中1国語の勉強法について!中間テスト対策など

中1の国語で躓いてしまった中学生へ

中1国語のテキスト

中1国語の勉強方法のページの内容

 

ここでは、
中1の国語の勉強法についてまとめます。

 

中1の国語で躓きやすいポイントは、
部首や慣用句、ことわざなどです。
小学校ではあまり出てこなかった文法問題が
初めて出てくるので多くの中学生が躓きます。

 

では、どういった流れで
勉強を進めていけばいいのでしょうか?
勉強する上で大事な点などをまとめていきます。


【まずは国語の基礎を学びたい方へ】

 

このページでは中1国語の勉強法に
特化してお話をしているのですが、
中学国語全般の基本的な勉強方法については、
下記のページで解説しています!

 

基本的な国語の学習法を学ぶ

漢字は部首と四字熟語に注意しよう

漢字

中1の国語の漢字で意識すべきことは、

部首と四字熟語です。
普通の読み書きは今までどおり覚えていくだけですが、
部首などは小学校ではあまり出てきません。
だからこそ、中1できちんと覚えておきましょう。

 

 

また、四字熟語もたくさん出てきます。
これは中間テストだけでなく高校入試でもよく出題されるので、
この時期に覚えておいたほうがいいです。

 

 

また、対義語類義語も躓きやすい部分です。
対義語と類義語は高校受験はおろか、大人になってからも使います。
知っているだけで、賢い大人になれるので、ここも覚えておきましょう。

 

 

一つポイントとして、こういった漢字系は、
単語カードを使って覚えていくことをお勧めします。
私が試した中で一番効率よく覚えられる方法です。

 

【良く出題される四字熟語のパターン】

 

四字が別々の意味で対になっているもの

(例)春夏秋冬、花鳥風月、冠婚葬祭

 

上の二字と下の二字とが同じ文字を重ねているもの

(例)正正堂々、時時刻刻、三三五五

 

上の二字と下の二字とが反対・対立する語を重ねたもの

(例)質疑応答、半信半疑、有名無実

 

文法のポイントは、ことわざと慣用句に意識すること?

ことわざ

次に文法についてですが、

中1で特に大事なのはことわざと慣用句です。
この2つについても、中間テストだけでなく
高校入試でも聞かれるよく部分です!

 

 

文法も漢字と同じで
単語カードで覚えるのがおすすめです。
表に意味を書いて、裏にことわざや慣用句を書く。
そして、寝る前に一通りやってから寝る
これだけで結構覚えられます!

 

 

また、主語や述語などの文の成分も大切です。
このあたりは、今後長文問題でも良く出てきます。
きちんと意味をマスターしておくと、中2、中3と役立ちます。

 

 

文の成分は覚えるのではなく、ひたすら問題を解きましょう。
数学と同じで、解いて覚える部分です。

 

【これだけは覚えたいことわざ】

 

石の上にも三年

辛くても我慢していれば報われる

 

弘法にも筆の誤り

どんな達人でも時には失敗する

 

枯れ木も山の賑わい

つまらないものでも、無いよりはましだ

 

敬語と古典は、国語の中で一番躓きやすい部分!?

古典

最後に敬語と古典についてまとめます。

この2つは最もが躓きやすい部分です。

 

 

ただ、敬語は大人になってからからも
とても大事なところなので、
きちんと覚えておきましょう。

 

 

敬語なんてよくわからないよ
と思う中学生も多いですが、
敬語はただ覚えるかどうかです。

 

 

謙譲語と尊敬語と丁寧語の違いをきちんと理解して、
効率よく覚えていきましょう。

 

 

古典については、中1では読み方がわかればOKです。
中2からは一気に難しくなるのですが、
中1の時点では古典になれるのが目的なので、
何度も音読して、古語を読めるようにしておきましょう。

 

 

【ここをサボると後で苦労する!】

 

大人になったとき、
大多数の中学生は就職活動をすることになります。
自分の行きたい企業にエントリーして、面接をするわけです。
この面接で、言葉遣いが上手くできてないと、まず受かりません。

 

 

ここで勉強する尊敬語、謙譲語などは、
今後生きていく上で
ずっと使っていく知識なのです!

 

中1国語の勉強法のまとめ

 

ポイント

中1国語で大事なポイントは

基本的に上記で説明したところだけです。

それほど範囲としては多くないと思います。

 

 

覚え方の基本は単語カードを使うことです。
文法などの問題はひたすら解くことが大事です。
この2つのポイントを意識してマスターしましょう。

 

 

ただ、一つ大事なことを言っておくと、
中1国語は最悪躓いても後で挽回できます。
英語や数学はここで躓くと挽回が大変ですが、
国語はそれほど大変ではありません。

 

 

ですので、もし時間が足りなければ、
英語と数学を優先したほうが良いと思います。

 

 

中1社会の勉強方法

次のページでは、
中1社会の勉強方法のポイントをまとめます。
中1社会は、歴史と地理だけなのですが、覚えることが膨大です!
より短時間で暗記をしていくコツや良く出るポイントをまとめました!

