最近子育てが上手く行かない方へ

あなたの子どもも愛情不足を感じていませんか?

愛情不足の子供の特徴のページ内容

 

ここでは、子どもが愛情不足になったとき
どのような特徴が現れるかについて解説します。

 

実は不登校や非行などの問題行動の多くは、
愛情不足が原因です。
ただ、子どもは自分の口から
それを発することはありません。

 

つまり、親が子どもの行動を見ながら
判断するしかないのです。ではその方法とは!?


何かおかしい?と思ったら愛情不足

子どもが荒れる

ここにあげる8つの子どもの行動は、

90%以上が愛情不足だと思ってください。

 

  • 学校に行かない(不登校)
  • たばこを吸ったり、飲酒をしたりした
  • 万引きやいじめの加害者になる(犯罪)
  • 親や先生に暴力を振るう
  • 家のものを壊す
  • 自宅に帰ってくるのは深夜
  • 親の言うことを聞かない
  • 親と話をしようとしない

 

つまり、子どもを育てていく上で、
何かおかしいと思ったら愛情不足のサインです。

 

 

「ケイ先生!でもうちの家庭は、
私も旦那も子どものことが大好きで・・・」
という人もいるかもしれないのですが、大切なことは
親の気持ちではなく子どもがどう捕らえるかです。

 

 

例えば、ある旦那さんは子どものことが本当に大好きです。
だから少しでも子どもに良い人生を歩んで欲しいと思っています。
そんなとき、子どもからある相談が来ました。
「お父さん、僕中学を卒業したら働きたい!」

 

 

世間一般から見ても、中卒で働くよりも、
高校、大学を卒業してから働いたほうが
いい給料をもらえることが多いです。
ですのでお父さんはこう言いました!

 

 

「何を言ってるんだ!そんなことは許さん!高校に行け!」と。

 

 

お父さんはあくまでも子供のことを思って言ったわけです。
ただ、子どもからすると
「お父さんは自分のことをわかってくれない」と感じます。
つまり、愛情不足と感じるわけです。

 

 

愛情不足の子どもへの接し方

親子

じゃあ、どう接したらいいのでしょうか。

子どもが愛情不足になってしまう
お父さんお母さんには、
あることが足りていないのです。

 

 

それは、
「子どものことを理解しようとする気持ち」
です。

 

 

これがないと、子どもは愛情不足と感じて、
上記の8つのような行動を取るわけです。

 

 

先ほどの例ですと、
「お父さん、僕中学を卒業したら働きたい」と言ったら、
「働きたいのか!何か夢でも見つかったのか?」
理解を示します。すると、

 

 

「実は板前になりたいって夢が見つかったんだ!
板前って多くの人が中学を卒業したら修業に出るんだって!」
と子どもが言います。すると、

 

 

「そうなんだ!お父さんも知らなかったな。
お前が始めて見つかった夢だから、お父さんも是非応援したい!
今から一緒に本屋に行こう!日本で有名な板前さんが
どんな人生を歩んでいるか調べてみよう!」
という感じで、お父さんが返答します。

 

 

するとこの親子は、
二人で板前のことを調べに本屋に行くでしょう。
そして、子どもとの関係が深まったところで、

 

 

「お前が夢を持ってくれて、お父さんは本当に嬉しいよ!」

 

「お前の人生だから、お前が決めるんだ!お父さんも応援する!」

 

「ただ、お父さんから一つアドバイスをするとしたら、
もし中卒で板前を目指したとして、仮に夢が変わったとき、
次の選択肢を見つけるのって本当に大変だ。

 

 

もしちょっとでも変わる可能性があるなら、一度高校に行って、
高校卒業後に板前の専門学校に行くって選択肢もあるぞ。
それなら、その後夢が変わっても、
高卒なら次の選択肢がたくさんあるしな」

 

 

という感じで話をします。こういった感じで、
常に子どもへの理解を示す接し方をしていけば、
子どもが愛情不足になることはありません。

 

 

当たり前のことをしない親もダメ

掃除

子どもへの理解を示していないパターン以外にも、

子どもが愛情不足と感じるときがあります。
それは、親が親の役目を果たさないときです。

 

 

例えば、お母さんなのに、

 

  • 遠足の弁当を作らない
  • 授業参観に来ない
  • 料理、洗濯、掃除をしない

 

などです。また、お父さんなのに、

 

  • 働かない
  • 週末に子どもと遊ばない

 

こういった行動を取っていると、
子どもは自分に対して愛情を感じなくなります。
その結果上記の8つのような行動を取ってしまうのです。

 

【重要】愛情不足の状況別対応策!

子どもが荒れる

次のページでは、もう少し詳しく

状況別の対応の仕方
についてまとめました。

 

 

現在お子さんが愛情不足によって、
どんな状況になっているのか
まずはこれをきちのと理解して、状況にあった対応をしていきましょう!

 

 

愛情不足の子供の行動別対応策に進む

 

 

また、お子さんが中学生くらいになると、
自立をさせたいと考える
お父さんお母さんが増えてきます。

 

 

その考え方はとても良い事なのですが、
やり方を間違えてしまっている方が多いです。

 

 

その結果、自立を促すためにやっていることが、
実は自主性のない子どもにしてしまう行動を
取ってしまっているという場合があります。

 

 

そこで次のページでは、
子どもの自立を促す正しい方法
について解説しました!

