文法は解けるのに長文が解けない中学生へ

なぜ長文読解問題が解けないのか!?

効率良く長文読解を解く方法のページ内容

 

ここでは中学生向けに、
国語の長文読解問題のコツについて
解説していきます。

 

本が嫌いな子は特にそうなのですが、
長文読解問題がかなり苦手です。
逆に本が好きな子は何も勉強しなくても
すらすら解けてしまう中学生もいます。

 

では苦手な子と言うのは、どのように
長文読解問題の勉強をしていけばよいのか?
高校受験対策と定期テスト対策の違い
に焦点を当てて詳しく解説します!

 

苦手だからこそ早い段階から対策をして、
得意分野に変えてしまいましょう!


【国語の定期テストの点数を上げたい子必見】

 

長文読解以外にも国語の定期テストでは、
漢字、文法、古文など様々な分野から出題されます。
これらの詳しい勉強方法については以下のページで解説しています。
長文読解の対策をマスターした後にチェックしてみてください。

 

国語の定期テスト対策のページはこちら

なぜ読書が好きな子は無勉強で点数が取れるのか?

読書

あなたの周りに、

全く勉強をしていないのに国語でいつも
高得点を取っている子がいないでしょうか?

 

 

その子たちはどうして国語で点数が
取れるのかと言うと、長文読解問題で、
点数を取っているわけです。

 

 

そしてその子たちにはある特徴があります。
それは何かというと、「読書が好き」ということです。

 

 

なぜ読書が好きな子は国語の長文読解問題で
無勉強でも点数が取れるのかと言うと、
普段から本を読んでいると、

 

 

  • 文字を読む速度が速くなる
  • 接続詞などのパターンが自然に身につく
  • 作者や登場人物の気持ちが理解できるようになる

 

 

からです。
実際に中学校の国語のテストと言うのは、
接続詞や登場人物の気持ちを問う問題があります。
こういった問題にすらすら答えられるわけです。

 

 

その結果、わざわざ勉強しなくても、
国語の点数が上がってしまうのです。

 

 

定期テストにおける長文読解問題の勉強のコツ

定期テスト国語

ではもしあなたが、

読書が好きでなかったとしたら、
国語の定期テストで点数を取ることは
できないのでしょうか?

 

 

いえ、そんなことはありません。
詳しくは国語の定期テスト対策のページ
読んでいただくとわかると思うのですが、
きちんと勉強していけば誰でも点数が取れます。

 

 

また長文読解問題についても、
次の2つの対策をしっかり行うことで、
点数が取れるようになります。

 

長文読解問題の対策1 教科書の音読

最初にやってほしいのが教科書の音読です。
読書が好きな子は毎日読書をしているので、
自然に文章が早く読めるようになります。

 

 

ただあなたが読書が好きでないなら、
せめて学校のテストに出る教科書の文章を
繰り返し読んで頭の中に入れておくようにしてください。
これだけでテストの時に文章を読むスピードが上がります。

 

 

また接続詞などを問われる問題も
すらすら解けるようになるので、
そういった意味でも音読は効果的な勉強法です。

長文読解問題の対策2 学校の問題集の答えの暗記

もう一つやるべきことは、
学校の問題集の答えを暗記するという勉強です。
実際に中学校のテストと言うのは、
学校で使っている問題集と同じ問題が出題されます。

 

 

学校の問題集の答えを暗記しておくことで、
こういった問題が出てきたときに答えられるようになります。
普段読書をしていないあなたは、テストの長文を読んでも
登場人物の気持ちが理解できないと思います。

 

 

理解できないのであれば、その気持ちが書いてある問題集の
答えを丸暗記してしまえばよいわけです。
これできちんと点数が取れるようになります。

 

実際にこの2つの勉強法は、
私が中学生に直接指導して、
その多くが点数アップした方法ですので、
是非試してみてください。

 

 

高校受験に対しての勉強方法の奥義

国語

2章で説明した長文読解の勉強法

というのは、定期テストのみ通用する
勉強方法になります。

 

 

高校受験対策の場合、
また別の勉強方法になります。
なぜなら学校の教科書の音読をしたところで、
その文章がテストに出題されないからです。

 

 

では受験対策の場合はどのような勉強を
していったら良いのでしょうか?
具体的には次の2つの勉強がお勧めです。

 

受験の長文読解問題対策1 長文の解き方を覚える

実は長文読解というのは、
専用の解き方と言うのがあります。
例えば「それ」がさす言葉はどこに書いてあるか?
という問題の答えは、「それ」より前に書いてあるとかです。

 

 

国語と言うのはあくまでも人間が作った問題なので、
答えには必ずパターンがあるわけです。
長文読解問題が集まった問題集を繰り返し解くことで、
このパターンを理解することができます。

 

 

また最近では、このパターンが細かく解説された
長文読解の解き方の参考書なども売っています。
参考書や問題集を上手に活用にして、
解き方のパターンを覚えていくと点数が上がります。

