高校生で塾選びの仕方で悩んでいる方へ

高校生向け!成績が上がる塾の選び方

高校生の塾選びに関するページ内容

 

ここでは、

高校生の塾選び戦略について
解説します。

 

中学生までは当たり前に行っている塾。
では高校になったら必要なのでしょうか?
高校生で塾が必要かどうかの判断方法から、
入塾する場合かかる費用などをまとめました。

 

子どもの性格などにあった
おすすめの形式などもあるので、
それらを考えて塾を選ぶことが大事です。

 

それだけで、確実に成績が上がる学習塾
選ぶことができるはずです!


【高校生の勉強方法の基本】

 

どれだけ学習塾を活用しても、
日頃の勉強方法を間違えていたら成績は上がりません。
そこで以下のページでは高校生の勉強方法の基本をまとめました。
あなたが行っている勉強方法と同じかどうかチェックしてみてください。

 

高校生の場合塾は必要か?入っている割合は?

塾

そもそも、

高校生で学習塾に
入っている子どもの割合は、
どれくらいでしょうか?

 

 

高校生白書という調査によると、
約32%の子どもが学習塾に
通っている
そうです。

 

 

言い換えるなら、
3人に2人は塾に入っていない
ということになります。

 

 

中学生の場合、
6割の子どもが塾に入っているので、
それを考えると高校でも塾を続ける子は、
非常に少ない
わけです。

 

 

では高校生の勉強において、
学習塾は必要なのでしょうか?
これはわからない問題を質問できる
環境があるかどうかで決まります。

 

 

学校の先生に質問できるなら塾の必要はありません。
先生には質問しずらい場合は、
塾や家庭教師が必要になります。

 

意外とかかる!毎月の費用の平均や目安を公開

費用

もし学習塾を利用する場合、

費用はどれくらいかかるのでしょうか?
これは状況によって異なります。

 

 

  • 個人の塾なのか、大手なのか
  • 個別指導なのか集団塾なのか
  • 週に1回なのか、毎日行くのか

 

 

などによって変わってくるからです。
また、住んでいる地域によっても異なります。
一応、文部科学省が調査したデータがあるので、
そちらを元に学習塾の費用の目安(年間)をお伝えします。

 

1年生 3年生
公立高校 79887円 127908円
私立高校 119421円 219791円

 

これを見てあなたはどう感じたでしょうか?
おそらく「安すぎじゃん!」と思われたと思います。
実は上記の数字は塾に入っていない方の数字も
含まれています。

 

 

現在塾に入っている子どもの割合は3人に1人なので、
実際の金額は上記の数字に3をかけたものです。
つまり、

 

1年生 3年生
公立高校 年間約24万円 年間約38万円
私立高校 年間約36万円 年間約66万円

 

また、これは地方も含めた平均なので、
都市部の場合上記の数字に1.5倍~2倍くらいは
かかると考えたほうが良い
です。

 

成績が上がる形式は、個別or集団orネット?

ネット

高校生の塾といっても、

大きく分けて3つのパターンがあります。
個別塾、集団塾、ネット塾の3つです。

 

 

それぞれについて、
簡単にメリットとデメリットを
まとめていきます。

 

個別塾

マンツーマンで指導してもらえる塾です。
わからない問題をしっかりと教えてもらえるので、
成績は確実に上がります。ただ費用が高いのがデメリットです。

集団塾

大手の予備校などはこのパターンです。
有名な講師の授業を聞く形で学びます。
中学校の場合と違い、講師の知名度があると、
費用は個別塾以上に高くなることがあります。

ネット塾

最近増えている形式です。
有名予備校講師の授業を自宅で見ることができ、
なおかつ格安で学ぶことができます。

 

それぞれに長所と短所があります。
また子どもにとって合う合わないもあります。
それらをすべて考えて、どの塾を利用するか
考えていくことが大事です。

 

道山ケイがオススメする塾はコレだ!

個別

集団塾、個別塾、ネット塾、

いろいろある中で、
高校生にお勧めなのは、
どこでしょうか?

 

 

私自身が最もおすすめするのは、
個別指導塾です。

 

 

なぜなら、ポイント1で述べたように、
学習塾に通う目的は
「わからない問題を質問する」ことだからです。

 

 

学校の先生が、
あまりにも授業がへたくそな場合、
集団塾の講師の授業が役立つと思います。

 

 

ただ、高校の先生たちも素晴らしい方が多いので、
しっかりと授業を聞けば理解できると思います。

 

 

それを考えると、わざわざ高いお金を払って、
予備校の先生の授業を受ける必要ない
というのが私の考えです。

 

【要チェック】家庭教師とネット塾の選び方

家庭教師

塾の目的は、

わからない問題を質問することです。

 

 

それを考えた場合、
「家庭教師でも良いのでは?」
と思われる方もいます。

 

 

実はその通りで、
地域によっては家庭教師の方が安い
という場合もたくさんあります。

 

 

学習塾の場合、
自習室が使えるというメリットもあるので、
そういったメリットと費用の差額を計算して、
どちらにするか考えると良いと思います。

 

 

なお家庭教師の選び方については、
こちらのページで詳しくまとめています。
適当に選んで多額のお金を払う前に、
一度目を通していただければと思います。

 

 

 

 

また、高いお金を払って、
有名予備校の先生の授業を受ける必要は
ないと思うのですが、ネット塾であれば、
安いお金で有名予備校の先生の授業を受けることができます。

 

 

例えばスタディサプリなどのアプリであれば、
月額980円で利用できます。
学校の先生の授業がわかりずらいという場合、
こういったサービスを利用するのもおすすめです。

 

 

 

【おすすめ】塾に通わなくても成績を上げる方法

 

成績UP無料メール講座

もしあなたが、

学習塾に通わず成績を上げたい
ということであれば、
是非読んでいただきたい講座があります。

 

 

私が現在無料で配信している、
7日間で成績UP無料講座です。
この講座では、

 

  • オール5の子が実践している勉強法
  • ストレスなしで勉強量が増える思考法
  • 子どもが勝手に勉強を始めるやる気UPテクニック

 

などを無料で解説しています。
お父様お母様の受講者が多いので、
親向けにお話をしていますが、
高校生本人が読んでも役立つ内容
です。

 

 

これまでに3万人以上の方に読んでいただいた
人気の講座なので、よかったらこちらも活用し、
効率よく定期テストの点数を上げていただければと思います。

 

成績が上がる無料メール講座

 

動画で解説!!高校生で塾選びの詳細編

 

学習塾の選び方一覧に戻る

中学生の勉強方法TOPに戻る


この記事を書いた人

道山ケイ 道山ケイのfacebook 道山ケイのline 道山ケイのtwitter 道山ケイのyoutube
思春期の子育て子育てアドバイザー

親を変えることで、子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000組の親子をサポートし、約7割の親子関係が良好に変化。元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。
  • 暴言を吐き部屋に引きこもる子が、2ヶ月後のテストで90点UP
  • リストカットが酷く担任に自殺予告をした子が、1日で自ら勉強開始
  • 勉強嫌いでスマホ依存の子が次のテストで5教科合計113点UP
など道山流で子どもに接すると成績が上がると話題になっている。元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。この体験から思春期子育て法を確立。見た目が弟っぽく母親から絶大な人気があり、定員170名の有料勉強会がすぐに満席になる。