高校受験を成功させる進路希望調査の書き方

進路希望調査の書き方がわからない方へ

進路希望調査

進路希望調査の書き方のページの内容

 

ここでは、進路希望調査の書き方について
まとめます。

 

中学生にとって、自分の進路が決まるかもしれない
進路希望調査は頭を悩ます問題です。
また、今まで以上に先生の真剣さも違うと思うので、
動揺してしまう人もいるかもしれません。

 

でも、ここは真剣にならないといけないです。
なぜなら、自分の人生が決まるからです。

 

できれば子どもだけではなく
親子で相談して進路希望調査を書いていくと、
後々もめなくて済むと思います。


【高校受験に合格するための基本ステップ】

 

あなたが現在中学3年生orその保護者であるならば、
必ず読んでおいてほしいページがあります。
それは高校受験の勉強方法とスケジュール管理について
解説したページです!受験を成功さえる上で一番大事なお話です!

 

高校受験の勉強方法とスケジュール管理について

高校卒業後に大学に進学するか、就職するか?

高校

高校受験を成功させる上で、

非常に重要になる進路希望調査。
ただ多くの子が間違えて書いてしまっています。

 

 

進路希望調査を記入する際、まず最初に考えるのは、
高校を卒業したらすぐに働きたいか
それとも大学に行きたいかです。

 

 

高校卒業後の進路を決めてから、
自分が行きたい学科を決めるようにしましょう。

 

 

なぜこれを決めておかなければならないのかと言うと、
高校に行ってから夢が変わってしまうと、
その夢を達成するのにかなり遠回りをしないといけなくなります。

 

 

逆に高校の選択がうまくいくと、
自分の人生が本当にスムーズに進みます。

 

 

自分の人生がよりスムーズになるように、
あらかじめ高校卒業後にどういった道にすすむのかを決め、
進路希望調査を書いていきましょう。

 

 

もし大学に行きたいのであれば、普通科を選びましょう。
すぐに働きたいのであれば、工業科か商業科を選びます。

 

 

機械と接することが好きなら工業、
事務の仕事が好きなら商業へ進学するのがおすすめです。

 

 

保護者の意見とぶつかる前に!就職したい時は?

仕事

また、高校すら行かずに

すぐに働きたいという人もいるかもしれません。
実は子どもの意見と保護者の意見が最もぶつかるのが、
子どもが就職したいと思っている時です。

 

 

親としてはできるだけ進学してほしいと思っているので、
子どもが「中学卒業後に働きたい」と言うと
必ず揉めます!

 

 

ではこういった時はどうしたら良いのか?
私自身としては、就職に関しても否定はしません。
ただ私はすぐに働きたくても
一度高校へ行った方が良いと思っています。

 

 

というのは、就職はいつでもできるのですが、
高校はこの時期しか行けません。
一生に一度しか進むことができない道なので、
体験しておいて損はないです。

 

 

ただ、板前や左官職人など
中学卒業と同時に修行に行った方がいい職業もあります。
どうしてもそういった職業に就きたいのであれば、
その道に行った方が良いです。

 

 

もちろん最後は保護者の意見ではなく、
子どもの意見を尊重してほしいのですが、
できるだけ高校には進学した方が良いのかなと私は思います。

 

 

【就職する上でのポイント】

 

①自伝やブログをたくさん読む

仮に将棋の棋士になる場合、
羽生名人のブログや自伝などをたくさん読みましょう。

 

自伝やブログを読むと、その人がどんな人生を歩んだかがわかります。
人生の先輩が、高校に行ってからその道に進んでいるのであれば、
それを真似した方が夢を達成するための近道になります。

 

②早い段階から行動しよう

中卒で就職する人はあまり多くありません。
つまり自分は他の友達とは違った進路を歩むことになります。

 

これは自分で行動していかないといけないということです。
みんなが受験勉強をしている間に、もっとも行きたい就職先などを、
ハローワークや知り合いに相談するなどしてきちんと探して。おきましょう。

 

中学生が一番意識すべきなのは部活動!

