相談をする

難問対策としてもう一つおすすめなのは
すぐに質問することです。高校入試は時間との戦いです。

 

解説書を見て自力で解くのも良いですが、
やはり時間を考えると人に聞いた方が早いです。
教えてもらえる環境があるのであれば
素直に質問してしまいましょう!

 

暗記対策と計算問題対策でさらにレベルアップ!

ノート

【ステップB 80点⇒95点】

 

 

最後にちょっとしたテクニックを紹介します。

理科はとにかく覚えることが多いです。
問題集を3回やれば、基本的には頭に入るのですが、
やはり忘れてしまうこともあります。

 

 

そうなった場合に備えて、
一度忘れていた単語などは
ルーズリーフなどにまとめておくと良いです。
これを私は「まとめノート」と呼んでいます。

 

 

テスト前にこのまとめノートを少し見直すだけで、
忘れかけていたところを思い出すことができるので、
とても効率の良い暗記対策になります。

 

 

次に計算問題対策についてですが、
この場合は暗記対策と違ってノートなどは
作らない方が良いです。

 

 

ノートを作って覚えるというわけではなく、
問題集に付箋を貼っておいて
繰り返し解いていくのがおすすめです。

 

 

公式を覚えるならまとめノートを使えば良いのですが、
計算問題というのは覚えるものではないからです。
何度も繰り返し解いて自然に覚えていくようにしましょう。

 

【まとめのノートを作る時のポイント】

 

@時間を使い過ぎない

まとめのノートを作るという作業は楽しい作業です。
一度まとめ始めると、楽しくなってしまい
つい長時間まとめてしまいます。

 

しかしこれは時間の無駄です。
目的はまとめることではなく、
苦手分野を覚えるということなので、
これを忘れないようにしましょう。

 

Aこまめに復習する

何度も言うように、
まとめノートを作ることが目的ではありません。
まとめたものを覚えることが目的です。

 

一度まとめたら満足するのではなく、
こまめに復習をして暗記していきましょう。

 

【おすすめ】英語の高校入試対策のコツ

 

英語

次のページでは、
英語の高校入試対策についてまとめます。
英語は短期間で成績が上がるものではありません。

 

 

長期的にじっくり取り組んでいかないと、
受験では失敗します!
ではどのように勉強を進めていたらいいのでしょうか?

 

 

英語の高校入試対策に進む

 

成績が上がる無料メール講座

 

動画で解説!!さらに詳しい理科の受験勉強法とは!?

友だち追加

TOP 定期テスト対策講座 不登校・反抗期対策法 問い合わせ