ルーズリーフかキャンパスノートか迷っている方へ

中学生のノート

中学生のノートの選び方の内容

 

ここでは、中学生が絶対に迷う
ノートの選び方について解説します。

 

キャンパスノートにすべきか、
ルーズリーフにすべきか。
これは些細なことなのですが、
非常に頭を悩ませる問題です。

 

実はそれぞれにメリットデメリットがあって、
どちらがいいとは一概には言えません。
それぞれのメリットデメリットを意識して、
自分に合うノートを選びましょう。

 

ノート選びを間違えると
1年間「使いずらい」という想いをしながら、
勉強しないといけないので注意してくださいね!


【効率良く内申点を上げたい中学生必見】

 

上手にノートを活用すると授業点が上がります。
その結果、内申点が上がり高校受験の合格率が高くなります。
ではノートはどのように使うのが良いのでしょうか?
私のおすすめ活用術をまとめたので参考にしてみてください。

 

中学生のための上手なノートの使い方に進む

キャンパスノートについて

キャンパスノート

キャンパスノートとは、

本屋さんや文房具屋さんなどで、
5冊198円とかで売っている大学ノートです。

 

 

値段も1冊50円以下なので、
非常に安いです。ただ安すぎるのを購入すると、
使いにくかったりするので、
平均1冊80円くらいのものが基本です。

 

 

キャンパスノートのメリットとデメリットをまとめます。

 

キャンパスノートのメリット

一番のメリットは値段の安さです。
安いときには3冊100円くらいで買えるので、
1冊33円です(笑)ただ、それ以外にもメリットがあります。
それは、教科ごとに分けることができる点です。

 

 

ノートの最初から最後まで一つの教科で書き終え、
テスト前にそれを見直したとき、
「私はこんなに頑張ったんだ!」
という自信を持つことが出来ます。

 

 

この自信がテストで高得点を取ることに繋がります。
また歴史などでは、最初から最後までの流れが
わかりやすいというメリットがあります。

 

 

さらに、ルーズリーフの場合、
書いた一枚をなくしてしまうことがあるのですが、
これがないのもキャンパスノートのメリットです。

キャンパスノートのデメリット

キャンパスノートのデメリットは、
少ない量をまとめることに適していないという点です。
例えば、ノート5枚程度しか使わなかった場合、
残りの数十ページの使い道が困ります。

 

 

もちろん、後で暗記用のノートにしてしまえばいいのですが、
几帳面な人とかノートを取っておきたい人にとっては
これは大きなデメリットです。また、一度書いてしまうと、
順番を入れ替えることができないので、
整理にはあまり適しません。

 

ルーズリーフについて

ルーズリーフ

中学生だとまだまだなじみがないかもしれませんが、

高校生や大学生はルーズリーフ型ノートを
使う人が多いです。

 

 

これは、ノートをとめる表紙と、
紙の部分が別々になっているノートです。

 

 

ルーズリーフ型ノートの
メリットデメリットをまとめます。

 

ルーズリーフ型ノートのメリット

一番のメリットは、書いた内容を
後でまとめることができることです。
例えば、学校にルーズリーフ型ノートを1冊持っていって、
全ての教科の内容を書いたとします。

 

 

その後提出があったときに、
必要な教科の部分だけ取り外して、
別のルーズリーフ型にまとめれば、提出できるわけです。
つまり、綺麗にまとめるのが好きな人には便利です。

ルーズリーフ型ノートのデメリット

もちろんデメリットもあります。
まずは値段が高いことです。
やはりキャンパスノートほどの安さはありません。
ただ、最近はかなり安くなってきているのも事実です。

 

 

もう一つは、意外と持ち運びに不便という点です。
上手く使えば問題ないのですが、
5教科を分けてファイリングしてあるルーズリーフ型ノートを
5冊中学校に持っていくとかなりの量になります。

 

 

キャンパスノートの2倍くらいの分厚さになります。
こういったデメリットがあります。

 

 

自分にあったノートを選ぼう

ノート

じゃあ結局どっちのノートを使えばいいの?

