友達ができないと悩んでいる中学1年生へ

簡単に友達ができるコツを元中学校教師が解説します

入学式で友達を作る方法についての相談内容

友達の作り方がわからない中学生から相談が来ました!

 

明日から中学校に本格的に登校し始めるわけですが、

僕の小学校から今の学校進学するのは僕を入れて20人だけです・・・。
ですので、周りも皆ほとんど知らない人です。
どうしたら仲良くなれますか?

 

 

話しかけたいけどなかなか勇気が出ません…。
どうやって声かけたらいいのか。
それに、僕以外は8割くらいが
同じ小学校の人なので、なかなか話しかけづらいです…。

 

 

再来週には「新入生体験学習」というのがあって、
2泊3日の旅行があるのですが、
それまでにクラスのみんなと仲良くなりたいです。

 

中学校でも高校でも大学でも、
新しい環境に変わるというのは勇気のいることだと思います。
ではこういった時はどのように進めて行ったら、
友達をスムーズに作ることができるのか?

 

 

私が子どもたちにアドバイスしてきた
入学式で行うべき3つの方法を解説します。

 

入学式で友達ができない本当の理由とは?

中学校の入学式

そもそもどうして多くの子が、

入学式でなかなか友達ができないのでしょうか?
一番の理由は「アクション不足」です。

 

 

基本的に中学校でも高校でも大学でも、
入学式と言うのは多くの子が、
周りに知っている人が少なく、
緊張している状態です。

 

 

仮に同じ学校だった友達がいたとしても、
知らない人が何人かいたらそれだけで緊張します。
こういった状態と言うのは、実は最も友達が作りやすい状態です。
なぜなら勇気を出して話しかければ誰でも話してくれるからです。

 

 

もし友達ができずに悩んでいるとしたら、
一番の原因は「近くの子に話しかけていない」
と言うことになります。

 

 

【友達作りのコツ1】前後の席の子に挨拶をしよう

高校の入学式

ポイント1で説明したように、

入学式と言うのは最も友達を作りやすい環境です。
そこで友達ができないというのは、
ただ話しかける回数が少ないだけです。

 

 

でももしかしたらあなたは、
「そんなこと言っても勇気が出なくて」
と感じているかもしれません。

 

 

もし勇気がなくて話しかけることができないのであれば、
まずは前後の人に挨拶をするようにしてみてください。
挨拶というのは勇気がなくてもできます。
むしろ朝会ったのに挨拶しないのは逆に失礼な行為です。

 

 

挨拶をして無視されることは99%あり得ないので、
まずは朝と帰りに挨拶をしてみる所から、
始めてみてください。

 

 

【友達作りのコツ2】出身小学校と部活の話をしよう

入学式

もし挨拶をして、

相手も返してくれたらチャンスです。
すかさず会話を広げていきましょう。

 

 

会話を広げるときは、
次の2つの方法がおすすめです。

 

 

会話の広げ方① 出身校の話

例えば新中学1年生であれば、
「どこの小学校出身なの?」と質問してみてください。
必ずどこかの小学校出身なので、
必ず返してくれる質問です。

 

 

もし「A小学校出身だよ」と話してくれたら、
「そうなんだ!僕はB小学校の山田だよ。よろしくね」
と言ってみてください。これで必ず仲良くなれます。

 

 

ちなみに高校の入学式であれば、
出身中学校を質問すればよく、
大学の入学式なら出身地を聞けば良いです。

会話の広げ方② 部活の話

出身校の交換をしたら次は部活の話をしましょう。
「小学校ではどんな部活をやっていたの?」
「この中学校で入る部活ってもう決めた?」
という感じで質問すれば良いです。

 

 

中学生にとって部活と言うのは、
学校に来る目的と言っても過言ではないくらい
大切なものになります。
その話をすることで必ず仲良くなれます。

 

 

相手の子が答えてくれたら、
「そうなんだ。僕は小学校からサッカーをやっていて、
中学校でもサッカーをやろうと思っているんだ」
と言えば会話が広がります。

 

 

高校生も同じように部活の話ができますし、
大学生ならサークルの話をすれば良いです。

 

 

中学生も高校生も新しい友達が欲しいのはみんな同じ!

小学校の入学式

最後に一つ大事なことをお話しします。

基本的に友達ができないと悩む多くの子は、
「もし嫌われたらどうしよう」とか
「もし話しかけて無視されたらどうしよう」
という不安があるため話しかけることができません。

 

 

ただこれは完全な思い込みで、
多くの子たちはあなたと同じように、

 

 

「友達できるかな?」
「誰か話しかけてくれないかな?」
と不安に感じているわけです。

 

 

つまり入学式というのは、
話しかけたら嫌われるどころか相手に感謝をされるわけです。
これほど友達を作る良い機会は他にはないと思います。
是非勇気をもって近くの子に話しかけてみてください。

 

 

「友達ができた」という成果報告をいただきました!

この記事を読んで実際に入学式の時に
勇気を出して声掛けをしてくれた子が、
こんな成果報告を送ってくださいました。

 

 

先生!
今日の朝、勇気を出して挨拶したら、
みるみる話が盛り上がって友達になれました!

 

 

僕の高校は女子と男子の割合が3:1ほどで、男子が少ないです。
ですので今日1日でクラスの男子達と友達になることができました!
本当にありがとうございます。
月曜日に学校行くのが楽しみです!

 

友達ができた成果報告

この報告をくれた方は、

私を信じて普段から私のメルマガやブログを
読んでくださっている方です。
だからこの話が信じられたのかなと思います。

 

 

本当に私を信じて行動してもらえれば、
必ず友達はできると思いますので、
まずは少しだけ勇気を出してアクション
してみてください。

 

 

最初に少し勇気を出すだけで、
その後の学校生活がすごく楽しくなると思いますよ!

 

勉強についていけなくなる前に正しい勉強方法を学ぶ方法

 

道山流学習法

上記の方法で友達の問題を解決したとしても、

ほっとしている時間はありません。
なぜなら中学校はすぐに定期テストがあるからです!
油断をしていると今度は勉強についていけなくなります。

 

 

そうなってしまってからでは遅いですよね?
でも安心してください。

 

 

あなたがきちんと勉強についていけるように、
今回私は、中学生とその保護者向けに、
正しい勉強の仕方を解説する成績UP無料メール講座
というものを用意しました。

 

 

これを読んでいただければ、
効率良く成績を上げる方法がわかるので、
授業にきちんとついていけるようになります!
親子で一緒に読んでみてくださいね。

 

成績が上がる無料メール講座

 

動画で解説!!入学式で友達を作る方法の詳細編

 

中学生の悩み相談一覧に戻る

中学生の勉強方法TOPに戻る


この記事を書いた人

道山ケイ 道山ケイのfacebook 道山ケイのline 道山ケイのtwitter 道山ケイのyoutube
思春期の子育て子育てアドバイザー

親を変えることで、子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000組の親子をサポートし、約7割の親子関係が良好に変化。元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。
  • 暴言を吐き部屋に引きこもる子が、2ヶ月後のテストで90点UP
  • リストカットが酷く担任に自殺予告をした子が、1日で自ら勉強開始
  • 勉強嫌いでスマホ依存の子が次のテストで5教科合計113点UP
など道山流で子どもに接すると成績が上がると話題になっている。元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。この体験から思春期子育て法を確立。見た目が弟っぽく母親から絶大な人気があり、定員170名の有料勉強会がすぐに満席になる。