国語の入試対策についてまとめました。

高校受験【国語】を成功させたい中学生へ

国語の受験用テキスト

国語の高校入試対策のページの内容

 

ここでは、
高校入試の国語に関する勉強方法を解説します。

 

定期テストの国語の勉強方法と言うと、
プリントの暗記と音読が基本でした。
ただ、それはテストに出る範囲が
決まっているからこそできるものです。

 

高校入試は範囲が決まっていないので、
同じ勉強方法を行っても成績は上がらないので
注意しましょう!


【国語の評定を上げたい方へ】

 

高校入試に合格するために内申点を上げる!
というのが大事になります。内申点を上げる上で、
一番大事なのが学期ごとに行われる定期テストです。
この定期テストの勉強法については以下のページで解説しています!

 

中学生の国語の勉強方法のページ

 

【高校受験の勉強法基礎はこちら】

 

もしあなたが今中学3年生だとしたら、
必ず以下のページも読んでおいてください。
以下のページでは高校受験の勉強に取り組んでいく上で、
最も大事なスケジュール管理など紹介しています!

 

高校受験の勉強法の基礎

国語の高校入試対策の基本は過去問を解くこと!

勉強

【ステップ@ 0点⇒30点】

 

 

基本的に同じ文章が出ない国語の受験勉強において、

何を勉強したらいいのかわからない生徒が
非常に多いです。

 

 

でも安心してください!
国語でも成績を上げることは可能です。

どうしたらいいのかというと、
とにかく過去問を解きます。

 

 

過去問を解いても、同じ問題でないんでしょ?
と聞かれそうですが、そんなことは関係ありません。
過去問を解くことで、

 

 

  • 問題形式に慣れる
  • 時間配分が体に染み付く
  • 文章を読んで答える力が身に付く

 

 

という3つのメリットがあります。
どういったパターンの問題が出るのか
わからない状態で問題を解くのと、
形式を知っている状態で問題を解くのでは、
正答率は全然違います。

 

 

また、時間が足りなくなって
最後まで解けなかったと言うこともなくなります。
これは絶対にやってください。

 

 

【過去問を解くときに注意する2つのポイント】

 

@本文の接続詞にマークをつけよう

これは「しかし」「つまり」などの接続詞の後には、
筆者が伝えたいことが書いてある可能性が高いからです。
あらかじめ本文を読むときにチェックしておくことで、
後で問題を解くときにスムーズにいきます。

 

 

A選択肢の問題は間違いを消しながら解いていこう

選択肢の問題は、全てあっているように感じます。
この中から正しいものを選ぶために、
読んでいて一つでも間違いを見つけたら、
すぐにチェックをしましょう。
最後にチェックがないものが消去法で正解になるわけです。

 

高校入試対策問題集で漢字・文法・古典のマスターしよう!

国語

【ステップA 30点⇒60点】

 

 

次にやって欲しいのは、何でも良いので
高校入試向けの対策問題集を買います。
その中で、

 

 

  • よく出題される漢字
  • よく出題される文法
  • よく出題される古文の単語

 

 

を重点的に覚えていきます。
配点自体それほど大きくないので、
大きな点数アップには繋がらないのですが、
確実に点数を上げられる勉強法です。

 

 

漢字と古文の単語はそのまま覚える、
文法に関してはわからないところは先生に聞くなどして、
きちんと理解していくことが大切です。

 

 

この辺りの勉強は、比較的忘れにくい部分なので、
中3の春から夏休み頃にやっておくと良いです。
また余裕がある子は2年生に始めても良い勉強です。

 

 

【漢字・文法・古典を覚えるちょっとしたコツ】

 

@漢字は単語カードを使おう

漢字を覚えるときは、
多少手間がかかっても単語カードを使うと良いです!
読み⇒書き、書き⇒読みの双方を覚えられるので、
勉強効率が大きくアップしますよ!

 

 

A文法は、問題集を繰り返すのみ!

文法は難しいことを考えないで、
ひたすら問題集を解くのがおすすめです。
わからない部分を先生の教えてもらった後は、
何度もその問題を解いて頭に叩き込みましょう!

 

 

B古典はゴロで単語を覚える!

古典の場合はゴロを使って単語を覚えると、
非常にスムーズに覚えることができるようになります。
単語を覚えた後はひたすら問題を解いていって、
解き方をマスターするのがポイントです。

 

最後に長文読解力を鍛えると国語力が一気に上がる!

国語

【ステップB 60点⇒90点】

 

 

結局国語の入試問題の中で
最も配点が高いのは、長文読解問題です。

 

 

昔から本を読むのが好きな子どもは、
既に長文読解力が付いています。
だから勉強しなくても国語で高得点が取れます。

 

 

でも多くの子が本を読んでいないと思います。
そういった子が短期間で読解力を上げるためには、
ひたすら長文読解問題を解くしかありません。。

 

 

最初はスムーズに解けないかもしれないのですが、
やっていくうちにできるようになってきます。
まずは何でもいいので1冊問題集を買ってきて、
長文読解問題を解いてみてください。

 

 

【長文読解力をつける2つのポイント】

 

@長文読解問題はすぐに点数アップするものではない

長文読解は、数回問題を解けば点数が上がるというものではありません。
最低でも20回ぐらい長文の問題を解かないと、点数は伸びてきません。
ゆっくり時間をかけて長期的に対策していく必要があります。
ただしきちんと勉強すれば確実に上がる部分です!

 

A自分の感覚で解くのではなく根拠を探そう!

国語の長文読解問題と言うのは、ひっかけ問題の連続です。
「あっ!たぶんこれだ!」と言う感覚で答えてしまうとおそらく間違えます。
きちんと間違っている理由をつぶしていきながら消去法で、
正解を探していくと正答率が大きく上がりますよ!

 

【おすすめ】社会の高校入試対策のコツとは?

 

地図帳

次のページでは、

社会の方法を入試対策についてまとめます。
社会は定期テスト対策と高校入試対策で、
意識すべきポイントが若干違います。

 

 

これを理解しておかないと、
どれだけ勉強しても点数が伸びません!

 

 

社会の高校入試対策に進む

 

成績が上がる無料メール講座

 

動画で解説!!さらに詳しい国語の受験勉強法とは!?

友だち追加

TOP 定期テスト対策講座 不登校・反抗期対策法 問い合わせ