奨学金の仕組みがわからない方へ

母子家庭でもお金を気にせず高校に進学する方法とは!?

奨学金のページの内容

 

ここでは、高校の奨学金制度
について詳しく解説します。

 

公立、都立、私立高校に通わせたいけど、
お金がなくて入学するのが厳しいと、
悩んでいないでしょうか?

 

実は奨学金をうまく活用することで、
ほとんどお金をかけなくても、
高校に進学することが可能です!

 

実際にいくらもらえるのか?申請方法は?
奨学金がもらえる条件や種類など、
中学3年生のお父さんお母さん向けにまとめました。


【道山流!高校受験対策の進め方】

 

高校受験を成功させるためには、
戦略が必要です。普通に勉強している
だけでは絶対に合格できません。
失敗しない進め方をお伝えします!

 

道山流の受験対策法に進む

返済不要の給付型と貸付型の2種類ある

奨学金

うちの家庭は母子家庭で、

経済的に厳しいため高校進学するのは
無理と悩んでいる方もいると思います。

 

 

しかし奨学金を申請すれば、
金銭的に厳しい状態であっても、
高校に進学することが可能です。

 

 

なぜなら奨学金には給付型との
2種類あって給付型は返済の必要がないからです。

 

給付型

国や地方自治体が補助してくれるお金で、
返済の必要がありません。
ただ収入などの条件によって、
もらえる金額が変わってきます。

 

 

公立(都立)高校の場合、
就学支援金(国)や給付型奨学金(東京都)
高校生等奨学給付金(東京都)などが該当します。

 

 

私立高校の場合、
就学支援金(国)や授業料軽減助成金(東京都)
などが該当します。

 

 

東京都以外の都道府県でも、
名前が違うだけで同様の奨学金があります。

貸付型

いずれ返済する必要がある奨学金です。
無利子のものと有利子のものがあります。

 

 

無利子のものには、
入学支度金(東京都)や育英資金(東京都)
などがあります。

 

 

有利子のものには、
学生ローンや企業が行っている奨学金があります。
名前は奨学金といわれていますが、
これは「借金」と同じです。

 

 

都立(公立)高校を目指すなら就学支援金

お金

では実際にどういったものを利用する
のが一番良いのでしょうか?
都立高校を目指す中学生を
例に出して説明します。

 

 

※奨学金の制度は日々変わっているため、
100%情報が正しい保証はできませんので、
その点のみご理解したうえで読み進めてください。

 

 

※他の都道府県でも、
基本的な進め方は同じです。

 

就学支援金

もっとも代表的な奨学金です。
都立(公立)だけではなく私立に
進学した高校生も活用できます。

 

 

1か月の世帯所得が、
30万4,200円未満の世帯のみ
給付される奨学金で、
通う学校の種類によって金額が異なります。

 

全日制課程 月額9900円(年額118000円)
通信制課程 月額2700円(年額32400円)
定時制課程 月額145円×履修単位数

 

 

※日々制度や金額は変わっているので、
詳しい詳細は地方自治体のホームページをご確認ください。

 

 

東京都就学奨学金のページ

 

高校生等奨学給付金

授業料を以外の教育費に対する奨学金です。
生活保護受給世帯や所得税非課税世帯
が対象になります。

 

 

  全日制、定時制課程 通信制課程
生活保護受給世帯 年額32300円 年額32300円
所得税非課税世帯 年額75800円 年額36500円

 

 

非課税世帯でも、
子どもが第二子以降だと、
年額129700円給付されます。

 

 

この2つ以外にも、
東京都の場合検定などを受けるための奨学金
(給付型奨学金)が年間3万円支給されます。

 

 

私立高校に進学するなら授業料軽減助成金

就学支援金

私立高校に進学する場合、

公立(都立)高校と同じで、
就学支援金が国から支給されます。

 

 

私立の場合、
この金額が世帯年収によって、
増額されます。

 

年収590万円以上910万円未満 年額118800円(月額9990円)
年収350万円以上590万円未満 ~年額178200円(月額14850円)
年収250万円以上350万円未満 ~年額23万7600円(月額19800円)
年収250万円未満 ~年額29万7000円(月額24750円)

