生物、物理、化学、地学全ての分野で使える成績UPテクニック

理科が苦手というのは勘違い!!誰でも高得点が取れる方法があります

中学理科の勉強方法のページの内容

 

ここでは、
中学生の理科の勉強方法を解説します。

 

理科の定期テストで、
高得点を取ることは誰でもできます。
なぜなら、5教科の中で、
最も努力が結果に結びつく教科だからです。

 

今定期テストの点数があがらず悩んでいたら、
勉強の仕方を間違えているだけです。
やり方を変えればすぐに点数UPできるでしょう。

 

元中学校の理科教師だからこそ伝えられる、
確実に90点以上取れる勉強法をまとめました。


中学理科の勉強方法の基本は学校の問題集!

理科

【ステップ① 0点⇒60点】

 

「理科の勉強方法を教えてください!」
こういった相談をよくいただきます。

 

 

私は元々公立の中学校で、
理科教師をしていた身なのでわかるのです、
正直、勉強方法は非常にシンプルです。

 

 

ひたすら学校の問題集を解くのみだからです。

 

 

中学1・2年生の子のように、
正しい勉強の仕方がわからない子ほど、
そんなんで成績が上がるはずがないと、
思われるかもしれません。

 

 

でも安心してください。
本当に、これだけで高得点が取れます。

 

 

もちろん、授業を聞いただけで、
学校の問題集を完璧にできる子は非常に少ないです。
そこで大事なことは、

 

  • ワークは何度も解くこと
  • わからない問題は質問すること

 

です。
とりあえずワークを1度解いてみる。
できなければ、質問して疑問を解決し、
2度目、3度目とやり直してみる。

 

 

こういった作業を繰り返していくと、
少しずつできるようになっています。
どんな子でも5回くらいやれば、
絶対に解けるようになるでしょう。

 

 

まずは学校の問題集が、
スラスラ解けるようになりまで、
繰り返し解いていきましょう。

 

【より短時間で理科の問題集を頭に入れるポイント】

 

①オレンジペンで答えを書いて、赤下敷きで隠す

問題集と答えをただ眺めているだけでは、頭に入ってきません。
そこで、問題集に答えをオレンジペンで書き込んで、
その上に赤下敷きを載せてみましょう。文字が消えるはずです。
このように、回答を隠しながら繰り返し解いていきましょう。

 

②最初は書かない

赤下敷きで回答を隠した後、
いきなりノートに書き込んでいってもいいのですが、
実はこの方法だと、覚えるのに時間がかかります。

 

そこで、最初はノートに書かずに、
隠した答えを口に出して覚えるようにしましょう。
そのほうが、時間がかからずに覚えることができます。

 

【小学生にも理解してほしい】わからない問題の対方法

ダメ

【ステップ② 60点⇒80点】

 

動物、植物、化石の分野など、
覚えるだけで解ける問題は、
繰り返し解いていくだけでOKです!

 

 

ただ、化学反応式や濃度、密度などの、
計算する必要がある分野は、
ただ繰り返し解いているだけでは
解けるようになりません。

 

 

しっかりと解き方を理解する必要があるからです。
そこで、もしわからない問題に出会ったときは、

 

  • 学校の先生
  • 家庭教師の先生
  • 勉強が得意な友達

 

などに教えてもらいましょう。
定期テストで60点くらいは取れるに、
80点までは取れないという子の多くは、
わからない問題を捨てています。

 

 

こういった問題をきちんと解けるようにすることで、
すぐに80点まで上がります。

 

 

できれば小学生のうちから、
わからない問題は誰かに質問する癖をつけておくと、
中学生になってからの勉強が楽です。

 

 

回答や解説を見てわからないからと言って、
その問題を捨ててしまわないようにしましょう。

 

受験勉強にもなる!理科で高得点を狙う他の問題集勉強法

勉強

【ステップ③ 80点⇒95点】

 