部活

行きたい学科が決まったら、

次に考えるのは部活動の熱意です。

 

 

将来どうしてもサッカー選手になりたいのであれば、
自分の選んだ学科で、最もサッカーが強い学校を
選ばないといけません。

 

 

なぜなら、多くのスポーツ選手が、
高校で注目を浴びたことがきっかけで、
プロスポーツ選手になっているからです!

 

 

ただ、部活がそれほど重要なければ、
自宅からの距離と偏差値で考えれば良いです。
スポーツ選手系はどの高校に行くかで、
人生がかなり決まってしまいますので部活は慎重に選びましょう。

 

 

高校の偏差値はあまり重要視しないようにしよう

勉強

ポイント1とポイント2を意識しながら

学校を絞っていくと、
自分が行きたいと思える学校って
そんなに多くないかと思います。

 

 

どんなに選択肢が広い子でも、
多くて5つくらいかと思います。

 

 

これくらいまで絞ることができたら、最後に、
偏差値と自宅からの距離を意識しましょう。
この2つを意識しながら、優先順位の高いところから順に、
進路希望調査に書いていけば良いかと思います。

 

 

多くの子が最初から自分の偏差値を元に、
高校を選んでしまうのですが、
偏差値と言うのはこれから変わっていくものです。
最後に決める形で大丈夫です。

 

 

ではいつ頃から偏差値を意識すべきかと言うと、
目安は9月頃です。それまでは、自分の現在の成績は○○だから、
○○以下の学校にしようという意識は入りません。
現在オール3の子でも、オール5の学校を書いてOKです。

 

 

ただ、9月ごろになったら、
ある程度成績が決まってきていると思います。
ここから大きく頑張っても、大きくサボっても
それほど成績は変わりません。

 

 

ですので、自分の学力を見て、
実現可能なレベルの学校に変えていきましょう。

 

 

【進路希望調査の作り方応用編】

 

①用紙は学校から配布されたものを使おう!

まだ3年生になっていない子だと「用紙ってどうしたら良いの?」
「道山先生!進路希望調査のひな型を下さい」と考える子が多いです。
ただ用紙というのは学校から配布されるので大丈夫です。
書き方も学校の授業で教えてもらえるので安心してください。

 

②高校に進学したい理由は?

学校によっては進路希望調査に「この高校を選んだ理由」
を書かないといけないことがあります。この場合は、
部活動・自宅からの距離・校風のどれかから選んで書けばよいです。
面接のときと違って今の時点ではそれほど細かく考えなくて大丈夫です!

 

【おすすめ】高校受験の推薦基準とは?

推薦合格

次のページでは、

推薦基準について解説します。
進路希望調査を書いた後に考えるべきことは、
いかにスムーズに合格するかです。

 

 

より簡単に合格したい子は、
推薦入試で受験するのがおすすめです。
もし推薦をもらえれば受験が
かなり楽になる
からです。

 

 

ただ推薦って全員がもらえるわけではありません。
ある基準を満たした子だけが、
推薦をもらうことができるわけです。
この基準について解説しました。

 

 

高校受験の推薦基準のページに進む

 

【必読】進路選択で失敗しない方法

 

道山ケイの成績アップメール講座

ここまでお話しした方法で、

進路希望調査を書いていただければ、
きちんと書くことができると思います。

 

 

ただいくら書き方がわかっても、
進路選択そのものを間違えてしまったら、
100%受験は失敗します。
そうなってからでは遅いですよね?

 

 

ではどうしたら進路選択で失敗しなくなるのか?

 

 

実は私が現在配信している
7日間で成績UP無料メール講座の
受講特典として配っているマニュアルの第3章

 

 

「志望校選びで絶対にやってはいけない方法」
というものを解説しています。
こちらが参考になると思うので、
良かったら読んでみてください。

 

 

同時に配信しているメール講座では、
定期テストで成績を上げる方法を解説していますので、
こちらもきっと役に立つかと思いますよ。

 

成績が上がる無料メール講座

 

動画で解説!!さらに詳しい進路希望調査の書き方とは!?

