親が過干渉で悩んでいる子ども向け

お父さんお母さんにガミガミ言われイライラしている中学生へ

お父さんやお母さんの過干渉に悩む方へ

過干渉の親との付き合い方のページ内容

先日こんな相談を頂きました。
※プライバシー保護の関係で内容の一部を変更しております。

 

道山先生こんばんは。

私のお母さんはいつも勉強しろとか早く風呂に入れとか
ガミガミ言ってきます。私はそれにイライラして、
先日携帯をお母さんに投げて怪我をさせてしまいました。

 

そこまでするつもりはなかったのですが、
いろいろ言われるとついカッとなってしまいます。
私は施設に入ったりすべきでしょうか。

 

自分の過干渉をやめられず悩んでいる
お父様お母様がいる一方、
過干渉の親との付き合い方に悩んでいる
中学生がいるのも事実です。

 

 

そこで、
過干渉で悩んでいる子ども向けに、
上手に付き合う方法を紹介します。

 

 

上手にお父さんお母さんと付き合っていけば、
家の中でぶつかることが少なくなるため、
今よりさらに楽しい家族になれると思いますよ!

 

なぜお父さんとお母さんはあなたにガミガミ言うのか?

過干渉

実は私自身も、

酷い過干渉の父親のもとで育ちました。
中学生時代は父親に反発する目的で、

 

 

  • 夜中に家を抜け出して遊びに行く
  • 自分の部屋に閉じこもり親と会話を一切しない

 

 

という方法で反発した経験もあります。
こうした公の場に書くのは難しいですが、
反抗期が激しく悪化した結果、
悪さという悪さは一通り経験しました。

 

 

だからあなたが今過干渉で悩んでいたとしたら、
その気持ちすごくよくわかります。

 

 

ではなぜあなたのお父さんやお母さんは、
あなたに対して過干渉で接してくるのでしょうか。
実は今でこそその答えがわかります。

 

 

あなたのことが大好きだからです。

 

 

あなたのことが大好きで、
少しでも将来幸せになってほしいと思うからこそ、
あなたにいろいろと言ってしまうわけです。

 

 

あなたのことを想って言っているから我慢しましょう!
というわけではないのですが、
まずはこの親心を少しだけ頭に入れておいてください。

 

対処法①親のイライラポイントを把握する

イライラする親

あなたのことを考えての行動

と言っても、いろいろ言われると
イライラすると思います。

 

 

今すぐにお父さんやお母さんが
変わってくれるわけでもありません。
ではどうしたら親の過干渉から
身を守ることができるのでしょうか。

 

 

中学生時代の私の経験と
今たくさんのお父さんやお母さんを
サポートしている経験から、
今すぐできる対処法をお伝えします。

 

 

最初に紹介する方法は、
「親のイライラポイントを把握して、
そこを刺激しないようにする」
という方法です。

 

 

例えばお父さんが、
宿題をしないことに対して文句を言ってくるとします。
あなたとしては宿題をするメリットがわからないから、
おそらく宿題をしていないのだと思います。この場合、

 

 

  • 宿題をするストレス
  • 親からガミガミ言われるストレス

 

 

を比べてみたください。
どちらの方が嫌でしょうか?
もし親から言われる方がストレスだと感じるなら、
自分のみを守るために宿題を頑張りましょう。

 

 

これは親に従っているわけではありません。
あくまでも自分の身を守るための行動です。

 

 

そして親から「宿題やったのか」と言われたら、
「やったわ!なんか文句あるのか!」と見せてやればいいのです。
これであなたのお父さんは文句が言えなくなります。

 

対処法②学習塾や自分の部屋に避難する

学習塾

対処法①で紹介する方法は、

言い換えるとあなた自身が大人になる
という方法です。

 

 

宿題は本来やらないといけないものです。
ただお父さんやお母さんとの関係が良くないと、
わざとやりたくなくなるのだと思います。
これは人間として仕方がないことです。

 

 

