この特徴に当てはまっていたら危険です!

過干渉な親の子供ってどんな性格になるの?

過干渉子育てをした時の子供の性格はどうなるの?

過干渉の親の子供のページ内容

 

ここでは、
過干渉な親の子供の性格について、
詳しくまとめました。

 

最近ジワジワと理解が広まってきた過干渉。
ただ間違って理解されている方が非常に多いです。
そこでこのページでは、過干渉の親の子どもが、
どういった性格になるのかお伝えします。

 

もしこの性格になっていたら、
子どもへの接し方が過干渉になっている
可能性が高いということです。

 

でも安心してください。
きちんと改善する方法もお伝えします。


そもそも過干渉とは何か?本当の意味を解説

過干渉

今でこそ当たり前に使われるようになった、

過干渉や過保護という言葉。
しかし多くの方が間違って捉えています。

 

 

過干渉というのは、過剰干渉を略したものです。
つまり、干渉しすぎることを過干渉と言います。
子育て以外でも仕事や人間関係で使われる言葉です。

 

 

私は思春期の子育てアドバイザーという立場なので、
今回は子育てを例に解説します。

 

 

例えば子どもがテストで悪い点数を取ったら、
「次はもっと良い点数を取れるように勉強しなさい」
と言うと思います。

 

 

親として当然ですよね。
「勉強しなさい」と言うことは過干渉ではありません。
ただ1度言っただけですぐに言うことを聞く子は少ないと思います。
そこで親は繰り返し言うわけです。

 

 

すると少しずつ子どもがイライラし始め、
どこかのタイミングで爆発して親に反発します。
そこまできたら「過干渉」と言えるわけです。

 

 

子育てをしていくうえで、干渉することは大事なことです。
ただそれをやりすぎてしまうと過干渉になり、
子供はどんどん荒れていくのです。

 

悪いのは親?それとも言うことを聞かない子供?

イライラする親

一昔前までは、

それほど過干渉という言葉は、
使われておりませんでした。

 

 

なぜなら少し親が「勉強しなさい」と言えば、
しぶしぶながら子どもは、
言うことを聞いたのです。

 

 

しかし今は親の言うことを聞かない子が増えています。
すると「もっと厳しく言わないと言うことを聞かないのではないか?」
と勘違いしてしまうわけです。

 

 

そして言うことを聞かせるために
さらに子どもを干渉してしまうのです。

 

 

では過干渉は子どもを干渉しすぎてしまう、
親が悪いのでしょうか?
もちろん親がそこで我慢できれば過干渉にはならないので、
親が悪いという考え方もできると思います。

 

 

しかし私は親だけが悪いとは思えません。
なぜならお父様お母様は「子どもを良くしたい」という気持ちで、
子どもを干渉しているだけだからです。

 

 

ただそのやり方(具体的には順序)を間違えているため、
どんどん子どもは親の言うことを聞かなくなり、
過干渉レベルも悪化していくわけです。

 

 

言い換えるなら、
子どもを干渉する正しいやり方(順序)を理解すれば、
誰も過干渉で悩むことはなくなるのです。

 

 

※この手順については後程紹介する
思春期の子育て講座(無料)でお伝えしています。

 

チェック①無気力or毎日イライラしていませんか?

無気力な子供

過干渉の子育てをすると、

子供はどういった正確になっていくのでしょうか?

 

 

その子がもともと持っている気質や、
生活環境などによって変わってくるのですが、
主にこの2つの性格が表れてきます。

 

 

もしこのどちらかの正確になっていたら、
過干渉になりかけている可能性があるので、
早めに対策をしていきましょう。

 

性格①無気力で将来に夢や希望が持てなくなる

最初は無気力タイプです。過干渉は言い換えると
親が子どもをコントロールしすぎる行為です。
悪化すると子どもは
「どうせ僕の人生はお父さんに決められるんだ」と感じます。

 

 

すると自分の人生に希望が持てなくなるため、
どんどん無気力になっていきます。
希望が無くなるため、勉強や部活もやらなくなり、
部屋に引きこもりゲーム依存になるのです。

 

 

性格②毎日イライラし、親に暴言や暴力をする

もう一つはイライラタイプです。
自分をコントロールしようとする親に対して、
怒りや憎しみを持ってしまうのです。
すると家の中で暴れたり、親に暴言を吐きます。

 

 

この行為は自分の人生を取り戻そうとして、
行っています。心の中では
「俺の人生は俺に決めさせろ」
という想いで暴れているのです。

 

 

 

チェック②恋愛や友達作りが苦手な性格になっていませんか?

