母子家庭や共働きで子育てをしているお母様へ

母子家庭でも共働きでも、子育ては上手くいきます!

共働きや母子家庭での子育て法のページ内容

 

ここでは、
母子家庭や共働き世帯での、
子育て理論をまとめました。

 

母子家庭と共働き世帯に共通するのは、
お母様の負担が大きいということです。
子育て、仕事、家事を両立しないと
いけないからです。

 

すると子どもに手が回らなくなり、
愛情不足になって子どもが荒れる
という負のスパイラルに陥ることがあります。

 

でも安心してください。
上手に子どもに愛情を伝えていけば、
子どもが荒れることはありません。
勉強を頑張らせ受験を成功させることも可能です!


母子家庭、共働き家庭の親が持つ共通の悩みとは?

母子家庭

母子家庭や共働き世帯って、

一見すると違うように見えるのですが、
実はお母様が抱えている悩みは同じです。

 

 

両者に共通する悩みとは、
「子どもに使う時間がない」です。
母子家庭も共働き世帯も、
お母様の生活はほとんど同じです。

 

6時 朝ごはん作り、仕事の準備
7時30分 子どもと一緒に家を出て仕事に行く
19時 仕事から帰宅。急いで夕飯作り
20時 急いで夕食を食べ、洗い物や洗濯。
21時30分 子どもと会話をしたり、ドラマを見る
23時 就寝

 

共働き世帯は旦那さんがいるだけ、
若干金銭的な余裕があります。

 

 

ただその分、旦那さんと言い争いをしたり、
子育てに対する意見の食い違いがでて、
ストレスが増えます。

 

 

もちろん子育てや家事を手伝ってくれて、
奥様の話を聞き、子どもに勉強も教えてくれる
素晴らしい旦那様の少しはいますが、
7割の方は夫婦関係で悩みを抱えています。

 

母子家庭の悩み

子どもと関わる時間がない+金銭的な余裕がない

共働き家庭の悩み

子どもと関わる時間がない+夫婦関係が上手くいかない

 

という感じです。

 

子育てに疲れて限界に達してしまった場合の対処法

疲れ

こういった生活を送っていると、

生きることに疲れを感じてきます。
いずれ体か気持ちが限界に達します。

 

 

子どもが問題なく育てばまだ良いです。
もし子どもが問題行動でも起こしたら、
完全に鬱状態になってしまいます。

 

 

ではどうしたら、
気持ちと体に余裕を持つことが、
できるのでしょうか?
3つの考え方があります。

 

①子どもの勉強を捨てる

「道山先生!何をいきなり言うのですか?」
とあなたは思われたかもしれませんが、
実はこの考え方にするのが一番おすすめです。

 

 

私は現在年間3000組の親子をサポートしています。
そのうちの1500組は共働き家庭で、
200組は母子家庭です。

 

 

すると多くの場合、

  • 子どもの成績を上げようと思った結果、

    過干渉になり子どもが荒れて悩む。

  • 子どもの成績が上がらないから塾に入れたいのに、

    金銭的に難しく悩む。

のどちらかであることが多いです。

 

 

つまり成績を上げようという発想を捨てれば、
無理に勉強させようとすることもなくなるため、
子どもが荒れて悩むことはありません。
塾に入れなければ金銭的に悩むこともないのです。

 

 

また、勉強できないと将来生きていけない
というのは完全に思い込みですし、
むしろ勉強させようとしないほうが、
子どもは逆に勉強するようになります。

②何かを変える

もう一つは、何かを変えるという発想です。

 

  • 住む街を変える
  • 仕事を変える、
  • 住む家を変える
  • 仕事を辞める
  • 再婚して専業主婦になる

 

などです。
人間は何かを変えるとき、ものすごい恐怖を感じます。
私も公立中学校の教師を辞めた身なので、
何かを変えるときの怖さはすごくわかります。

 

 

しかし今うまくいっていないことがあるなら、
何かを変えない限り道は開けません。
失敗するリスクもあるのですが、
上手くいく可能性もあるのです。

 

 

詳しくはポイント④で解説します。

③誰かに話を聞いてもらう

①②に比べたら効果は少なくなりますが、
誰かに話を聞いてもらうだけで、
人間は気持ちが楽になります。
一旦鬱症状だけは改善できると思います。

 

 

  • スクールカウンセラー
  • 専門家
  • ママ友やパパ友

 

 

などに定期的に話を聞いてもいましょう。
自分の親や旦那さんに聞いてもらうのは、
若干リスクがあります。

 

 

というのは「お前の育て方が悪いんだろ」
と言ってあなたを傷つけてくる可能性もあるからです。
そういうタイプでなければ、親や夫婦間で
話を聞いてもらうのもありです。

 

他にも効果的な方法はあるのですが、
まずはこの3つの方法がおすすめです。
一度試してみてください。

 

自分にとって理想的なタイムスケジュールを作ろう

タイムスケジュール

もう一つお勧めの方法があります。

それは「楽しみを見つける」ことです。
家事、子育て、仕事ばかりになると、
どうしても楽しみが少なくなります。

 

 

本来自分が持っていた楽しみや、
趣味などを忘れてしまいます。
するとますます鬱状態になるのです。

 

