子供が高校受験に失敗したときにできること

我が子が高校受験に失敗してしまったお母様へ

受験失敗の言葉

高校受験に失敗したらのページの内容

 

ここでは、
我が子が頑張って受験勉強をしたのに
高校受験に失敗してしまったとき、
親としてできることをまとめます。

 

高校受験は戦いです。
受験した中学生全員が
合格すると言うことはありません。
合格する子もいれば不合格になる子もいます。

 

もしあなたのお子さんが
残念ながら不合格になってしまったら、
あなたはどんな言葉をかけてあげるでしょうか?

 

この一言で、お子さんのこれからの人生が決まる!!
と言っても過言ではないですよ!


【妹さん弟さんに同じ失敗をしないために】

 

もし今回お子さんが受験に失敗してしまったとしたら、
おそらく何か勉強の仕方やスケジュール管理に間違いがあったわけです。
弟さんや妹さんでも同じ失敗を繰り返さないために、
次のページで高校受験の正しい勉強方法を理解しておきましょう。

 

道山流マル秘高校入試対策のページ

そもそも高校受験に失敗した原因とは?

受験失敗

結果には必ず原因があります。

仮に子供が高校受験に
失敗してしまったのであれば、
まずはその原因を突き止めましょう。

 

 

これをしておかないと、
大学入試や就職試験の時に、
同じ失敗を繰り返すことになります。
基本的に考えられる原因は、

 

  • 志望校を間違えていた
  • 志望校を決めてから勉強をサボった
  • 入試当日に緊張して失敗してしまった
  • 入試当日に不要物がばれたり、校則違反をした
  • 解答用紙に名前を書き忘れた
  • 面接で上手く回答できなかった

 

のどれかです。
よく頑張って勉強したのに、
偏差値が上がらなかったのが原因と
言う方がいますが、
これは本当の原因ではありません。

 

 

なぜなら進路を決める際、
進路の最終決定をする時期の時点で、
受かるかどうかわからない志望校を受験している時点で、
志望校選びが間違えていたという原因になるからです。

 

 

まずは自分の子どもは、
何が原因で志望校に落ちてしまったのか、
これをきちんと突き止めましょう。

 

 

そして同じ過ちを繰り返さないように、
肝に銘じておきましょう。

 

 

親として最初にかけてあげる励ましの言葉とは!?

励ましの言葉

最初にお伝えしておくと、

高校受験に失敗したとき、
一番辛いのは親ではありません。
受験をした本人(子供)です。

 

 

まずはこの気持ちを、
きちんと理解してあげてください。

 

 

ただでさえ落ち込んでいる子供に対して、
「お前が勉強をしなかったからこんなことになったんだろ!」
なんて言葉は口が避けても言ってはいけません。

 

 

これを言ってしまったら、
おそらくお子さんは死ぬまで、
あなたのことを信頼することはなくなります。

 

 

ではどんなことを言ってあげれば良いのかと言うと、
とにかく励ましてあげることが大事です。
私であれば、

 

 

「結果は残念だったけどよくがんばったね。
きっとその高校は縁が無かっただけだよ。

 

 

受験に失敗したからと言って、
人生が終わるわけではないから、
次の高校で頑張っていこうな!」

 

 

という感じで励まします。
大事なことは「お子さんの頑張りを認めてあげる」
ということです。

 

 

不合格になった後考えるべき、今後の対策とは!?

受験勉強

高校受験に不合格になってしまった際、、

一番大切なお話をします。それは、
再度進路選択をやり直すことです。

 

 

仮に第一志望の
公立高校に落ちてしまった場合、
私立高校が合格しているのであれば、
どの私立にいくのか考えないといけません。

 

 

もし私立高校に落ちてしまったのであれば、
公立高校の受験校を変えるべきかどうか
考えないといけません。

 

 

まずは冷静になって、
家族会議を開いて、
再度進路選択をし直しましょう。

 

【もし全部の高校に落ちてしまったら】

 

@二次募集について考える

全ての高校に不合格だった場合、
まず最初にすべきは、
二次募集をしている高校が無いか探すことです。

 

 

おそらく何校か募集している高校があるので、
進路担当の先生と相談しながら、
どの学校を受験するか考えましょう。

 

A通信制高校か定時制高校か就職か

二次募集の高校にも
不合格になってしまったら、
最後の手段は、通信制か定時制か
就職の中から選びましょう。

 

 

この3つの選択肢を嫌がる子が多いのですが、
別にこの3つの選択肢を選んだからと言って、
人生が終わるわけではありません!
その場で頑張っていけば、大丈夫ですよ。

 

【おすすめ】高校受験課題作文の書き方

 

次のページでは課題作文の書き方について解説します。
もしあなたのお子さんが今高校受験に失敗してしまい
二次募集で勝負をするとしたら必ず課題作文が
テストで出てくると思います!