受験の長文読解問題対策2 過去問を解く

この解き方パターンというのは、
それぞれの都道府県ごとにも傾向があります。
これを理解することで、都道府県の国語の長文読解と
その解き方パターンを理解することができます。

 

 

そこで最低でも3年、できれば5年くらいは、
公立なら都道府県の過去問、私立ならその学校の過去問を
解くようにしましょう。解き方パターンがわかれば、
文章の内容が多少理解できなくても点数を上げることができます。

 

実は高校受験の長文読解の解き方というのは、
中学校の実力テストの長文読解の解き方と同じです。

 

 

定期テストは基本的に学校で習った物語が、
テストに出題されると思います。
しかし実力テストやレベルの高い中学校の定期テストでは、
授業で習った物語や文章がそのまま出題されません。

 

 

この場合もここで説明した方法で、
解き方のパターンを覚えるようにしましょう。

 

 

どういった問題集を使って勉強するのが効果的?

問題集

では実際にどういった問題集を使って

勉強をしていくのが良いのでしょうか?
定期テストについては、
「これを使った方が良い」という問題集があります。

 

 

ただ高校受験対策については、
「これがおすすめ」と言うものはありません。
ありがたいことに現在書店で販売されている
長文読解が集まった問題集はかなり質が高いです。

 

 

だから書店に行って、
そういった問題集の中から自分に使いやすいものを
選んで解いていくだけでOKです。
ただ、2つだけ選ぶポイントがあるのでお伝えします。

 

①解説が詳しいものを選ぶ

ただ問題と答えだけが載っているものはやめましょう。
できるだけ解説が詳しいものを選ぶと良いです。
なぜなら解説の中に、
長文読解問題を解くコツが書いてあるからです。

 

 

高校入試専用の問題集でも、
定期テスト対策と書いてある問題集でもどちらでも大丈夫です。

②自分のレベルに合ったものを選ぶ

例えば中学生の子が、
東大に進学を希望している高校生向けの
問題集で勉強しても、さっぱり理解できないと思います。

 

 

さすがにここまで極端にHレベルな問題集を
選ぶ子は少ないと思いますが、
自分のレベルと異なる問題集を使って、
勉強をしている子が多いです。

 

 

普通に問題を解いたとき、
6割くらいできる問題集を選ぶと、
簡単すぎず、難しすぎないレベルだと思うので、
自分に合うレベルのものを使うようにしてください。

 

なお、定期テスト対策の問題集については、
「これを使った方が良い」と言うものがあります。
この問題集については次に解説している
成績UP無料メール講座の中で紹介しています。

 

 

合格率を3倍にする国語の入試勉強法

国語

これから高校受験に向かって、

勉強を頑張っていく中学生に、
是非チェックしていただきたいのが、
国語の高校入試対策のページです。

 

 

今回お伝えした長文読解法以外にも、
国語の偏差値を上げる上で大事な、

 

 

  • 漢字を効率よく暗記する方法
  • 文法で高得点を取るコツ
  • 古文や漢文の正しい勉強法

 

 

などについてまとめてあるからです。
高校受験を成功させるうえで、
長文読解は非常に大事です。
ただそれだけだと合格はできません。

 

 

このページを参考にしながら、
国語の点数そのものをUPさせてくださいね。

 

 

高校受験国語の勉強法に進む

 

他の教科の点数も大きくUPさせる道山流学習法

 

道山ケイの成績アップメール講座

ここまでにまとめた勉強法を

きちんと実践していただければ、
長文読解できちんと点数アップ
できると思います。

 

 

ただ定期テストでさらに点数を上げたり、
高校受験の合格率を上げるためには、
他の教科についてもしっかりと
勉強しないといけません。

 

 

これらの方法については、
以下のページで説明している
「道山流成績UP無料メール講座」の中で、
詳しく解説しています。

 

 

「国語の定期テストの長文読解対策」をするなら、
ぜひ使ってほしい問題集についても
こちらで解説していますので、
良かったら勉強してみてください!

 

 

※中学生にも保護者の方にも参考になると思います。

 

 

成績が上がる無料メール講座

 

動画で解説!国語の長文読解のコツ

 

勉強の仕方がわからない悩み一覧に戻る

中学生の勉強方法TOPに戻る


この記事を書いた人

道山ケイ 道山ケイのfacebook 道山ケイのline 道山ケイのtwitter 道山ケイのyoutube
思春期の子育て子育てアドバイザー

親を変えることで、子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000組の親子をサポートし、約7割の親子関係が良好に変化。元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。
  • 暴言を吐き部屋に引きこもる子が、2ヶ月後のテストで90点UP
  • リストカットが酷く担任に自殺予告をした子が、1日で自ら勉強開始
  • 勉強嫌いでスマホ依存の子が次のテストで5教科合計113点UP
など道山流で子どもに接すると成績が上がると話題になっている。元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。この体験から思春期子育て法を確立。見た目が弟っぽく母親から絶大な人気があり、定員170名の有料勉強会がすぐに満席になる。