と聞きたくなる中学生が多いと思うのですが、
正直どちらのノートを使ってもいいと思います。

 

 

結局ノートというのは自分が使うものです。
両方使ってみて使いやすいものを使うほうが
勉強がはかどります。

 

 

一整理をするのが好きな女の子はルーズリーフ型ノート、
整理とかが面倒な男の子はキャンパス型ノートを
使っている傾向が多かったです。

 

 

一つ注意点として、学校で指定がある場合は、
その指定に従わないと減点される可能性があります。
その場合は、素直に指定されたノートを使いましょう。

 

【あなたにあったノートの選び方】

 

自分にあったノートを使った方が良いといわれても、
どういったノートがあっているのかよくわからないという場合、
教科ごとにノートを分けて2種類使ってみると良いです。
すると自分にあったノートの種類がわかります。

 

こういったものは頭で考えていてもわかりません。
一度使ってみれば1か月で自分に合うノートがわかるので、
その後は自分の好きなタイプにそろえてしまえばOKです!

 

成績が上がる活用方法と効率の良い家庭学習のやり方

ノート

ここまでに、

あなたにあったノートの選び方を
お伝えしてきました。

 

 

自分にあったノートが見つかれば、
それに比例して授業点が上がるため、
内申点もアップすると思います。

 

 

ただあと2つ大事なことがあります。
一つはノートの使い方です。
間違った使い方をしてしまうと、
成績は上がらないからです。

 

 

そこで次のページでは、
成績が上がるノートの使い方を解説しました。
オール5を取る中学生たちがどのようにノートを
使っているかわかると思います。

 

 

 

 

もう一つは家庭学習のやり方です。
ノートを使う場面は、授業中と家庭学習時の
2つだと思います。この中でもテストへの影響が大きいのは、
家庭学習時です。

 

 

間違った家庭学習のやり方をしていると、
絶対に成績は上がらないからです。そこで次のページでは、
効率の良い家庭学習のやり方を解説しました。
この方法で行うだけで、すぐに定期テストの点数がUPしますよ!

 

 

 

中学生のお父さんお母さんにおすすめの講座

道山ケイの成績アップメール講座

もしこの記事を読んでいるあなたが、

中学生の子どもがいるお父さんお母さん
という立場であれば、

 

 

是非読んでいただきたい講座が、
7日間で成績UP無料メール講座です。
この講座では、7日間かけて、

 

 

  • 半自動的に子どもが勉強を始める動機付けテクニック
  • 思春期の子どもの気持ちを考慮したサポート法
  • 道山流!超効率の良い5教科の勉強法
  • ストレスなく勉強量を増やす裏ワザ

 

 

を紹介しています。
現在毎月2000名、年間約24000名
保護者の方が受講をされています。

 

 

※おそらくあなたのママ友の中にも、
受講されたことがある方がいると思います。

 

 

よかったらこちらも上手に活用して、
あなたのママ友のお子さんたちよりも、
良い点数をお子さんにとらせてあげてください。

 

成績が上がる無料メール講座

 

動画で解説!!ノートの上手な選び方

 

中学生のノートの上手な使い方に戻る

中学生の勉強方法TOPに戻る


この記事を書いた人

道山ケイ 道山ケイのfacebook 道山ケイのline 道山ケイのtwitter 道山ケイのyoutube
思春期の子育て子育てアドバイザー

親を変えることで、子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000組の親子をサポートし、約7割の親子関係が良好に変化。元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。
  • 暴言を吐き部屋に引きこもる子が、2ヶ月後のテストで90点UP
  • リストカットが酷く担任に自殺予告をした子が、1日で自ら勉強開始
  • 勉強嫌いでスマホ依存の子が次のテストで5教科合計113点UP
など道山流で子どもに接すると成績が上がると話題になっている。元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。この体験から思春期子育て法を確立。見た目が弟っぽく母親から絶大な人気があり、定員170名の有料勉強会がすぐに満席になる。