学校の問題集を5回ほど繰り返せば、
70点くらいは取れると思います。
ただ90点以上を狙うのであれば、
応用力をつけないといけません。

 

 

応用力なんて付かないよ・・・
と思うかもしれないのですが、
応用力って特別な力ではありません。

 

 

いろいろな種類の問題を解くだけで、
つけることができます。

 

 

そこで、学校以外の問題集を
1冊用意しましょう。たとえば、

 

  • 塾の問題集
  • 家庭学習の問題集
  • 書店に売っている問題集

 

などです。
学校の問題集をマスターした後に、
こういった問題集を解くことで、
応用問題も解けるようになります。

 

 

なお、この勉強方法は受験対策にもなります。
現在中学3年生の子にとっては、
志望校の合格率も上がるため、
一石二鳥です!

 

【理科の問題集を選ぶ時の2つのポイント】

 

①答えが右側にまとまっているものを選ぼう

文章の中で穴埋め時に回答していく問題集よりも、
回答が右側にまとめられている問題集を選んだほうがいいです。
なぜなら右側を白い紙で隠してしまえば、
それだけで繰り返し問題を解くことができるからです。

 

わざわざオレンジペンで答えを書いて、
赤下敷きで隠しながら覚える必要が無くなるので、
勉強効率が大幅にアップします。

 

②自分の学校のレベルに合った問題集を選ぼう

学校によって、定期テストのレベルは異なります。
そこまでレベルが高くない学校であれば、
簡単な問題集で勉強しても成績は上がります。

 

しかし、レベルが高い学校だと、
少しハイレベルな問題集を使って勉強していかないと
成績は上がりません。

 

書店に売っている問題集の中でも、
私立高校の入試問題が載っているような、
レベルの高いものを使って勉強しましょう。

 

【応用】記述問題の対策を進めると、さらに高得点獲得

記述問題

ここまでに解説したステップで勉強していけば、

誰でもすぐに90点以上獲得できると思います。

 

 

ただもし、このステップを実践しても
高得点が取れないなら、
テスト問題の中に「記述問題」が含まれていて、
そこを落としてはいないでしょうか?

 

 

  • レベルの高い公立中学校
  • 私立中学
  • 中高一貫校

 

 

などでよくあるパターンなのですが、
解答を記述式で書かないといけない場合、
勉強方法を工夫する必要があります。

 

 

そこで次のページでは、
理科の記述問題の書き方と覚え方のコツ
について解説しました。

 

 

理科のテストでさらに高得点を取りたいという場合、
こちらの記事も参考に記述問題対策をしてみて下さい。
すぐに点数UPできるはずです。

 

 

 

 

また、最近の理科のテストは、
時事問題を出題する学校も多いです。
そして、ここを対策していないと、
10から20点ほど落としてしまいます。

 

 

でも、安心してください。
時事問題は1時間あれば点数を取れます。
そこで次のページでは、
理科の時事問題対策法について解説しました。

 

 

よかったらこちらも参考にして、
90点以上取れるようにがんばりましょう。

 

 

 

高校入試対策と定期テスト対策の違いとは!?

高校入試

理科の場合、

定期テスト対策の勉強方法はそのまま、
高校入試対策にも使えます!

 

 

というのは、
高校受験本番のテストも、

 

  • 語句を覚えているかどうか
  • 計算問題が解けるかどうか

 

の2つで点数が決まるからです。
これは、定期テストと同じですよね。

 

 

つまり、高校入試に出題される問題は、
定期テストよりも範囲が広いだけ
なので、
勉強方法は変わらないのです。

 

 

とはいえ、細かいテクニックもあります。
この当たり前で押さえておくと、
志望校の合格率は大きく上がります。

 

 

そこで次のページでは、
理科の高校入試対策法について詳しくまとめました。
中学2,3年生の子の場合、
この方法で勉強すればすぐに偏差値が上がると思いますよ。

 

 

 

【おすすめ】効率の良い英語の勉強方法とは?

