高校受験が失敗しないテクニックについて

高校受験のために塾に入ろうか迷っている方へ

学習塾

高校受験の塾はいつから入るべきかのページの内容

 

ここでは、高校受験に関する塾のお話をします。

 

受験で合格するためには
絶対に塾に入らなければならない・・・
と思っている中学生とその親が多いのですが、
この考えは間違っています。

 

塾に入らなくても
合格できる生徒もたくさんいるからです。

 

ただ、塾に入ったほうがいい子もいます。
そういったこの場合、
いつから塾に入るべきでしょうか?


【まずは受験の基本的な流れを理解しよう!】

 

受験生になるとどうしても塾に入って勉強しないといけない!
と思ってしまうのですが実はそれ以上に大切なことがあります。

 

それは何かというと高校受験の基本的な学習スケジュールと、
効率の良い勉強の仕方を理解することです。
次のページで詳しく解説しました!

 

合格を近づける勉強の仕方とスケジュール管理に進む

高校受験合格に塾は必要or行かないとどうなる?

学習塾

私自身、このサイトで何度も述べてきたことは、

塾よりも家庭教師の方がおすすめ
ということです。
というのは、学習塾は学校と同じスタイルです。

 

 

学校で成績が上がらない子は、
そういった集団学習が適していない子です。
集団学習が苦手なのに、集団学習の塾に入れても、
成績は上がりません。

 

 

また、個別学習塾の場合は費用が高く
家庭教師をつけるのとほとんど値段が変わりません。
こういった理由から私は家庭教師をおすすめしています。

 

 

中学生の家庭教師の選び方のページ

 

 

ただ、次の2つのタイプの中学生の場合は、
学習塾に入れることを考えても良いです。

 

 

①オール4以上の中学生

通知表

公立中学校の授業は基本的に

オール2~4くらいの子向けの内容です。
つまり、オール4を超える中学生にとっては、
少しレベルが低いです。

 

 

こういった子が私立中学校の中学生と
高校受験で争うと、必ず負けます。
それを補うのが学習塾です。

 

 

ですので、オール4を超えている中学生の場合、
学習塾を考えてもいいかと思います。

②自宅では勉強できない中学生

遊び

もう一つが、家では絶対に勉強できない中学生です。

いわゆる周りの環境に左右されやすいタイプです。

 

 

こういった中学生は、
環境を変えると成績が伸びます。

 

 

ですので、中3になったタイミングで
塾に入るとスムーズに
成績が伸びていくことがあります。

 

 

自宅では勉強できないけど、
図書館に通うのは面倒・・・という場合は、
学習塾を考えてみてもいいかと思います。

 

 

これらの条件に当てはまらない子の場合、
塾に行かないでもきちんと受験に合格できるので大丈夫です。
ただその場合親子で協力して勉強をする必要があります。

 

 

詳しくは私が現在行っている、
成績UP無料メール講座で解説していますので、
良かったらそちらも読んでみてください

 

 

高校入試における学習塾に入るタイミングとは!?

高校受験

学習塾に入るタイミングは、主に2つです。

一つは小学校から中学校に変わったタイミング。
もう一つは中学3年生(受験生)
になるタイミングです。

 

 

小学校から中学校に入るときは、
多くの中学生が学習塾に入ります。
ですので、そのタイミングで入ってしまうと、
良い意味で環境に染められます。

 

 

また、受験生になるタイミングで塾に入ると、
「俺も今年から受験生だ!頑張ろう」
という気合を入れるきっかけになります。

 

 

中途半端に入るのも悪くないのですが、
もしいつ入ろうか迷っているのであれば、
中1の始めか中3の始めに入りましょう!

 

 

受験対策の学習塾の費用の目安とは?

学習塾

では実際に学習塾に入る場合、

だいたいいくらくらいの費用が掛かるのか?
実は都市部と地方によって
相場がかなり変わります。

 

 

  • またどれくらいの頻度で塾に行くのか?
  • 個別タイプか集団学習タイプか?
  • 先生はプロか大学生か?