 

 

授業料軽減助成金

東京都の場合、
就学支援金以外に、
授業料軽減助成金というものがあります。

 

 

※東京都以外の都道府県でも、
同様の助成金があると思うので、
一度地方自治体にお問い合わせください。

 

 

東京都に住んでいる私立中学校に
通っている生徒がいる家庭が対象に
なるのですが、

 

年収590万円以上760万円未満 年額32万3200円
年収350万円以上590万円未満 年額26万3800円
年収250万円以上350万円未満 年額20万4400円
年収250万円未満 年額14万5000円

 

 

就学支援金は、
世帯年収が低いほどたくさんもらえるので、
その分こちらの助成金は世帯年収が高いほど
たくさんもらえます。

 

 

つまり、世帯年収額760万円を超えなければ、
就学支援金+授業料軽減助成金の合計は、
どの家庭でも44万2000円になるということです。

 

奨学給付金

東京都に在住する家庭で、
生活保護受給世帯と所得税非課税世帯
が対象になるのですが、
授業料以外の教育費に対する助成金です。

 

 

生活保護受給世帯 年額5万2600円
所得税非課税世帯 年額8万4000円

 

 

※日々制度や金額は変わっているので、
詳しい詳細は地方自治体のホームページをご確認ください。

 

 

東京都私立高校向け奨学金のページ

 

 

申請方法は地方自治体に問い合わせる

申し込み資料

今回は、

最も閲覧者が多い東京都を例に、
奨学金制度をまとめました。
基本的にどの都道府県でも、
奨学金の考え方は同じで、

 

 

  • 国からの奨学金
  • 地方自治体からの奨学金

 

 

を合わせた金額になります。
高校に進学した4月のタイミングで、
申請ができる仕組みなのですが、
予め調べておくことをお勧めします。

 

 

というのは、
思った以上に奨学金がもらえなかった!
ということが起きると後で困るからです。

 

 

地方自治体に問い合わせたり、
「都道府県名+高校+奨学金」
などと検索すると出てくるので、
一度ご自身で調べていただけると良いかと思います。

 

 

なお今回上記の記述は、
東京都私学就学支援金センターの方や
東京都教育委員会の方にお話を伺いながら
作成したのですが、

 

 

万が一間違いなどがあれば、
連絡を頂けると助かります。
できるだけ速やかに修正させていただきます。

 

 

無料で通いたいならずば抜けた成績を取る

 

道山ケイの成績アップメール講座

ここまでお伝えしたことを活用すれば、

お金がないという理由で高校進学を
断念することはなくなると思います。

 

 

ただもっとお金をかけずに、
高校進学することができたら、
お父さんお母さんへの負担
減らすことができますよね?

 

 

その場合、

 

 

  • スポーツ推薦
  • 学力推薦

 

 

などを使って私立高校に
進学するのがお勧めです。
実力や学力によっては、
学費全額免除などもあり得ます。

 

 

学力推薦であれば、
以下で説明している道山流学習法
を使えばだれでも獲得できると思うので、
よかったら親子で実践してみてくださいね。

 

成績が上がる無料メール講座

 

【動画で解説】高校入試の奨学金制度の詳細編

 

高校受験で失敗しない方法一覧に戻る

中学生の勉強方法TOPに戻る


この記事を書いた人

道山ケイ 道山ケイのfacebook 道山ケイのline 道山ケイのtwitter 道山ケイのyoutube
思春期の子育て子育てアドバイザー

親を変えることで、子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000組の親子をサポートし、約7割の親子関係が良好に変化。元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。
  • 暴言を吐き部屋に引きこもる子が、2ヶ月後のテストで90点UP
  • リストカットが酷く担任に自殺予告をした子が、1日で自ら勉強開始
  • 勉強嫌いでスマホ依存の子が次のテストで5教科合計113点UP
など道山流で子どもに接すると成績が上がると話題になっている。元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。この体験から思春期子育て法を確立。見た目が弟っぽく母親から絶大な人気があり、定員170名の有料勉強会がすぐに満席になる。