中2理科の勉強法について

中2の理科で躓いてしまった中学生へ

中2理科のテキスト

中2理科の勉強法についてのページの内容

 

ここでは、
中2理科の勉強方法について解説します。

 

中2の理科は、物理分野では磁界、
化学分野では化学反応式、
生物分野では動物、地学分野では天気が難しいです。

 

ただ、それぞれちょっとしたポイントがあって、
これを知っているだけで、かなりスムーズに
点数を取ることができます。
そのポイントとは!?


【理科が嫌い!という中学2年生へ】

 

もしあなたが理科のことが大っ嫌い!と思っているのであれば、
もしかしたら根本的な勉強方法が、間違っている可能性があります!
下記のページで基本的な勉強方法を解説していますので、
一度こちらのページも読んでみてください。

 

理科の勉強方法の基礎はこちら

物理分野は磁界で躓かないように!

磁石

物理分野は電気の性質から始まり、

電磁誘導、そして磁界へと続きます。
中学生が最も苦手とするのが磁界で、
頭がパニックになるこが多いです。

 

 

ではどうしたら磁界を乗り切れるのかと言うと、
右ねじの法則と、フレミング左手の法則の使い方
きちんとマスターすることです。

 

 

名前だけ覚えていて、使い方がわかっていない子が多いので、
きちんと問題を解いて使い方をマスターすることが大切です。
この2つの法則さえきちんと覚えていれば、
ある程度発展問題なども解けるかと思います。

 

 

化学は化学反応式を丸暗記しよう

化学

化学の分野で大きな山場

となるのが化学反応式です。
ですが、実際はそれほど難しくなく、
20パターンほど覚えているかどうかが全て
です。

 

 

というのは、高校に行くと
自分で化学反応式を作れないといけないのですが、
中学生の段階では、必要な化学反応式は、
せいぜい20個くらいです。

 

 

ですので、全て覚えてしまったほうが、
点数も簡単に取れますし、時間の短縮にもなります。
全て丸暗記してしまいましょう。

【良く出題される化学反応式】

 

炭酸水素ナトリウムの熱分解

2NaHCO3→Na2CO3+H2O+CO2

 

酸化銀の熱分解

2Ag2O→4Ag+O2

 

水野電気分解

2H2O→2H2+O2

 

生物は動物の分類と体のつくりが大切

動物

生物は人間の体のつくりと、

動物の分類の2種類に分かれます。
中1の植物から、一気に動物になるので、
それに混乱してしまわないように注意しましょう。

 

 

ポイントはきちんと図で覚えていくことです。
こういった覚えるだけの部分は、
つい単語と文章で覚えてしまいがちですが、
それだとなかなか覚えることはできません。

 

 

頭の中にどういった場所なのか、どういった動物なのか
というのがイメージできるように、
きちんと図を頭に入れて覚えていきましょう。

 

 

地学は天気図に気をつけよう

天気

中2の地学は天気が中心です。

一番躓きやすいのは、湿度の部分で
このあたりでみんな理科が嫌いになります(笑)

 

 

計算問題は数学と同じで
ひたすら解くしかありません。ただ、
本当に理解できなければ湿度だけは捨てて、

 

 

その他の天気図や気団などの
覚えるだけで点が取れる範囲で
点数を稼ぐというのも一つの方法です。

 

 

理科で大切な考え方は、
1問の重みはどの問題も同じと言うことです。
つまり、天気図の問題も1点、湿度の問題も1点です。
なので、自分の得意なほうで点を取っていくという発想も
大切なわけです。

 

【90点以上を狙うならきちんとやるべき部分】

 

①飽和水蒸気量と気温の関係

飽和水蒸気量、湿度、気温の関係は、
多くの中学生が逃げてしまう場所です。
ここを解くポイントは、室内の水蒸気の量をきちんと図で表すこと。
これが出来るとイメージで問題が解けてしまいます。

 

②大気圧の問題

大気圧の部分も多くの中学生が逃げてしまう分野です。
ここのポイントは、表面積を常に1㎡に換算できるかです。
仮に2㎡なら2で割って、1㎡換算して求めるという仕組みさえ
理解できれば、簡単に解けるようになります!

 


次のページでは、中2英語の勉強方法を紹介します。

中1の英語と比べて、
長文読解のレベルが急に上がるのが中2英語です。
長文読解のコツなども解説します!

