副教科のテスト勉強方法について

音楽・技術家庭科・保健体育・美術の勉強のコツ

副教科のテスト対策テキスト

副教科の正しい勉強の仕方のページの内容

 

ここでは、副教科の勉強方法について解説します。

 

音楽・技術家庭科・保健体育・美術の4教科、
いわゆる副教科は、内申点を上げる上で、
非常に大切な教科です。

 

ただ多くの中学生が
正しい勉強の仕方を知らないため、
成績が上がらずに悩んでいます。

 

中1、中2、中3、基本的なやり方は同じなので、
このページで解説します!


副教科は内申点を上げる上で超重要!!その理由とは!?

副教科

副教科が苦手という中学生は本当に多いです。

ただこれは大きな勘違いで、
正しい勉強方法さえ理解すれば、
誰でも点数アップすることができます。

 

 

また、副教科は実は
5教科と同じくらい大切です。
なぜなら、多くの中学校で副教科のテストの回数が
5教科に比べて少ないからです。

 

 

これどういうことかと言うと、
1回のテストがかなり重要になるというわけです。

 

 

仮のテストが9教科だった場合、
副教科の勉強に力を入れたほうが、
内申点アップに繋がると考えられるのです!

 

 

【学校によって重要度が変わる?】

 

@学期に1度しか副教科のテストがない中学校

学期に1度しか副教科のテストがない中学校の場合、
その1回のテストで内申点が決まってしまうので、
かなり重要なテストになります!だからこそ、
副教科に重点を置いて勉強を進めるべきです!

 

A毎回副教科のテストがある中学校

もちろん、毎回副教科の定期テストがある中学校もあります。
この場合、学期に1度しかない学校に比べると重要度は落ちます。
もちろんしっかりと勉強はすべきなのですが、
どちらかと言うと5教科の勉強を優先すべきです!

 

音楽の勉強方法!!毎回80点を取るには!?

音楽

音楽だけに限らず、

副教科は全てそうなのですが、
テストに先生の個性がかなり出ます。

 

 

そこでまずは、
前回のテストがどのような感じだったのか
再度見直しをしましょう。
例えば、

 

 

  • 歌詞の意味が問われる問題
  • CDで歌を聴いてタイトルと作曲者を聞く問題
  • プリントの穴埋めが問われる問題

 

 

など様々な種類の問題が出ます。
今までどのような問題が出たかをきちんとチェックして、
そこから予想して勉強することが重要です。

 

 

前回のテストで
ある曲の歌詞の意味が問われる問題が
出題されているとしたら、

 

 

「今回なら何の曲が出るのだろう?」

 

「前回の授業で歌った曲が出そうだな」

 

「じゃあその曲について覚えていこう」

 

 

と想像して勉強できるわけです。
先生の傾向を掴んで対策をしていきましょう。

 

 

美術の勉強の仕方のコツ!!これで高得点?

美術

美術についても音楽と同じで、

まずは先生の傾向を掴んで対策しましょう。
美術の場合、

 

 

  • 画家の名前が問われる問題
  • 画家の出身地や○○派に関する問題
  • 表現技法に関する問題(マーブリングなど)
  • 実際に絵を書く問題

 

 

などがあります。

 

 

美術と音楽に関しては、
先生としてはかなりテストを作りにくいです。
だからこそ先生オリジナルの問題が結構出るので、
前回のテストを上手く利用して対策していきましょう。

 

 

技術家庭科の勉強は、ワークかノート?

技術家庭科

技術家庭科についてですが、

基本はノートやワーク、プリントなどから
出題されることが多いです。

 

 

もちろん美術と音楽についても、
ノート等があればそこから出題されます。
ただ技術家庭科は上記の2教科に比べ、
テストの問題を作りやすいです。

 

 

ですので、理科や社会のように、
まずはワークやノートの穴埋めを全て覚えます。
そのあと時間があれば教科書を読んで、
ワークに載っていない言葉を覚えていきます。

 

 

これだけで70点くらいは、
簡単に取れてしまうと思いますよ。

 

 

保健体育の勉強はこれで決まり!!簡単に上がる方法とは!?

保健体育

最後に保健体育です。

保険体育についても技術家庭科と同じで、
ワークやノート、プリントを中心に勉強しましょう。

 

 

その後時間があれば教科書を読むと、
90点以上狙えるようになります。
あと体育の場合は、

 

 

  • コートの幅が何mか?という細かい数字
  • 競技のルールと反則の名前
  • 競技のコツ(ひじを高く上げるなど)

 

 

などの細かい部分が結構聞かれるので、
ノートや教科書を使って覚えておくと、
良いかと思います。

 

 

副教科は5教科に比べ、
先生の個性が出やすい教科です。
まずは前回のテストがどんな感じだったのかを
きちんと調べてから勉強を進めていきましょう。

 

 

【おすすめ】中学校の学習塾の選び方

 

塾

次のページでは、

中学校の学習塾の選び方について
解説しました。

 

 

正直学習塾に入らなくても、
成績は上がるのですが、
サポートが必要な子どもは、
良い学習塾に入った方が成績は上がります。

 

 

ただ、
間違った塾に入ると成績が上がらないので、
この辺りは少し注意が必要です!

 

 

中学生の塾の選び方に進む

 

成績が上がる無料メール講座

 

動画で解説!!さらに詳しい副教科の勉強方法とは!?

友だち追加

TOP 定期テスト対策講座 不登校・反抗期対策法 問い合わせ