スクールカーストについて知りたい方へ

4月に話題になる!スクールカーストって何?

スクールカーストのページ内容

 

ここでは、
スクールカーストについて
解説します。

 

毎年、中学校や高校が始まる
4月になると話題となるのが、
スクールカーストです。
そもそもこれってなんでしょうか?

 

いじめとの違いや、
上位、下位、1軍、2軍、3軍
とは何かについて解説しました。

 

一歩間違うといじめにつながる可能性がある
危険な制度です。親ができる対応法も
併せてチェックしていただければと思います。


スクールカーストとは何か?

スクールカースト

スクールカーストとは、

クラス内で起こる上下関係のことです。
たとえば、クラスの中に元気で
やんちゃな子がいたとします。

 

 

こういった子達はクラスをまとめたり、
盛り上げたりすることがほとんどだと思います。
そういった子は1軍や上位と呼ばれます。

 

 

クラスの中で大人しめで
主張ができないタイプの子は、
2軍や下位と呼ばれます。
いじめられっ子は3軍と呼ばれることもあります。

 

 

私が教師時代、
スクールカーストという言葉は
ありません使われていませんでした。

 

 

1軍2軍と決められていて、「お前2軍団だろ!」
という言葉も出ていませんでした。

 

 

ただ、クラス全体を見ると、
やはりやんちゃな子のグループ、
大人しい子のグループ
といったグループ編成はありました。

 

 

これは集団心理によって起こる現象で、
学校だけでなく職場やクラブチーム、
部活動などでも、起こることがあります。

 

 

「人数が多い所では、自然にそういった構図になる」
ということです。

 

 

上位(1軍)と下位(2軍、3軍)の子どもの特徴

上位

上位や1軍と呼ばれている子、

下位や2軍3軍と呼ばれている子には
どういった特徴があるのでしょうか。

 

 

まず上位については元気な子が多く、
自己主張をはっきりする子が多いです。
どちらかというとやんちゃなタイプの子が多かったり、
リーダータイプの子もいます。

 

 

リーダーの取り巻きの子達も
クラスの全体で見たら、上位や
1軍と呼ばれるところに所属することになります。

 

 

1軍や上位が良いわけではなく、
そういう子たちが
そのように見られているだけ
だということを考えてください。

 

 

次に下位や2軍、
3軍と言われる子達は大人しい子、
自己主張が苦手な子が多いです。

 

 

またいじめられてしまう子も、
そのように分類されることが多いです。

 

 

大事なことなので繰り返しますが、
下位や2軍、3軍が悪いというわけではありません。
ただスクールカーストという全体を見たときに
そのように言われることが多いというだけの話です。

 

【子ども向け】上位を目指す必要はあるのか?

上位を目指す

言葉の意味合いから、

上位は良い、下位は悪いという
イメージを持つかもしれません。
しかし、そんな事はありません。

 

 

つまり、あなたが友達から、
「2軍、3軍、下位」などと言われていても、
上位を目指す必要は無いと思います。

 

 

なぜなら、そもそも盛り上げ隊長や
リーダーシップができる人が偉い、
おとなしい子はえらくないというルールは
社会的にありえないからです。

 

 

元気な子達は元気な子達同士で
仲良くすれば良いですし、
大人しい子は大人しい子同士で
仲良くすればいい
わけです。

 

 

どちらが良いというわけではなく、
自分自身が一番居心地の良い子たちと
一緒にいれば学校生活は楽しくなります。

 

 

無理に元気なグループに入って
「上位と呼ばれたい」「1軍に入りたい」
と思う必要はありません。

 

 

むしろ自分の性格と合わない子たちと
一緒に居ようとすると疲れてしまいます。
仲の良い子と一緒に過ごすことが、
学校生活を楽しくする秘訣です。

 

【親向け】いじめに発展しそうなときのサポート法

いじめ

さて、ここからは、

お父さんお母さん向けの話です。

 

 

自分が上位グループと思っている子たちは、
下位グループの子を
「お前は下位グループなんだからこれやれ」
「お前二軍だろ」と馬鹿にすることがあります。

 

 