それを乗り越えらえたのは、
あなた自身が大きく成長できたからです。
ただ、どうしても受け入れられないことで、
ガミガミ言われることもあると思います。

 

 

例えば、あなたは何も悪いことをしていないのに、
お父さん自身が会社で抱えたストレスを、
理不尽にあなたにぶつけてくるケースなどです。

 

 

親のイライラポイントは会社のストレスなので、
あなたの努力で何とかできる問題ではありません。
この場合は被害を受けない場所に避難するしかありません。

 

 

  • 自分の部屋
  • 近くにいる親戚の家
  • 学習塾の自習室

 

 

勉強するという理由で上記の場所に避難すれば、
親も文句を言ってくることはありません。
※道山は中学生時代この方法で部屋に隠れていました。

 

 

ゲームをするという理由で部屋に引きこもると文句を言われますが、
勉強するという理由で塾の自習室に行けば文句は言われません。
自習室に行ったからといってずっと勉強する必要もないので、
まずは自分の心を守るために避難しましょう。

 

限界に達したときはカウンセラーに相談しよう

カウンセラー

宿題をせずに叱られるのは、

あなた自身の問題なので、
自分の努力で解決できます。

 

 

自分の部屋や学習塾などに
非難することで身を守れるなら、
それもあなたの努力で何とかなるでしょう。

 

 

問題なのは、
あなた自身の力で何ともならないことです。
例えば、

 

 

  • 家で暴力を受けている
  • 学校でいじめられているのに無理に学校に行かされる
  • ストレスで朝起きられないのに叩き起こされる
  • どう考えても無理な点数を要求され取れないと叱られる

 

 

などはあなたが努力したら解決できる問題ではありません。
この場合、まずは身近な人に相談しましょう。

 

 

  • お父さんorお母さん(過干渉じゃない場合)
  • 担任の先生や保健室の先生
  • スクールカウンセラー
  • 学習塾の先生

 

 

もし誰も相談できる人がいないなら、
私に相談していただいても構いません。

 

 

 

 

一人で悩むのは絶対にダメです。
まずは身近な大人の力を借りるようにしましょう。

 

ストレスが原因で寝られない時は?

睡眠不足の子ども

親の過干渉が酷くなると、

家にいるだけでストレスフルになります。
人間はストレスが解消できなくなると、
夜寝られなくなります。

 

 

もしあなたが今、
ストレスが自宅で解消できないことが原因で、
夜寝られなくなっているとしたら、
次のページで紹介する方法を試してみて下さい。

 

 

根本的な原因は家庭環境なので、
100%改善できるわけではありませんが、
多少は軽減できると思います。

 

 

 

 

あともし今あなたが、
学校や家庭で悩みを抱えていて、
「学校に行きたくない」と思っているのに、
お父さんお母さんが「学校に行け」とうるさい場合、
一度こちらの記事も参考にしてみてください。

 

 

 

【おすすめ】お父さんお母さんに読んでほしい子育て講座

 

思春期の子育てメール講座

ここまでいろいろと、

親が過干渉で悩んでいる子ども向けに
解決策をお伝えしてきました。
最後に非常にお勧めの方法を紹介します。

 

 

私は現在、思春期の子どもがいる
お父さんお母さん向けに、
思春期の子どもへの接し方をアドバイスしています。
具体的には、子どもが

 

 

  • 不登校の時は無理に行かせてはダメですよ
  • スマホ依存になるのは家庭が楽しくないからですよ
  • 親に反抗するのは過干渉に接しているからですよ
  • 望んでいることにはできる限り応えたほうが良いですよ

 

 

というようなことです。
私が中学生だった時、
自分の父親に読んでほしい内容を、
全てまとめたような講座です。

 

 

きっとあなた自身がお父さんお母さんに
伝えてほしいことを代弁できていると思います。
よかったらお父さんお母さんに紹介してあげてください。

 

 

動画で解説!!過干渉な親の対処法の詳細編

 

過干渉な親の子どもの性格の記事に戻る

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

TOP 定期テスト対策講座 不登校・反抗期対策法 問い合わせ