中1の社会の勉強法について

中1の社会の勉強で躓いてしまった中学生へ

中1社会のテキスト

中1社会の勉強法のページの内容

 

ここでは中1社会の勉強方法を紹介します。

 

中1社会で出題される問題は、
地理と歴史の2パターンです。
地理は覚える部分が比較的少ないので、
勉強が苦手な子でもある程度点数が取れます。

 

ただ歴史は、歴史が好きかどうかで
点数が大きく分かれてしまいます。
また期末テストは範囲が広い傾向があるので、
平均点も下がってしまうのが特徴です。


【社会の基本的な勉強法を学びたい方へ】

 

このページでは中学1年生向けに
社会の勉強法をまとめているのですが、
中学生の基本的な社会の勉強法については
下記のページにまとめてあります!

 

中学社会の基本的な勉強法はこちら

地理のポイントは世界を好きになれるかどうか?

イギリス

地理で最初に習うのは世界の国々についてです。

人間って本当に面白いことに、興味があるかないかで、
記憶できるペースが全く違います。

 

 

つまりこの分野は
海外旅行が好きかどうかで点数が全く違います。

 

 

もしこのサイトを中学生の子どもを持つ
お父さんお母さんが読んでいるならば、
必ず1度は海外旅行に連れて行って欲しいです。
それだけで、子どもの記憶力ってかなり上がるからです!

 

 

この分野のポイントは、楽しみながら学ぶことです。
世界ってこんなに広いんだ!!!日本とは全然違うんだ!!!
こういった興味を持てるかどうかが勝負のカギ
楽しみながら勉強できれば、成績は簡単に上がります。

 

【地理の応用問題はグラフに注目】

 

教科書と問題集をチェック

地理の応用問題は、
グラフが絡んだものが多いです。
教科書や問題集の中にあるグラフを
きちんと頭に入れておきましょう。

 

95点を狙う場合は他の問題集をチェック

地理の応用問題は、
95点以上を狙いたい場合は、
他の問題集を1冊書店で購入して、
そこに載っているグラフが絡んだ問題を
全て解いておきましょう!

 

社会の歴史は漫画を読めばできるようになる?

江戸時代

中1の歴史で学ぶ範囲は

旧石器時代から江戸時代までです。

 

 

私自身中学生のときは歴史に全く興味がなかったので、
このあたりはとにかく闇雲に丸暗記をしていました。
ワークに赤いペンで答えを書いて
それをひたすら覚える。これの繰り返しで覚えました。

 

 

きちんと覚えていると、正直90点は楽勝に取れます。
社会って本当に覚えるだけというのが良くわかります。
ただ、今この分野を勉強するのであれば、
全く違った勉強法を行います。それは何かというと・・・

 

 

歴史の漫画を読みます!!!

 

 

歴史はとにかく興味を持てるかどうかが全てです。
私自身最近ようやく歴史に興味が出てきて、
大河ドラマなどを見るようになりました。
それから一気に歴史を覚えられるようになったのです。

 

 

もしこれを中学生のときにしていたら・・・
おそらく勉強なんてほとんどしなくても、点数が取れたと思います。
ですので、もし歴史が楽しくないと感じているなら、
まずは歴史漫画を借りて読んでみましょう。

 

 

多くの子が知らない!!定期テストと入試問題の違いとは!?

 

ポイント

再三言っていることですが、

入試問題と提起テストの問題は全く異なります。
この傾向は社会ではかなり強いです。

 

 

社会の定期テスト(期末テストと中間テスト)では、
ただ単語を覚えておけば、
80点くらいは楽に取れます。

 

 

ただ、入試問題の場合それだけでは無理です。
入試問題は文章を読み解く力と年代を知っているかどうか
これが全てになります。逆に単語力は必要ありません。

 

 

私が歴史漫画を読め!と言っている意味はここにあって、
中1の段階から歴史の流れを頭に入れておけば、
中3になってから入試問題でも苦労せずに解けます!

 

 

これは非常にメリットがある勉強なので、
騙されていないと思って歴史漫画を読みましょう!