これが過度になってくると
いじめに発展しまう可能性があります。
これは絶対に許してはいけません。

 

 

そこまで来たら毅然とした対応を
していくことが必要なります。
この場合の対応方法として、
お父さんお母さんに意識してほしいことがあります。

 

 

それは、こういったことで
子どもが悩んだときに、
すぐに相談できる親子関係を作っておく
ということです。

 

 

お父さんお母さんとの関係が悪ければ、
子どもは何かに悩んだときに、
誰にも相談できなくなってしまいます。
すると、一人で悩むことになってしまいます。

 

 

そうならないように、
あらかじめ良い親子関係にしておきましょう。

 

学校の先生と連携することが、解決の最初のステップ

もし子どもが、下位、2軍と言われたことが理由で
学校に行きたくないと言っているなら、
まずは担任の先生に相談しましょう。

 

 

ひどい場合は、相手の親を呼んで
「二度とやらない」と、約束させましょう。

 

学校が始まる4月は特に注意しよう

スクールカーストの雰囲気は
4月に決まることが多いです。
雰囲気的に1軍や2軍が決まるため、
ゴールデンウィーク前後
子どもが悩み始めるケースが多いです。

 

 

この時期は特に、
子どもをチェックしてあげると良いと思います。
子どもが悩んでいたら早めに解決してあげましょう。

 

いじめを受けた時にすべき3つの対応法

いじめ

今回お伝えした内容を意識して、

良好な親子関係を作っておけば、
スクールカースト問題に悩むことはありません。

 

 

しかし、現時点で
いじめに悩んでいる子もいます。
子どもが「学校に行きたくない」と言っている、
「不登校になりそう」といったケースです。

 

 

その場合は、次のページで解説している
中学生のいじめの原因と解決法
を読んでみてください。

 

 

親としてどのようにサポートしていけば
良いのか詳しく書いているので、
解決の糸口が見えてくると思います。

 

 

 

 

また、あなたが現在小中高生で、
現在なかなか友達ができず悩んでいるなら、
以下のページで紹介している方法を
試してみてください。

 

 

心の底から信頼できる友達がいれば、
スクールカーストなんて気にならなくなるはずです!

 

 

 

いつでも悩みを相談してくれる親子になる方法

 

思春期の子育てメール講座

最後になりますが、現在私は、

思春期の子どもがいるお父さんお母さん向けに、
思春期の子育ての悩みや解決法について
お話する勉強会を、全国で開催しています。

 

 

ただ、距離の関係やタイミングが合わずに
会場まで来られない方もいらっしゃいます。

 

 

そこで、思春期の子どもに対する
細かい接し方を無料で解説する
講座を配信しています。

 

 

題して「思春期の子育て講座」です。
こちらの講座では、

 

  • 子育てにイライラしなくなる方法
  • スマホ依存を解決した後上手に勉強させる方法
  • 思春期の子どもの心理と上手な対応法

 

などを解説しています。無料で読める講座で、
今なら3980円で販売していた
思春期の子どもの問題行動解決マニュアル
も受講特典としてプレゼント中です!

 

 

良かったらこちらも参考に
していただけると嬉しく思います。

 

 

 

最近の教育ニュース一覧に戻る

中学生の勉強方法TOPに戻る


この記事を書いた人

道山ケイ 道山ケイのfacebook 道山ケイのline 道山ケイのtwitter 道山ケイのyoutube Amazonの著者ページ
思春期の子育てアドバイザー

親を変えることで、子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000組の親子をサポートし、約7割の親子関係が良好に変化。
  • 反抗期が激しく親と食事すらとらない子が、5教科合計481点獲得
  • 勉強嫌いでスマホ依存の子が、次のテストで5教科合計113点UP
  • 不登校だった子が学校に行けるようになり、5教科合計462点獲得
など道山流で子どもに接すると成績が上がると話題になっている。元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。この体験から思春期子育て法を確立。

子どもが自ら勉強するようになる方法を解説する「7日間で成績UP無料講座」には、これまで5万人以上の方が参加し、次のテストで5教科合計100点以上UPした子が続出している。
著書:高校受験 志望校に97%合格する親の習慣(青春出版社)