英語

定期テストは、

5教科の合計点で決まります。
そこで理科の勉強法をマスターした後、
一緒に進めてほしいのが英語です。

 

 

なぜなら、英語は苦手な子が多いので、
ここで点数を取ることができると、
テストの順位が大きく上がるから
です。

 

 

そして、あるポイントを押さえて勉強すれば、
英語の点数は簡単に上がります。
そこで次のページでは、
定期テストの英語勉強法についてまとめました。

 

 

一度やり方をマスターしてしまえば、
毎回90点以上を取ることも可能な、
超効率的勉強法を紹介したので、
参考にしてみて下さい。

 

 

元教師が解説!中学生の英語の勉強方法に進む

 

【重要】さらに効率良く理科の点数を上げる方法

 

道山ケイの成績アップメール講座

ここまでに紹介した、

理科の勉強方法を実践していただければ、
すぐに定期テストで高得点を取れるはずです。

 

 

ただもっと効率良く、
理科の点数を上げることができたら良いですよね?

実はその方法があります。

 

 

そして、現在私は、
中学生とその保護者向けに、
「7日間で成績UP無料講座」という形で、
完全無料で解説しています。

 

 

またこの講座を受けていただくと、受講特典として
3980円で販売していた成績UPマニュアル
をプレゼントしています。そして、このマニュアルの4章にも、
理科の点数を上げるテクニックをたくさん解説しています。

 

 

よかったらこちらの講座も参考にして、
理科の点数を上げていただけると嬉しいです。、
なお講座の中ではお父さんお母さん向けに、

 

  • 子どもの勉強に対するやる気が3倍になる声掛け法
  • ストレスなしで勉強時間が1.5倍になる計画法

 

なども解説しています。
これまでに5万人以上の方が参加した人気講座なので、
よかったら受講していただけると嬉しいです。

 

 

成績が上がる無料メール講座

 

動画で解説!!さらに詳しい理科の定期テスト対策とは!?

 

 

 

 

 

 

 

中学生の理科の勉強方法<<定期テスト対策編>>記事一覧

国語辞典

理科の記述問題対策のページ内容ここでは中学生と高校生向けに、理科の記述問題のコツと対策について解説します。中学校でも高校でも、理科の定期テストでは20点ほど、記述問題が出題されると思います。配点としては多くないですが、ここを取るか落とすかで、受験の合否は大きく変わります!元教師だからこそわかる覚え方や解き方をまとめたので参考にしてみてください。目次1.なぜ、記述問題の対策が必要なのか?2.効果的な...

国語辞典

理科の時事問題対策のページ内容ここでは中学生向けに、理科の時事問題の対策法について解説します。中間、期末などの定期テストでは、時事問題が10点ほど出題されると思います。時事問題はあるポイントを押さえると、簡単に点数を取ることができます!もともと中学校で理科教師をしていたからこそわかる時事問題の勉強法をまとめたので、参考にしてみてください。社会の時事問題対策このページで解説しているのは理科の時事問題...

中学生の勉強方法TOPに戻る


この記事を書いた人

道山ケイ 道山ケイのfacebook 道山ケイのline 道山ケイのtwitter 道山ケイのyoutube Amazonの著者ページ
思春期の子育てアドバイザー

親を変えることで、子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000組の親子をサポートし、約7割の親子関係が良好に変化。
  • 反抗期が激しく親と食事すらとらない子が、5教科合計481点獲得
  • 勉強嫌いでスマホ依存の子が、次のテストで5教科合計113点UP
  • 不登校だった子が学校に行けるようになり、5教科合計462点獲得
など道山流で子どもに接すると成績が上がると話題になっている。元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。この体験から思春期子育て法を確立。

子どもが自ら勉強するようになる方法を解説する「7日間で成績UP無料講座」には、これまで5万人以上の方が参加し、次のテストで5教科合計100点以上UPした子が続出している。
著書:高校受験 志望校に97%合格する親の習慣(青春出版社)