 

 

やり方さえ間違えなければ、
子どもは自ずと自立するように
行動を始めます。

 

 

そのためには親のサポートが
どうしても必要になるので、
まずは親の正しいサポートを行って、
お子さんの自立を促していきましょう。

 

 

 

 

最後に、子どもの感情の起伏が
激しくて悩んでいるという方も
いるのではないでしょうか?

 

 

ADHDなどの発達障害の場合もありますが、
親の接し方を少し改善するだけで、
子どもが落ち着いて生活できるようになります。

 

 

次のページに、
子どもの感情の起伏が激しい原因
について解説したので、
良かったら参考にしてみてください。

 

 

 

 

【親向け】思春期の子どもへの正しい接し方

思春期の子育てメール講座

ここまでお話ししてきた方法を実践すれば、

子どもが愛情不足で問題行動を
起こすということがなくなると思います。

 

 

その結果、お子さんとぶつかることがなくなり、
イライラすることも減ると思います。
ただ、思春期の子どもは心の状態が
不安定になりやすい時期です。

 

 

そのため、学校などでトラブルが合った時や、
友達と喧嘩した場合など、
お父さんお母さんに
当たってしまうということがあります。

 

 

そこで思春期の子どもに接する時に、
必要な考え方や不登校やスマホ依存の解決法
などをまとめた講座を配信しています!

 

 

「思春期の子育て講座」です。
こちらは私が現在無料で配信しているものです。

 

 

今までに3万人以上のお父さんお母さんが、
学ばれた講座です。
こちらも参考にしていただけると、
嬉しく思います。

 

思春期の子育てメール講座

 

動画で解説!!愛情不足の子供の特徴とは!?

 

今のあなたに読んで欲しいページ

思春期の特徴・男子と女子の違い

思春期の子供と言うのは本当に接し方が難しいです。
私の教師経験からわかった最も上手な接し方と
思春期の子供の特徴について解説します。

 

中学生の反抗期の対処法

子供への愛情が少なくなると、
その反動で子供は激しい反抗期になります。
その場合の対処法をまとめました!

 

中学生の勉強方法TOPに戻る

愛情不足の子どもの特徴<<行動別の接し方>>記事一覧

不良

愛情不足の子供の行動のページ内容ここでは、子どもが愛情不足になって、不登校や非行など様々な行動をし始めたとき、親としてどのように対応していったら良いのかについて詳しくまとめました。力を使って何とかしようと思っても、根本的な問題は改善しません!きちんとした対処法を行っていくことで、少しずつですが子供が元の姿に戻っていきます。最も大切なことは、子供の行動に合わせて対応していくことです!目次1.状況①愛...

子どもの自立

愛情不足の子供の行動のページ内容ここでは、自立を促す方法について、詳しくまとめました。子どもが一人で勉強できるようにならない、一人で朝起きることができない、忘れ物ばかりしてしまうなど自立が遅いと親としては心配になると思います。その結果「一人でやりなさい」と伝えてしまい子どもが泣き出してしまったり親子関係が悪くなってしまったりします。実は子どもを自立させるうえで一番大切なことは、子供のレベルに合わせ...

イライラ

感情の起伏が激しい子どもの原因と対処法のページ内容ここでは、すぐにイライラしてしまう子供の原因について解説します。感情の起伏が激しい子どもと言うのは、すぐに感情的になったり、落ち込んだりと、本当に扱いが難しいと思います。その結果親として酷くストレスを感じることも多いです。ではそもそもどうしてこういった性格になってしまうのか?実は根本的な原因は、親の接し方の間違いにあるのです。つまり子育ての間違いを...

朝起きられず不登校になる子ども

反抗期の親の対応策のページ内容ここでは、中1の子供に起こることが多い中1ギャップについて解説します。中1ギャップというのは小学校の緩い学校生活から急に中学校の規律正しい学校生活に変わることにより子どもが登校したくなくなる症状のことです。これを聞くと時間に解決してもらうしかない!と思うかもしれないのですが、実は本当の原因は中学校になれていないと言うことではないのです!本当の原因は親の接し方にあります...

中2病

中2病に関するページ内容ここでは、中2病の症状と対処法について解説します。ツイッターなどを通して話題になっている中2病。最初は伊集院光さんが言い始めた言葉です。実際に中学2年生というのは、1年生や3年生とは違った特徴があります。中学2年生に起こる特徴を理解して、上手に向き合うことで、無駄にぶつかる必要がなくなります。世間で言われている中2病の特徴や診断方法、親としてどのように向き合ったらよいのかつ...

過干渉の親の子供のページ内容ここでは、過干渉な親の子供の性格について、詳しくまとめました。最近ジワジワと理解が広まってきた過干渉。ただ間違って理解されている方が非常に多いです。そこでこのページでは、過干渉の親の子どもが、どういった性格になるのかお伝えします。もしこの性格になっていたら、子どもへの接し方が過干渉になっている可能性が高いということです。でも安心してください。きちんと改善する方法もお伝え...