 

 

などによっても異なります。
ですので細かい部分は問い合わせをしてほしいのですが、
目安だけをここでお知らせしておきます。

 

タイプA 集団学習タイプ(2時間を週に2回)

集団学習タイプで毎週2回、2時間の授業を受けた場合、
大体の目安としては、

 

 

  • 入学金:3万円(地方) 3~5万円(都市)
  • 月謝:2~3万円(地方) 3~5万円(都市)

 

 

くらいが費用の相場になります。
先生のレベルやその他のサポート状況(自習室があるなど)
によってさらに変わってくるとは思うのですが、
大体年間で30万円から50万円くらいは必要になります。

タイプB 個別学習タイプ(2時間を週に2回)

個別学習塾にも様々なタイプがあります。
最近有名なビリギャルの坪田塾のように、
各自が自習スタイルで勉強を進めて、
採点とアドバイスだけ先生にもらいに行く形。

 

 

2から4人に対して一人先生が付いていて、
2時間ずっとわからないところを質問してもらう形。
マンツーマンで2時間ひたすら指導をしてもらう形。
様々なパターンがあります。費用としては、

 

 

  • 入学金:3万円(地方) 3~5万円(都市)
  • 月謝:3~5万円(地方) 4~6万円(都市)

 

 

くらいを考えておくようにしてください。
やはり個別になると少し値段が上がってしまいます。

 

 

意外とかかってしまう費用を考えると、
家庭教師の方が費用対効果は高いと私は思います。
ただ自習室が使える学習塾であれば、
同じ費用が掛かってもおすすめできます。

 

 

学習塾に入った子が陥りやすい考え方

塾

高校入試を成功させるために学習塾を利用する

という考え方は良いのですが、
塾に入ったから大丈夫!
という依存的な考え方は良くないです。

 

 

塾に入る=100%成績が上がる
という考え方は持たず、
成績が上がるかどうかは自分の努力次第と考えましょう!

 

 

学習塾を上手く利用する事ができる中学生のみ、
受験が成功する可能性も上がります!

 

 

また保護者の方の場合、
子どもを学習塾に入れておけば安心と思ったら大間違いです。
私は今までに様々な子どもたちの受験をサポートしてきましたが、
受験を失敗してしまう子どもの多くは親のサポート不足です。

 

 

結局中学生と言うのはまだまだ子供です。
一人でできることと言うのは限られてきます。
進路選択や勉強のサポートなどはできる限りお父さんお母さんが、
助けてあげた方が合格率は上がります。

 

 

受験を成功させるうえで親がサポートすべきこととは?

テレビ

ここまで解説した流れで、

塾に入るべきかどうかを判断していただければ、
効果的に学習塾を活用できるようになると思います。
では次は何を考えていくべきなのか?

 

 

次に考えてほしいのは親のサポート方法になります。
上にも書きましたが親が
間違ったサポートをしてしまうと、
受験は必ず失敗してしまいます。

 

 

そして残念なことに、
現在多くの親は間違ったサポート方法をして、
子どもたちを苦しめています。
そうなってからでは遅いですよね?

 

 

後で後悔する前に、
次のページで解説する最強のサポート方法
実践してみてください!

 

 

高校受験で親がサポートすべきことに進む

 

効率良く偏差値を上げるテクニック

 

道山ケイの成績アップメール講座

ここまでお話ししたように、
高校受験対策で学習塾に行くのは、
かなりお金がかかります。

 

 

また私の教え子を見ている限り、
塾に行ったから合格率が上がる
というものでもありません。

 

 

自宅学習でも偏差値60以上の高校に
普通に合格できます。

 

 

じゃあどのように勉強をしていったら、
効率よく偏差値を上げることができるのか?