怒りっぽい子ども

過干渉の子育てをしていくと、

無気力タイプやイライラタイプのどちらか
なっていくのですが、
実は二次災害が起こります。

 

 

それは恋愛や友達作り
苦手になってしまうのです。
どういうメカニズムか説明します。

 

 

過干渉の子育てをすると、
子供は親を信じらられなくなります。
子供にとって、本来親というのは
この世で最も信頼できる存在です。

 

 

その親を信頼できなくなるというのは、
人間を信頼できなくなるということです。

 

 

彼氏や彼女ができても、
常にその人に裏切られるような気持ちでしか、
接することができなくなるのでうまくいかなくなります。

 

 

友達を作ろうと思っても、
そもそも同級生の子を信頼できないため、
どこかで必ずトラブルが起きます。

 

 

一度トラブルが起こると「やっぱり信頼できない」となるため、
その子とは口を聞かなくなるのです。
実は二次災害の方が影響は大きいのです。

 

【まだ間に合う】子供への向き合い方を変える方法

思春期の子育てメール講座

ではどうしたら、

過干渉を辞めることができるのでしょうか?
最初に意識してほしいのは、
自分を責めすぎないことです。

 

 

上にも書きましたが、
あなた自身はお子さんのことを想って、
いろいろ言ってしまうのだと思います。
だからあなただけが悪いわけではないのです。

 

 

そこまであなたを追い詰めてしまった家族や
偏差値至上主義を浸透させた社会、
正しい子どもへの接し方を伝えられていない教育者(私)
にも責任があるのです。

 

 

むしろこうして自分で解決策を調べ、
改善に向けて前進していることはすごいことだと思います。
その気持ちがあればきっと変わることはできると思います。

 

 

現在は私は、
過干渉を辞めたくても辞められないお父様お母様向けに、
思春期の子育て講座というものを無料で配信しています。
この講座では、

 

 

  • 上手に自分の気持ちをコントロールし過干渉を辞める方法
  • 思春期の子どもが喜ぶ親の接し方
  • 不登校やスマホ依存、激しい反抗期の改善ステップ

 

 

などについて詳しくお伝えしています。
無料で受講できますのでよかったら参考にしてみてください。

 

 

【必読】不登校とスマホ依存の解決策

 

次のページでは、

過干渉に育ててしまうと、
子どもが陥りやすい2つの問題について
原因と解決策をお伝えします。

 

 

過干渉が悪化し子どもが部屋に引きこもると、
次第に学校に行けなくなります。
これが不登校状態です。

 

 

仮に過干渉を辞めても、
一度不登校に陥ると専用の改善ステップを
進めていかないといけません。
こちらについて解説します。

 

 

 

 

またスマホ依存も過干渉の子育ての代償です。
全員が全員そうではありません。
正常な子育てをしていても現代の子は多少スマホ依存になります。

 

 

ただスマホやゲームを辞められず、
昼夜逆転生活に陥っているなら、
過干渉の可能性が高いです。

 

 

 

動画で解説!!過干渉に育てられた子供の性格の詳細編

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

過干渉な親の子供の性格<<無気力や恋愛下手になる?>>記事一覧

母親向け<<過干渉のチェックリスト>>やめたい悩みを解決

チェックリスト 過干渉チェックのページ内容ここでは、自分自身の過干渉レベルをチェックする方法について解説します。子どもに対して過干渉に接すると、不登校や引きこもり、スマホ依存などの問題行動を起こすようになります。ただ多くのお父様お母様は、自分が過干渉かどうか判断できません。そこでこのページでは、7個の質問に答えるこ...

≫続きを読む

過干渉な親との付き合い方<<特徴と対処法>>

過干渉の親 過干渉の親との付き合い方のページ内容先日こんな相談を頂きました。※プライバシー保護の関係で内容の一部を変更しております。道山先生こんばんは。私のお母さんはいつも勉強しろとか早く風呂に入れとかガミガミ言ってきます。私はそれにイライラして、先日携帯をお母さんに投げて怪我をさせてしまいました。そこまでする...

≫続きを読む

中学生の勉強方法TOPに戻る


この記事を書いた人

道山ケイ
思春期の子育て子育てアドバイザー。

親を変えることで、子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000組の親子をサポートし、約7割の親子関係が良好に変化。元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。

  • 暴言を吐き部屋に引きこもる子が、2ヶ月後のテストで90点UP
  • リストカットが酷く担任に自殺予告をした子が、1日で自ら勉強を始める
  • 勉強嫌いでスマホ依存の子が次のテストで5教科合計113点UP

など道山流で子どもに接すると成績が上がると話題になっている。元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。この体験から思春期子育て法を確立。見た目が弟っぽく母親から絶大な人気があり、定員170名の有料勉強会がすぐに満席になる。



TOP 定期テスト対策講座 不登校・反抗期対策法 運営会社