 

高校受験関連人気記事TOP3

 

高校受験で失敗しない方法一覧に戻る

関連ページ

推薦基準と内申点の関係
ここでは、高校受験の推薦基準や内申点の疑問、作文の書き方について可能な限り暴露していきます(笑)多くの中学生が、高校受験の推薦の仕組みが気になると思います。その真相とは!?
夏休み・冬休みの勉強法
ここでは、高校受験の勉強法で、夏休み、冬休み、春休みにすべきことに特化して解説します!高校入試の勉強方法って、実は時期ごとに違います!これを知っていないと、受験で失敗しますよ!
高校受験の勉強時間
ここでは、高校受験の勉強時間に関するお話をします。勉強時間が少ないと、不安になる中学生が多いです。では実際どれくらい勉強すれば志望校に合格できるのでしょうか?
高校受験でやる気が出ない悩み
ここでは、高校受験でやる気が出ない時の対策をまとめます!中学生が受験勉強でやる気が出ないと、焦ってしまうかと思います。実はこの悩み、ちょっとしたことで解決できるんです!
塾はいつから入るべき?
ここでは、高校受験のための塾にはいつから入るべきかという質問にお答えします。これは多くの中学生が悩む問題なのですが、そもそも入試で合格するためには、塾は必要なのでしょうか?私なりの答えをお伝えします!
親がサポートすべきこと
ここでは、子どもの高校受験で親がサポートすべき2つのポイントについてまとめます。高校入試というのは、子ども一人では絶対に戦えません!親のサポートがあるからこそ、子どもの実力が発揮されるのです!
行きたい高校が見つからない時は?
ここでは、行きたい高校が見つからない悩みの解決策についてまとめます!3年生になっても行きたい高校がわからないと悩むと思います。今やるべき進路選択の流れをお伝えします!
高校受験に失敗したときは?
もし子供が高校受験に失敗したとしても、親が落ち込んでいてはいけません!つらいときこそ、子供を励ましてあげることが大事です!ではそのときにかける言葉とは?
課題作文の書き方
ここでは、課題作文の書き方やテーマ、例などについて解説します!公立高校の受験勉強には必須の作文。ただ苦手な中学生が多いようです。重要なポイントをまとめました!
高校受験の面接のコツ
ここでは、高校受験の面接のコツについてまとめます。入試でよく聞かれる質問って何かわかりますか?実は必ず聞かれる質問があります!質問に上手く答える方法も紹介しますので、参考にしてみて下さい。
面接の質問例・回答例
ここでは、高校入試の面接の質問例と模範回答をまとめます!よく聞かれる自己PR・長所・短所・特技の4つについて特に詳しく紹介しますので、参考にしてみてください!
入試前日の過ごし方
ここでは、高校受験で入試前日の過ごし方に関する豆知識について紹介します。入試前日は中学3年間の中でも最もドキドキする時間かと思います。。あることをするだけで、点数アップにつながるコツを紹介します。
受験当日にすべきこと
ここでは、高校受験当日にすることで点数アップするポイントを紹介します。当日朝起きてから、行うべき行動、会場に行くまでに注意すべきこと、試験中に絶対にやってはいけないことなどをまとめました。
高校入学願書の書き方
ここでは高校の入学願書の書き方について解説します!返信用封筒や住所、電話番号、日付など入学願書を書く際に注意すべき点がいろいろあるので、大事なポイントをまとめました。
受験当日にすべきこと
ここではお子さんやお孫さんの高校受験が上手くいったときの合格祝いについて解説します。合格祝いの相場ってどれくらいかご存知でしょうか?またお金よりも時計などのもののほうが良いのでしょうか?詳しくまとめました。
友だち追加

TOP 定期テスト対策講座 不登校・反抗期対策法 問い合わせ