 

 

私が現在無料で配信している、
7日間で成績UPメール講座では、
学習塾に通わなくても偏差値をぐんぐんあげ、
高校受験に成功する勉強法を解説しています。

 

 

無料で受講できますし、
今なら3980円で販売していたマニュアルも
プレゼントしておりますので、
よかったら参考にして頂けると嬉しく思います。

 

 

成績が上がる無料メール講座

 

動画で解説!!さらに詳しい高校受験の塾のお話

 

高校受験関連人気記事TOP3

 

高校受験で失敗しない方法一覧に戻る

関連ページ

進路希望調査の書き方
ここでは、進路希望調査の書き方についてまとめます。中学3年生にとって進路希望調査は最も頭を悩ます事かと思います。特にまだ具体的な学校が決まっていない人にとっては頭を悩ます問題です。
推薦基準と内申点の関係
ここでは、高校受験の推薦基準や内申点の疑問、作文の書き方について可能な限り暴露していきます(笑)多くの中学生が、高校受験の推薦の仕組みが気になると思います。その真相とは!?
夏休み・冬休みの勉強法
ここでは、高校受験の勉強法で、夏休み、冬休み、春休みにすべきことに特化して解説します!高校入試の勉強方法って、実は時期ごとに違います!これを知っていないと、受験で失敗しますよ!
高校受験の勉強時間
ここでは、高校受験の勉強時間に関するお話をします。勉強時間が少ないと、不安になる中学生が多いです。では実際どれくらい勉強すれば志望校に合格できるのでしょうか?
高校受験でやる気が出ない悩み
ここでは、高校受験でやる気が出ない時の対策をまとめます!中学生が受験勉強でやる気が出ないと、焦ってしまうかと思います。実はこの悩み、ちょっとしたことで解決できるんです!
親がサポートすべきこと
ここでは、子どもの高校受験で親がサポートすべき2つのポイントについてまとめます。高校入試というのは、子ども一人では絶対に戦えません!親のサポートがあるからこそ、子どもの実力が発揮されるのです!
行きたい高校が見つからない時は?
ここでは、行きたい高校が見つからない悩みの解決策についてまとめます!3年生になっても行きたい高校がわからないと悩むと思います。今やるべき進路選択の流れをお伝えします!
高校受験に失敗したときは?
もし子供が高校受験に失敗したとしても、親が落ち込んでいてはいけません!つらいときこそ、子供を励ましてあげることが大事です!ではそのときにかける言葉とは?
課題作文の書き方
ここでは、課題作文の書き方やテーマ、例などについて解説します!公立高校の受験勉強には必須の作文。ただ苦手な中学生が多いようです。重要なポイントをまとめました!
高校受験の面接のコツ
ここでは、高校受験の面接のコツについてまとめます。入試でよく聞かれる質問って何かわかりますか?実は必ず聞かれる質問があります!質問に上手く答える方法も紹介しますので、参考にしてみて下さい。
面接の質問例・回答例
ここでは、高校入試の面接の質問例と模範回答をまとめます!よく聞かれる自己PR・長所・短所・特技の4つについて特に詳しく紹介しますので、参考にしてみてください!
入試前日の過ごし方
ここでは、高校受験で入試前日の過ごし方に関する豆知識について紹介します。入試前日は中学3年間の中でも最もドキドキする時間かと思います。。あることをするだけで、点数アップにつながるコツを紹介します。
受験当日にすべきこと
ここでは、高校受験当日にすることで点数アップするポイントを紹介します。当日朝起きてから、行うべき行動、会場に行くまでに注意すべきこと、試験中に絶対にやってはいけないことなどをまとめました。
高校入学願書の書き方
ここでは高校の入学願書の書き方について解説します!返信用封筒や住所、電話番号、日付など入学願書を書く際に注意すべき点がいろいろあるので、大事なポイントをまとめました。
受験当日にすべきこと
ここではお子さんやお孫さんの高校受験が上手くいったときの合格祝いについて解説します。合格祝いの相場ってどれくらいかご存知でしょうか?またお金よりも時計などのもののほうが良いのでしょうか?詳しくまとめました。
奨学金の金額と種類
ここでは、奨学金制度の金額と種類について解説しました!母子家庭で私立高校に行かせるのは金銭的に厳しいと思います。そんな時は返済不要の奨学金を利用しましょう。現在利用可能な制度をまとめてみました。
友だち追加

TOP 定期テスト対策講座 不登校・反抗期対策法 問い合わせ