中学生のお小遣いについて悩んでいる方へ

子供のお小遣いの相場って?正しい金額の決め方とは!?

中学生のお小遣いの金額について

子どものお小遣いに関する相談が来ました!

 

こんにちは。

中学2年生の子どもがいるのですが、
お小遣いの額っていくらが妥当でしょうか?
相場なども教えていただけると助かります。

 

実は個人懇談会などでは、
こういった相談をちょこちょこいただきました。
私なりのアドバイスをします。

 

その地域のお母さんと相談しよう

相談

中学生の子どもを持つ母親にとって、

子どものお小遣いの額ってとても気になると思います。
実はこれ、正解はありません!
ただ、考え方の正解があります。

 

 

それは、地域の相場で決めるということです。
人間は面白い生き物で、
自分よりもお金を持っている人を妬み、
お金が無い人を馬鹿にします。

 

 

一緒に遊ぶ子どもたちの同じくらいの額の
お小遣いを与えるのが正解だと思っています。
ただ、お小遣いの相場は地域によって違います。

 

 

都市部

地方

中1

約500円~1000円

約0円~500円

中2

約1000円~2000円

500円~1000円

中3

約2000円~3000円

約1000円~2000円

 

くらいが平均だと思っておいてください。
きっと知り合いのお母さんがいると思うので、
いくらくらい渡しているかを聞いてみて、
同じくらいの額をあげるのが良いと思います。

 

 

たくさんのお小遣いを渡しすぎると、
お金のトラブルが発生しやすくなるので注意です。

 

お小遣い制にするかどうか

小遣い

そもそもの話なのですが、お小遣い制にするか、

必要なときにあげるパターンにするかで
迷う方もいると思います。

 

 

もちろんこれも、
地域によって多少の違いがあるので、
正解はありません。

 

 

ただ、私自身の意見としては、
お小遣い制にしたほうがいいと思います。
というのは、子どもはお小遣い制にすることで、
自分が今いくら持っていて、いくら使えるかを
勉強しないといけません。

 

 

仮に月の始めにお金を使いすぎてしまったら、
その月はもうお金を使えないわけです。
これは日本の給料制度と同じなので、
将来破産しないためにも、是非お小遣い制にしましょう。

 

お金を稼ぐ方法を与える

風呂掃除

ただ、お小遣い制の唯一のデメリットは、

必要なときにお金がないと、子どもが万引きをしたり
友達からお金をたかったりする可能性があることです。
これは、親として避けたい状況だと思います。

 

 

こうならないためにには、
子どもにお金を稼ぐ仕組み
与えてあげることが大切です。

 

 

例えば、風呂掃除をしたら50円とか、
洗濯物を干してくれたら100円とかです。
会社の仕組みで言うと、最低賃金は保証してあげ、
その後は歩合制にするというような形です(笑)

 

 

また、
テストの成績が上がったらプラスのお小遣いをあげる
というのもおすすめです。

 

 

とにかく頑張ればお小遣いが増えるという仕組みを
親側で作ってあげましょう。
お金を稼ぐことの難しさや大変さもわかりますし、
お金のありがたみも理解できると思います。

 

中学生のお小遣いの相談に対する道山の回答

斉藤さんこんにちは
道山です。

 

 

中学生のお小遣いに関してですが、
まずは近くにいるお友達のお母さん3人に、
毎月いくらあげているのか聞いてみてください。
その金額を基に考えていくと間違いないです。

 

 

基本的にお小遣い相場と言うのは
地域によって異なるので、何とも言えません。
ですので上記の方法を使って
その地域のお小遣いの相場を調べてみてください。

 

スマホ依存と勉強しない悩みの解決策

スマホのイラスト

親が子どものお小遣いと同じレベルで悩むのが、

スマホと勉強のことです。

 

 

お小遣いを少なくしたとしても、
それ以上にスマホの代金がかかってしまったら、
親としては頭が痛いと思います。

 

 

お金の問題ではなく、
子どもが毎日スマホばかり触っていて、
勉強を全くしなかったらそれも辛いと思います。

 

 

ではどうしたら、
子どもはスマホをやめ、
勉強を頑張るようになるのでしょうか?

 

 

実は親子関係を良好にして、
上手に勉強のやる気を引き出すことで、
解決できるんです。

 

 

そこで次のページでは、
スマホ依存と勉強しない悩みの解決策についてまとめます。
現在思春期の子どもがいるのであれば必見です!

 

 

効果絶大!スマホ携帯依存の解消法に進む

 

子どもが勉強しない悩みの解決策に進む

 

お金を使い上手に勉強のやる気を引き出す裏技

 

道山ケイの成績アップメール講座

お子さんにお小遣いをあげるとき、

一定量は普通にあげればよいと思います。

 

 

ただ追加でボーナスを渡すときは、
そのお金を上手に渡すだけで、
子どもの勉強に対するやる気を、
グングン上昇させることができます。

 

 

「道山先生!それってお金というエサで
子どもを釣るってことですか?」
とあなたは思われるかもしれません。
これは半分正解ですが半分間違っています。

 

 

お金で子どもを釣ろうとしても子どもはひっかかりません。
釣るのではなく、勉強に対するやる気をサポートする
という意味を伝えることで子どもはやる気を出します。

 

 

お金を使い上手に子どものやる気を引き出し、
次のテストで過去最高得点を取るためのテクニックは、
次のページで解説している「成績UP無料講座」で、
紹介しています。よかったらこちらもご活用いただければと思います。

 

成績が上がる無料メール講座

 

 

動画で解説!!中学生のお小遣いについて

 

中学生の親からの悩み相談一覧に戻る

中学生の勉強方法TOPに戻る


この記事を書いた人

道山ケイ 道山ケイのfacebook 道山ケイのline 道山ケイのtwitter 道山ケイのyoutube
思春期の子育て子育てアドバイザー

親を変えることで、子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000組の親子をサポートし、約7割の親子関係が良好に変化。元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。
  • 暴言を吐き部屋に引きこもる子が、2ヶ月後のテストで90点UP
  • リストカットが酷く担任に自殺予告をした子が、1日で自ら勉強開始
  • 勉強嫌いでスマホ依存の子が次のテストで5教科合計113点UP
など道山流で子どもに接すると成績が上がると話題になっている。元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。この体験から思春期子育て法を確立。見た目が弟っぽく母親から絶大な人気があり、定員170名の有料勉強会がすぐに満席になる。