 

 

その時に確実に合格を掴む課題作文の書き方
まとめましたのでチェックしてみてください!

 

 

高校受験課題作文の書き方に進む

 

成績が上がる無料メール講座

 

動画で解説!!さらに詳しい高校受験に失敗したときの対策

 

高校受験関連人気記事TOP3

 

高校受験で失敗しない方法一覧に戻る

関連ページ

進路希望調査の書き方
ここでは、進路希望調査の書き方についてまとめます。中学3年生にとって進路希望調査は最も頭を悩ます事かと思います。特にまだ具体的な学校が決まっていない人にとっては頭を悩ます問題です。
推薦基準と内申点の関係
ここでは、高校受験の推薦基準や内申点の疑問、作文の書き方について可能な限り暴露していきます(笑)多くの中学生が、高校受験の推薦の仕組みが気になると思います。その真相とは!?
夏休み・冬休みの勉強法
ここでは、高校受験の勉強法で、夏休み、冬休み、春休みにすべきことに特化して解説します!高校入試の勉強方法って、実は時期ごとに違います!これを知っていないと、受験で失敗しますよ!
高校受験の勉強時間
ここでは、高校受験の勉強時間に関するお話をします。勉強時間が少ないと、不安になる中学生が多いです。では実際どれくらい勉強すれば志望校に合格できるのでしょうか?
高校受験でやる気が出ない悩み
ここでは、高校受験でやる気が出ない時の対策をまとめます!中学生が受験勉強でやる気が出ないと、焦ってしまうかと思います。実はこの悩み、ちょっとしたことで解決できるんです!
塾はいつから入るべき?
ここでは、高校受験のための塾にはいつから入るべきかという質問にお答えします。これは多くの中学生が悩む問題なのですが、そもそも入試で合格するためには、塾は必要なのでしょうか?私なりの答えをお伝えします!
親がサポートすべきこと
ここでは、子どもの高校受験で親がサポートすべき2つのポイントについてまとめます。高校入試というのは、子ども一人では絶対に戦えません!親のサポートがあるからこそ、子どもの実力が発揮されるのです!
行きたい高校が見つからない時は?
ここでは、行きたい高校が見つからない悩みの解決策についてまとめます!3年生になっても行きたい高校がわからないと悩むと思います。今やるべき進路選択の流れをお伝えします!
課題作文の書き方
ここでは、課題作文の書き方やテーマ、例などについて解説します!公立高校の受験勉強には必須の作文。ただ苦手な中学生が多いようです。重要なポイントをまとめました!
高校受験の面接のコツ
ここでは、高校受験の面接のコツについてまとめます。入試でよく聞かれる質問って何かわかりますか?実は必ず聞かれる質問があります!質問に上手く答える方法も紹介しますので、参考にしてみて下さい。
面接の質問例・回答例
ここでは、高校入試の面接の質問例と模範回答をまとめます!よく聞かれる自己PR・長所・短所・特技の4つについて特に詳しく紹介しますので、参考にしてみてください!
入試前日の過ごし方
ここでは、高校受験で入試前日の過ごし方に関する豆知識について紹介します。入試前日は中学3年間の中でも最もドキドキする時間かと思います。。あることをするだけで、点数アップにつながるコツを紹介します。
受験当日にすべきこと
ここでは、高校受験当日にすることで点数アップするポイントを紹介します。当日朝起きてから、行うべき行動、会場に行くまでに注意すべきこと、試験中に絶対にやってはいけないことなどをまとめました。
高校入学願書の書き方
ここでは高校の入学願書の書き方について解説します!返信用封筒や住所、電話番号、日付など入学願書を書く際に注意すべき点がいろいろあるので、大事なポイントをまとめました。
受験当日にすべきこと
ここではお子さんやお孫さんの高校受験が上手くいったときの合格祝いについて解説します。合格祝いの相場ってどれくらいかご存知でしょうか?またお金よりも時計などのもののほうが良いのでしょうか?詳しくまとめました。
友だち追加

TOP 定期テスト対策講座 不登校・反抗期対策法 問い合わせ