中学生で登校拒否になってしまった方へ

子どもが登校拒否になってしまう本当の原因とは!?

登校拒否の原因のページの内容

 

ここでは、
中学生が登校拒否になる理由について解説します。

 

登校拒否は不登校が悪化してしまったものです。
家を出るときに体が拒否反応を起こしてしまう状況
です。

 

どうしてこの状況になるのかというと、
実は親だと気づかないある原因があります。

 

特に中学生は思春期という年齢なので、
よりそういった原因がきっかけなりやすいのです。
その原因とは!?


【登校拒否と不登校は紙一重です!】

 

登校拒否と不登校の違いについては理解していますでしょうか?
症状こそ多少違えど、根本的な原因はほとんど同じです。
もしお子さんが登校拒否状態であれば必ず下記のページから、
不登校の原因についても理解しておいてください!

 

こちらのページをご覧ください!

幼少期の出来事がフラッシュバックする

幼少期

例えば、幼少期に何らかの原因で、

人に暴力を振るわれたことがあるとします。

 

 

中学生は、人生の中でも
かなりストレスがたまりやすい時期で、
暴力を振るってしまうことも良くあります。

 

 

そこで、クラスの中でも
日常茶飯事で喧嘩が起こります。
こういった喧嘩(暴力)を見たときに、
過去に自分が受けた暴力が
フラッシュバックすることがあります。

 

 

すると、中学校に行くとあのときの辛い思い出が
蘇るのではないかという恐怖を持ってしまいます。
すると、登校拒否状態になってしまうのです。

 

 

中学生=心が不安定な時期

イライラ

小学校までは普通に学校に行けていたのに、

中学校になった途端、登校拒否になってしまった。
これには様々な理由があるのですが、
その理由の一つに中学生という時期も関係しています。

 

 

思春期のちょうど半ばに当たる中学生は、
とにかく心が不安定になりやすいです。

 

 

ちょっとしたことで、
友達から嫌われるんじゃないか
という不安が襲ってきたり、
ちょっとしたことでイライラしてしまいます。

 

 

こういった心の不安定さがきっかけとなって、
登校拒否になることがあるわけです。

 

 

最も比べられやすい時期

兄弟

登校拒否になってしまう子どもで多いパターンが、

お兄ちゃん、お姉ちゃんが優等生という状況です。
中学生というのは、人生で初めて
自分の能力が他人と比べられます。

 

 

小学校までは、
テストで順位が付くことはありませんでした。
それが中学校になると、
1位からビリまで順位が付きます。

 

 

この順位を元に、
高校が振り分けられるようになります。

 

 

兄弟の成績が自分よりもすごかった場合、
親は知らないうちに兄弟を比べてしまいます。
成績が悪い子どもは、意識していなくても
「自分はできそこないだ」という劣等感を持ってしまいます。
これがトラウマとなって、登校拒否になることも多いです。

 

 

過去の辛い思い出が急にフラッシュバックすることも!?

 

フラッシュバック

人間の脳みそは、辛い出来事を

すぐ忘れるように出来ています。
ただ、本当に辛い出来事が起こると、
それは頭の中に残ってしまいます。

 

 

基本的にそういった辛い出来事は、
脳みその奥深くに残るのですが、
あるとき急に出てくることがあります。
これがフラッシュバックです。

 

 

例えば昔親に虐待されたとか、
目の前で交通事故が起きたとか、
家事で親しい人を亡くしてしまったとか、
そういった命に関わるような出来事があると、
フラッシュバックを引き起こすことがあります。

 

 

もしそうなってしまったら、
無理に学校に投稿させようとせず、
長期的に見守っていきましょう。

 

 

道山流!!登校拒否の解決策とは!?

通学

ここまで、登校拒否に

なってしまう原因について
解説してきました。

 

 

原因を解消しない限り、
子どもは学校に行くことが
できない
と思います。

 

 

まずは学校に行けない原因を取り除き、
愛情バロメータを上げて、
子どもの安心させてあげてください。

 

 

そうすることで子どもは、
自然と学校に行こうという
気持ちが出てくる
と思います。

 

 

ただそこで対応を間違えてしまうと、
悪化して引きこもりになってしまう事もあります。

 

 

そこで次のページでは、
登校刺激の与え方とタイミング
について解説していきます。

 

 

上手くサポートをしてあげることで、
子どもはきちんと投稿できるようになるので、
ぜひ参考にしてみてください!

 

 

 

道山流!愛情バロメータを急上昇させる方法

 

思春期の子育てメール講座

登校拒否の原因について、
理解していただけましたでしょうか?

 

 

なかなか受け入れ難いこと
あると思いますが、

 

 

私が今までにたくさんの
登校拒否生徒をサポートしてきて
わかった結論ですので、
参考にして頂けると幸いです。

 

 

じゃあ具体的な解決策は、
どのように進めて行ったら良いのでしょうか?

 

 

まず今すぐできる対応策については、
登校拒否の対応策のページにまとめてあるので、
まずはこの方法を試して見てください、

 

 

またこの方法で解決できない場合、
愛情バロメータを上げていくということが、
必要になります。

 

 

子供の親に対する愛情不足が解消されると、
心のストレスが取れるため、
自然な形で登校拒否が解消されて行くのです。

 

 

愛情バロメータを上げる方法については、
こちらで詳しく解説していますので、
よかったら参考にして見てください。

 

 

思春期の子育てメール講座

 

動画で解説!!登校拒否の原因

 

登校拒否のの子供への対応に戻る

中学生の勉強方法TOPに戻る


この記事を書いた人

道山ケイ 道山ケイのfacebook 道山ケイのline 道山ケイのtwitter 道山ケイのyoutube
思春期の子育て子育てアドバイザー

親を変えることで、子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000組の親子をサポートし、約7割の親子関係が良好に変化。元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。
  • 反抗期が激しく親と食事すらとらない子が、5教科合計481点獲得
  • 勉強嫌いでスマホ依存の子が、次のテストで5教科合計113点UP
  • 不登校だった子が学校に行けるようになり、5教科合計462点獲得
など道山流で子どもに接すると成績が上がると話題になっている。元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。この体験から思春期子育て法を確立。

子どもが自ら勉強するようになる方法を解説する「7日間で成績UP無料講座」には、これまで5万人以上の方が参加し、次のテストで5教科合計100点以上UPした子が続出している。