 

 

中2英語の勉強方法に進む

 

成績が上がる無料メール講座

 

動画で解説!!さらに詳しい中2理科の勉強法

 

中2の勉強法人気記事TOP3

中2理科の勉強法←このページ!

 

学年別理科の勉強法と理科の受験対策について

理科の定期テストの勉強法の基本

シンプルなのにすぐに結果が出る!!理科の定期テスト対策とは!?

 

中1理科の勉強方法

花の作り・水溶液・密度・火山・石の勉強のコツを解説!

 

中3理科の勉強方法

仕事・イオン・電気分解・遺伝の勉強のコツを解説!

 

理科の高校受験勉強方法

【必見】定期テストの勉強と高校受験の勉強は180度違うので注意しましょう!

 

 

中1・中2・中3別勉強法一覧に戻る

関連ページ

中1と中2の内容を復習する方法
ここでは、中1や中2で勉強をサボってしまった中学生に向けて、中1と中2の勉強を復習する方法をまとめます。中3になってから、サボったことを後悔する中学生が非常に多いです。でも、きちんと復習すれば取り戻せます!
中1国語の勉強法
ここでは中1国語の勉強法についてまとめます。漢字や文法、部首、対義語、類義語など中間テストで良く出題されるポイントや、1年生が躓きやすいことわざ、慣用句なども解説します。
中1社会の勉強法
ここでは中1社会の勉強法について紹介します。1年生の社会は地理と歴史が半分ずつです。地理はグラフを使った問題、歴史は年代が苦手な傾向があります。また中間テストよりも期末テストの方が範囲が広がります。
中1数学の勉強法
ここでは、中1の数学の勉強法で意識すべきポイントを私なりにまとめました。中1の数学でたいせつな文字式や方程式、図形や代入の仕方など、どこを意識すればいいかをまとめます!
中1理科の勉強法
ここでは中1理科の勉強法について解説します。1年生の理科のポイントは、密度や気体、水溶液などの小学校では出てこなかった複雑な計算問題が出てきます。ここで躓かないようにしましょう。
中1英語の勉強法
ここでは、中1英語の勉強法についてまとめます。英語は小学校では学ばない教科です。最初は単語とアルファベットだけなので簡単ですが、徐々に長文問題や文法が出てくるので、みんな混乱してきます。
中2国語の勉強法
ここでは、中学2年生の国語の勉強方法についてまとめます!中2の国語でよく出題されるのは、文法や漢字、品詞などです。では勉強する上でのポイントは?
中2社会の勉強法
ここでは、中2社会の勉強法について解説します。地理は日本の地域ごとの特徴、歴史は江戸時代から第2位次世界大戦までがよく出題される範囲です。漏れのないように覚えていきましょう。
中2数学の勉強法
ここでは中2数学の勉強法についてまとめます!多くの中学生が躓きやすいポイントは、一次関数、連立方程式、図形の3つです。ではどうしたらいいのでしょうか?
中2英語の勉強法
ここでは、中2英語の勉強法について解説します!中学2年生にとって、英語は苦手教科の一つです。その中でも特に長文読解と文法問題について解説します!
中3国語の勉強法
ここでは、中学3年生の国語の勉強法について説明します。中学3年生にもなると小説も長くなり、読み取りも難しくなります。短時間で終えるコツをまとめました。
中3社会の勉強法
ここでは中3社会の勉強方法についてまとめます。中3の社会は、主に公民分野が中心です。その中でも日本の経済の仕組みと日本国憲法が中心になります。それぞれポイントをまとめました。
中3数学の勉強法
ここでは中3数学の勉強方法についてまとめます。2次方程式や因数分解など中学生が苦手とする範囲が多い中3の数学。効率よく点数を取る方法を紹介します。
中3理科の勉強法
ここでは中3理科の勉強方法をまとめます。イオンや遺伝、物理の仕事など、中学生にとって頭を混乱させる分野が多い中三の理科。楽に頭に入れるコツは!?
中3英語の勉強法
ここでは中3英語の勉強方法について解説していきます。中学三年生の英語で大事なのは、現在完了、関係代名詞、長文の三つです。長文が特に、一年生二年生に比べて大幅にレベルが上がります。
友だち追加

TOP 定期テスト対策講座 不登校・反抗期対策法 問い合わせ