 

【社会のテスト勉強のプラン】

 

①テスト前以外は漫画や動画

社会の勉強は、まずテスト前ではないときに、
歴史の漫画を読んだり、海外旅行に行ったりします。
海外旅行はさすがに厳しければ、テレビやyoutubeなどで
海外の様子を見るのも効果があります。

 

②テスト前はひたすらワーク

漫画やテレビなどは、80点から100点を目指すときに必要なステップです。
80点までは、漫画を読んだり海外に興味がなくても
単純な勉強の繰り返しで点数が取れます。
テスト前はひたすらワークを繰り返して、
要点を暗記していきましょう。

 

中1数学の勉強法

 

次のページでは、
中1数学の勉強方について解説します。
中1の数学は、小学校の算数から一気にレベルが上がるので
躓く中学生が多いです。
文字式や方程式などを勉強するときのポイントを解説します。

 

 

中1数学の勉強方法に進む

 

成績が上がる無料メール講座

 

動画で解説!!さらに詳しい中1社会の勉強法

 

中1の勉強法人気記事TOP3

 

学年別社会の勉強法と社会の受験対策について

社会の定期テストの勉強法の基本

地理・歴史・公民、、、実は定期テストの勉強法は全て同じです!

 

中2社会の勉強方法

日本の特徴(地理)・江戸時代から現代まで(歴史)の勉強のコツを解説!

 

中3社会の勉強方法

日本国憲法・三権分立・経済(公民)の勉強のコツを解説!

 

社会の高校受験勉強方法

【必見】定期テストの勉強と高校受験の勉強は180度違うので注意しましょう!

 

中1・中2・中3別勉強法一覧に戻る

関連ページ

中1と中2の内容を復習する方法
ここでは、中1や中2で勉強をサボってしまった中学生に向けて、中1と中2の勉強を復習する方法をまとめます。中3になってから、サボったことを後悔する中学生が非常に多いです。でも、きちんと復習すれば取り戻せます!
中1国語の勉強法
ここでは中1国語の勉強法についてまとめます。漢字や文法、部首、対義語、類義語など中間テストで良く出題されるポイントや、1年生が躓きやすいことわざ、慣用句なども解説します。
中1数学の勉強法
ここでは、中1の数学の勉強法で意識すべきポイントを私なりにまとめました。中1の数学でたいせつな文字式や方程式、図形や代入の仕方など、どこを意識すればいいかをまとめます!
中1理科の勉強法
ここでは中1理科の勉強法について解説します。1年生の理科のポイントは、密度や気体、水溶液などの小学校では出てこなかった複雑な計算問題が出てきます。ここで躓かないようにしましょう。
中1英語の勉強法
ここでは、中1英語の勉強法についてまとめます。英語は小学校では学ばない教科です。最初は単語とアルファベットだけなので簡単ですが、徐々に長文問題や文法が出てくるので、みんな混乱してきます。
中2国語の勉強法
ここでは、中学2年生の国語の勉強方法についてまとめます!中2の国語でよく出題されるのは、文法や漢字、品詞などです。では勉強する上でのポイントは?
中2社会の勉強法
ここでは、中2社会の勉強法について解説します。地理は日本の地域ごとの特徴、歴史は江戸時代から第2位次世界大戦までがよく出題される範囲です。漏れのないように覚えていきましょう。
中2数学の勉強法
ここでは中2数学の勉強法についてまとめます!多くの中学生が躓きやすいポイントは、一次関数、連立方程式、図形の3つです。ではどうしたらいいのでしょうか?
中2理科の勉強法
ここでは、中2理科の勉強方法について解説します。中2の理科は、物理が難しいです。そのため、生物分野の動物と地学分野の天気で点数と落とさないようにしましょう。
中2英語の勉強法
ここでは、中2英語の勉強法について解説します!中学2年生にとって、英語は苦手教科の一つです。その中でも特に長文読解と文法問題について解説します!
中3国語の勉強法
ここでは、中学3年生の国語の勉強法について説明します。中学3年生にもなると小説も長くなり、読み取りも難しくなります。短時間で終えるコツをまとめました。
中3社会の勉強法
ここでは中3社会の勉強方法についてまとめます。中3の社会は、主に公民分野が中心です。その中でも日本の経済の仕組みと日本国憲法が中心になります。それぞれポイントをまとめました。
中3数学の勉強法
ここでは中3数学の勉強方法についてまとめます。2次方程式や因数分解など中学生が苦手とする範囲が多い中3の数学。効率よく点数を取る方法を紹介します。
中3理科の勉強法
ここでは中3理科の勉強方法をまとめます。イオンや遺伝、物理の仕事など、中学生にとって頭を混乱させる分野が多い中三の理科。楽に頭に入れるコツは!?
中3英語の勉強法
ここでは中3英語の勉強方法について解説していきます。中学三年生の英語で大事なのは、現在完了、関係代名詞、長文の三つです。長文が特に、一年生二年生に比べて大幅にレベルが上がります。
友だち追加

TOP 定期テスト対策講座 不登校・反抗期対策法 問い合わせ