 

そこで1日15分でもいいですし、
週に1度だけでも良いので、
楽しみを作るようにしてください。

 

毎日楽しみを作る方法
  • 毎日寝る前の15分だけ自分が好きな本を読む
  • 毎朝15分だけ、外でヨガを行う
  • 毎日食後の15分は、デザートタイムにする
  • 毎日お風呂上がりの15分は、晩酌タイムにする
毎週1度だけ楽しみを作る方法
  • 毎週金曜日の夜は、子どもが寝た後一人でDVD映画を見る
  • 毎週土曜日のお昼は、子どもと一緒にランチに行く
  • 毎週日曜日、子どもが部活に行っているときのみ、

    1人ショッピングに行く

 

日々忙しいのは十分承知しています。
ただ、楽しみがない生活だといずれ鬱になります。
上記を参考にタイムスケジュールを組んでみると良いです。

 

夫の力を借りたり、子育てしやすい街に移るのもアリ!

街のイラスト

もし旦那様の給料だけで生活できるなら、

子どもが高校生になるまでは、
旦那様の給料だけで生活をする
というのもありです。

 

 

旦那様の給料だけでは、
生活するのが難しい場合、
せめて週末の家事だけお願いするのもアリです。

 

 

「なんで男の俺が家事をしないといけないんだ」
と文句を言ってきたら、
「あんたの稼ぎが少ないから私が働かないといけないでしょ」
と言いたくなるかもしれません。

 

 

この場合は、
子どもが見ていないところで、
こっそり伝えるようにしてください。

 

 

あと母子家庭で頼る人がいない場合、
子育てがしやすい街に引っ越すのもありです。
例えば大分県国東市に移住する場合、
引っ越し費用を負担してくれたりします。

 

 

 

 

大分県に引っ越しをすれば、
100%ストレスが解消するというものでもないですが、
とりあえず見学ツアーに参加してみるのはありです。

 

 

大分県以外にも、
長野県、新潟県、島根県の市町村などでも、
同様の取り組みをしているところがあるので、
一度市町村に電話して聞いてみてください。

 

 

何もせずひたすら我慢しているだけでは変わりません。
変化させるかどうかは後で決めればよいので、
まずはどういった制度があり、どういった環境で子育てができるのか、
調べてみるところから始めると良いです。

 

【できていないことをチェック】子どもが喜ぶ子育て法

思春期の子育てメール講座

母子家庭や共働き世帯になると、

子どもは荒れやすくなるのでしょうか?
という質問をよくいただきます。

 

 

きちんと子どもが喜ぶ接し方をすれば、
母子家庭や共働き家庭でも、
子どもが荒れることはありません。

 

 

世帯が悪いのではなく、
子どもに対する向き合い方が悪いのです。

 

 

その証拠に、
母子家庭や共働き世帯でも、
親子関係が良好で、
勉強を頑張っている子もたくさんいます。

 

 

ではどういったことを意識して、
子どもに接していけば良いのでしょうか?

 

 

私が現在無料で配信している、
思春期子育て講座の中で、
詳しく解説しています。

 

 

もし現在お子さんとの関係があまりよくなく、
お子さんが不登校、親への激しい反抗、
スマホゲーム依存、勉強しない問題などを起こしていたら、
一度参考にしてみてください。

 

 

動画で解説!!母子家庭と共働き世帯の子育て法の詳細編

共働きや母子家庭の子育て法<<疲れた・限界の方向け>>記事一覧

孤独な気持ち

母子家庭の子どもの特徴や心理に関するページ内容ここでは、母子家庭の子どもの気持ちについて解説します。母子家庭や共働き家庭の子どもというのは、独特の心理状態で生活しています。だからこそ、他の子と違った性格や特徴が現れてくる子もいます。これを理解して接するかどうかで、愛情不足になって問題行動を起こす確率を、大きく下げることができます。その結果、今よりさらに笑顔あふれる家庭になります!母子家庭で子育てを...

共働き世帯のタイムスケジュールに関するページ内容ここでは、共働き世帯やひとり親世帯が、子育てをする時の理想的なタイムスケジュールについて解説します。共働き、母子家庭、父子家庭世帯は、仕事、家事、育児を両立しないといけません。するとどうしても時間が足りなくなってしまいます。そこで大事なことは、無駄のないタイムスケジュールで、子育てを行っていくことと、最新テクノロジーや他人の力を上手に活用することです...

中学生の勉強方法TOPに戻る


この記事を書いた人

道山ケイ 道山ケイのfacebook 道山ケイのline 道山ケイのtwitter 道山ケイのyoutube
思春期の子育て子育てアドバイザー

親を変えることで、子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000組の親子をサポートし、約7割の親子関係が良好に変化。元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。
  • 暴言を吐き部屋に引きこもる子が、2ヶ月後のテストで90点UP
  • リストカットが酷く担任に自殺予告をした子が、1日で自ら勉強開始
  • 勉強嫌いでスマホ依存の子が次のテストで5教科合計113点UP
など道山流で子どもに接すると成績が上がると話題になっている。元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。この体験から思春期子育て法を確立。見た目が弟っぽく母親から絶大な人気があり、定員170名の有料勉強会がすぐに満席になる。