中2英語の勉強法について

中2英語で躓いてしまった中学生へ

中2英語のテキスト

中2英語の勉強法についてのページの内容

 

ここでは、
中2の英語の勉強方法について解説します。

 

中2の英語でポイントになるのは、
過去形、未来系、不定詞、受け身、比較の5つです。
これらは絶対に躓く部分であり、
最もテストで聞かれる部分です。

 

もし中2の英語を復習するとしたら、
これら5つをまず復習しましょう!


【英語の基本的な勉強法を理解していますか?】

 

あなたがもし今平均点以上の点数を
取ることができていないとしたら、
間違った英語の学習法をしている可能性があります!
その場合一度こちらのページを読んでみてください。

 

基本的な英語の勉強法のページ

過去形と未来形はパターンを丸暗記しよう

英語

中2英語で最初に出てくるのが過去形です。

過去形は基本パターンが決まっているのですが、
特殊な一般動詞の過去形
全て覚えないといけません。

 

 

まずはこれらの単語を全て覚えましょう。
疑問文と否定文もパターンが決まっているので、
このパターンを全て頭に入れるのが大切です。

 

 

未来形については特殊な一般動詞がありません。
ですので、全てwillとbe going toのパターンだけです。
これらは全てパターンが決まっているので、
過去形と同様に、パターン暗記が全てです。

 

【過去形と未来形の例題】

 

  1. They are (read, reading) newspapers now.
  2. I (use, used) this bag yesterday.
  3. He will (is, was, be) in Tokyo nest week.

 

答え1.reading 2.uesd 3.be

 

 

不定詞と動名詞は最重要文法

英語

2学期頃から出てくるのが不定詞と動名詞です。

これらは中学生の英語の中でも最重要文法です。

 

 

なぜなら、高校入試に文法問題には
100%出題されると言っても
過言ではないからです。

 

 

まず、不定詞ですが、
名詞的用法、副詞的用法、形容詞的用法
違いをきちんと理解することが大切です。

 

 

これらは丸暗記できるものではないので、
きちんと意味を理解していく必要があります。
わからないときはとにかく先生に聞いて、
完全に腑に落ちるまで理解してください。
ここは逃げてはいけませんよ!!!

 

【良く出題される3つの不定詞の違い】

 

名詞的用法

○動詞の目的語や主語、補語になる
(例)I like to swim.(私は泳ぐのが好きです)

 

形容詞的用法

○前の名詞を修飾する
(例)I want some books to read.(読む本が何冊かほしい)

 

副詞的用法

○動詞の目的、感情の原因を表す
(例)He studied English to go to Australia.
(彼はオーストラリアに行くために英語を勉強しました。)

 

 

比較は、比較級と最上級を理解しよう

英語

最後に比較です。

比較は最上級と比較級の2パターンがあります。

 

 

基本的にはパターンを覚えてしまえばいいのですが、
若干単語ごとに語尾を変えないといけないもの
あります。

 

 

どういったパターンが、どういった形になるのか、
いろいろな例を頭に入れておきましょう。

 

 

また、moreとmostを付けるパターンも
基本的には決まっています。
これらは考えるよりも全て覚えてしまったほうが早いです。

 

 

最後にas ○ asパターンも良くテストに出ます。
応用問題として、頭のasをsoに変えられると、
混乱してわからなくなってしまう中学生が多いです。
ですので、so ○ asパターンもきちんと頭に入れておきましょう。

 

英語の長文読解問題で意識すること

 

①まず始めに問題を読む

いきなり本文を読むのではなく、最初に問題を読みましょう。
各問題が何を聞こうとしているのかを
理解してから本文を読んでいくことで、
一度本文を読むだけで問題が解けます!

 

 

②線を引きながら読んでいこう

中2レベルの長文読解だと、文章が長いので、
読んでいるうちに内容を忘れてしまいます。
忘れないようにするために、
重要語句には線を引きながら読んでいきましょう。

 


次のページでは、

私が教師時代に短期間でクラスの成績を上げた方法
について解説しています!一緒に7日間のマル秘ステップを実践して
成績をグングン上げていきましょう!