 

 

中1社会の勉強方法に進む

 

成績が上がる無料メール講座

 

動画で解説!!さらに詳しい中1国語の勉強法

 

中1の勉強法人気記事TOP3

中1国語の勉強法←このページ!

 

学年別国語の勉強法と国語の受験対策について

国語の定期テストの勉強法の基本

そもそも国語のテスト勉強ってどうやってやるの?という悩みを解決!

 

中2国語の勉強方法

同音異義語・同訓異字・動詞の活用・品詞の分類の勉強のコツを解説!

 

中3国語の勉強方法

故郷・万葉集・漢文・漢詩の勉強のコツを解説!

 

国語の高校受験勉強方法

【必見】定期テストの勉強と高校受験の勉強は180度違うので注意しましょう!

 

中1・中2・中3別勉強法一覧に戻る

関連ページ

中1と中2の内容を復習する方法
ここでは、中1や中2で勉強をサボってしまった中学生に向けて、中1と中2の勉強を復習する方法をまとめます。中3になってから、サボったことを後悔する中学生が非常に多いです。でも、きちんと復習すれば取り戻せます!
中1社会の勉強法
ここでは中1社会の勉強法について紹介します。1年生の社会は地理と歴史が半分ずつです。地理はグラフを使った問題、歴史は年代が苦手な傾向があります。また中間テストよりも期末テストの方が範囲が広がります。
中1数学の勉強法
ここでは、中1の数学の勉強法で意識すべきポイントを私なりにまとめました。中1の数学でたいせつな文字式や方程式、図形や代入の仕方など、どこを意識すればいいかをまとめます!
中1理科の勉強法
ここでは中1理科の勉強法について解説します。1年生の理科のポイントは、密度や気体、水溶液などの小学校では出てこなかった複雑な計算問題が出てきます。ここで躓かないようにしましょう。
中1英語の勉強法
ここでは、中1英語の勉強法についてまとめます。英語は小学校では学ばない教科です。最初は単語とアルファベットだけなので簡単ですが、徐々に長文問題や文法が出てくるので、みんな混乱してきます。
中2国語の勉強法
ここでは、中学2年生の国語の勉強方法についてまとめます!中2の国語でよく出題されるのは、文法や漢字、品詞などです。では勉強する上でのポイントは?
中2社会の勉強法
ここでは、中2社会の勉強法について解説します。地理は日本の地域ごとの特徴、歴史は江戸時代から第2位次世界大戦までがよく出題される範囲です。漏れのないように覚えていきましょう。
中2数学の勉強法
ここでは中2数学の勉強法についてまとめます!多くの中学生が躓きやすいポイントは、一次関数、連立方程式、図形の3つです。ではどうしたらいいのでしょうか?
中2理科の勉強法
ここでは、中2理科の勉強方法について解説します。中2の理科は、物理が難しいです。そのため、生物分野の動物と地学分野の天気で点数と落とさないようにしましょう。
中2英語の勉強法
ここでは、中2英語の勉強法について解説します!中学2年生にとって、英語は苦手教科の一つです。その中でも特に長文読解と文法問題について解説します!
中3国語の勉強法
ここでは、中学3年生の国語の勉強法について説明します。中学3年生にもなると小説も長くなり、読み取りも難しくなります。短時間で終えるコツをまとめました。
中3社会の勉強法
ここでは中3社会の勉強方法についてまとめます。中3の社会は、主に公民分野が中心です。その中でも日本の経済の仕組みと日本国憲法が中心になります。それぞれポイントをまとめました。
中3数学の勉強法
ここでは中3数学の勉強方法についてまとめます。2次方程式や因数分解など中学生が苦手とする範囲が多い中3の数学。効率よく点数を取る方法を紹介します。
中3理科の勉強法
ここでは中3理科の勉強方法をまとめます。イオンや遺伝、物理の仕事など、中学生にとって頭を混乱させる分野が多い中三の理科。楽に頭に入れるコツは!?
中3英語の勉強法
ここでは中3英語の勉強方法について解説していきます。中学三年生の英語で大事なのは、現在完了、関係代名詞、長文の三つです。長文が特に、一年生二年生に比べて大幅にレベルが上がります。
友だち追加

TOP 定期テスト対策講座 不登校・反抗期対策法 問い合わせ