 

 

成績が上がる無料メール講座

 

動画で解説!!さらに詳しい中2英語の勉強法

 

中2の勉強法人気記事TOP3

中2英語の勉強法←このページ!

 

学年別英語の勉強法と英語の受験対策について

英語の定期テストの勉強法の基本

英語の定期テストの勉強法は時間との勝負!効率を上げる方法とは?

 

中1英語の勉強方法

英語の勉強の基本である英単語と英文を覚えるコツを解説!

 

中3英語の勉強方法

現在完了・関係代名詞・長文読解・リスニングの勉強のコツを解説!

 

英語の高校受験勉強方法

【必見】定期テストの勉強と高校受験の勉強は180度違うので注意しましょう!

 

 

中1・中2・中3別勉強法一覧に戻る

関連ページ

中1と中2の内容を復習する方法
ここでは、中1や中2で勉強をサボってしまった中学生に向けて、中1と中2の勉強を復習する方法をまとめます。中3になってから、サボったことを後悔する中学生が非常に多いです。でも、きちんと復習すれば取り戻せます!
中1国語の勉強法
ここでは中1国語の勉強法についてまとめます。漢字や文法、部首、対義語、類義語など中間テストで良く出題されるポイントや、1年生が躓きやすいことわざ、慣用句なども解説します。
中1社会の勉強法
ここでは中1社会の勉強法について紹介します。1年生の社会は地理と歴史が半分ずつです。地理はグラフを使った問題、歴史は年代が苦手な傾向があります。また中間テストよりも期末テストの方が範囲が広がります。
中1数学の勉強法
ここでは、中1の数学の勉強法で意識すべきポイントを私なりにまとめました。中1の数学でたいせつな文字式や方程式、図形や代入の仕方など、どこを意識すればいいかをまとめます!
中1理科の勉強法
ここでは中1理科の勉強法について解説します。1年生の理科のポイントは、密度や気体、水溶液などの小学校では出てこなかった複雑な計算問題が出てきます。ここで躓かないようにしましょう。
中1英語の勉強法
ここでは、中1英語の勉強法についてまとめます。英語は小学校では学ばない教科です。最初は単語とアルファベットだけなので簡単ですが、徐々に長文問題や文法が出てくるので、みんな混乱してきます。
中2国語の勉強法
ここでは、中学2年生の国語の勉強方法についてまとめます!中2の国語でよく出題されるのは、文法や漢字、品詞などです。では勉強する上でのポイントは?
中2社会の勉強法
ここでは、中2社会の勉強法について解説します。地理は日本の地域ごとの特徴、歴史は江戸時代から第2位次世界大戦までがよく出題される範囲です。漏れのないように覚えていきましょう。
中2数学の勉強法
ここでは中2数学の勉強法についてまとめます!多くの中学生が躓きやすいポイントは、一次関数、連立方程式、図形の3つです。ではどうしたらいいのでしょうか?
中2理科の勉強法
ここでは、中2理科の勉強方法について解説します。中2の理科は、物理が難しいです。そのため、生物分野の動物と地学分野の天気で点数と落とさないようにしましょう。
中3国語の勉強法
ここでは、中学3年生の国語の勉強法について説明します。中学3年生にもなると小説も長くなり、読み取りも難しくなります。短時間で終えるコツをまとめました。
中3社会の勉強法
ここでは中3社会の勉強方法についてまとめます。中3の社会は、主に公民分野が中心です。その中でも日本の経済の仕組みと日本国憲法が中心になります。それぞれポイントをまとめました。
中3数学の勉強法
ここでは中3数学の勉強方法についてまとめます。2次方程式や因数分解など中学生が苦手とする範囲が多い中3の数学。効率よく点数を取る方法を紹介します。
中3理科の勉強法
ここでは中3理科の勉強方法をまとめます。イオンや遺伝、物理の仕事など、中学生にとって頭を混乱させる分野が多い中三の理科。楽に頭に入れるコツは!?
中3英語の勉強法
ここでは中3英語の勉強方法について解説していきます。中学三年生の英語で大事なのは、現在完了、関係代名詞、長文の三つです。長文が特に、一年生二年生に比べて大幅にレベルが上がります。
友だち追加

TOP 定期テスト対策講座 不登校・反抗期対策法 問い合わせ