中学生の勉強時間ってどれくらい?

1日何時間勉強したらいいのかわからない方へ

時計

中学生の勉強時間の平均のページの内容

 

ここでは、
中学生が1日どれくらい勉強しているのか
その平均について紹介します。

 

また、自分はどれくらい勉強するのがベストなのか
についてその調べ方も解説します。

 

結局成績というのは、
ある程度勉強時間に比例します。
ただ、無駄に時間をかければ良い
というものでもありません。

 

あなたにとって最適な時間とは!?


中学生の勉強時間の平均

中学生は1日どれくらい勉強していると思いますか?
30分、1時間、2時間・・・?
実は平均2時間半も勉強しています!

 

中学生の勉強時間の平均値
参考サイト:ベネッセ

 

 

この時間を聞いて、
本当かよ!?と思う人も多いと思います。
私自身もそう思いました。笑

 

 

というのは、多くの中学生に、
どれくらい勉強しているのか聞いてみても、
みんな「ほとんどしていない」と言うからです。
これどうしてだかわかりますか?

 

ライバル

 

結局高校入試というのはライバルとの戦いです。
ある学校に合格できる人数は限られています。
隣に座っている友達が自分よりも頭がよければ、
それだけ合格率は下がるわけです。

 

 

ですので、多くの子達が心の中では
「あまりみんなに勉強して欲しくない」
と思っています。だから、
本当の勉強時間は隠すわけです。

 

自分にとって最適な勉強時間って?

勉強

では実際、自分にとって最適な勉強時間って

どれくらいだと思いますか?それは、現在の
自分の実力と目指すべき成績によって違います。

 

 

極端な例を言うと、
通知表の成績でオール4を取れれば
十分入れる高校に行きたい子が、

 

 

既にオール5であれば、
勉強時間を少し減らしたほうが良いわけです。

 

 

勉強時間を減らしてその分、
今しかできない部活や今しかできない
思い出作りなどにまわしたほうが良いのです。

 

 

ただ、そんな子ってほとんどいないはずです(笑)
実際には、1日の平均勉強時間が1時間で、
現在のテストの成績が100番前後。
目指す成績は50番以内という場合が多いはずです。

 

 

こういった場合、まずわかることは、
今の勉強時間では少ないということです。

 

【1日に勉強すべき教科数の目安とは!?】

 

1日に5教科全て勉強すべきか、
それとも1教科に絞って勉強すべきか、
迷ってしまう中学生は多いです。

 

 

上記に関する道山の基本的な考え方として、
1時間に1教科勉強するのを目安にするのが良いです。

平日で1日2時間勉強できるなら2教科
土日で1日5時間勉強できるなら5教科でも良い

ということです。

 

 

ただ私自身としては、
平日は1、2教科で土日は3,4教科くらいにした方が、
効率良く勉強できるような気がします。
(2時間で1教科勉強するときは、1時間を2回勉強します)

 

少しずつ勉強時間を増やしていこう

ポイント

じゃあそういった子が、

いきなり勉強時間を3時間にできるかというと、
それはかなり厳しいです。

 

 

中3の3学期からの2ヶ月の間だけなら
可能かもしれませんが、それ以外は無理です。
すぐにばててしまい、元の1時間に戻ってしまいます。
これは人間の体の原理で、急に生活が変わると、
元に戻ろうという働きが自然に起こるからです。

 

 

ですので、少しずつ増やしていくことが重要です。
増やすときは、テストごとに30分ずつ増やしていきましょう。

 

第1回テスト

1時間

第2回テスト

1時間30分

第3回テスト

2時間

 

というような感じで、少しずつ増やしていきましょう。
これを進めていって、
自分の目指すべき成績が取れたところが、
あなたにとってのベストな勉強時間ということです。

 

【勉強時間よりも勉強日数を増やすほうが楽】

 

①1日は24時間しかない

勉強時間を増やすときに、
1日に行う勉強時間を増やそう!
と考える中学生が多いです。
ただ、人間は1日24時間しかありません。

 

つまり、勉強時間を増やすというのは、
今までやっていた何かを止めるということです。
これは想像以上にストレスがかかるるため、
なかなか実践できないのです。

 

 

②勉強日数を増やすほうが楽

勉強時間を増やすよりも、勉強日数を増やしたほうが楽です。
テストの1週間前(7日前)からテスト勉強を始めていた
中学生であれば、8日前から始めるようにしましょう。
この方が、ストレスが少なく勉強時間を増やせます!

 

 

【必読】高校受験に必要な勉強時間

高校受験

次のページでは、

高校受験に必要な勉強時間について
解説します。

 

 

あなたが行きたいと思っている
学校のレベルによって
必要な学習時間は異なります。

 

 

本当は1日3時間必要なのに、
油断して2時間しか勉強しなければ、
受験が成功することはありません。
例え現在A判定でもすぐにC判定になります。

 

 

そうなってからでは遅いですよね?

 

 

そこで今のあなたにとって、
最低限必要な勉強時間をまとめました。
まもなく受験を迎える2年生3年生は、
必ずチェックしてくださいね。

 

 

高校受験に必要な勉強時間に進む

 

【親向け】子どもが勝手に勉強を始める声かけマジック

 

道山ケイの成績アップメール講座

もしあなたが、

思春期の子どもを持つ親という立場なら、
子どもが自主的に勉強しないと、
悩んでいないでしょうか?

 

 

私も教師時代、
クラスの子が全く勉強しない
悩んでおりました。

 

 

そこで開発されたメソッドが、
道山流学習メソッドです。
この方法を使うと、
子どもが自主的に勉強を始めます。

 

 

その後短期間で定期テストの成績が上がり、
高校受験の合格率も急上昇します。
もしお子さんが勉強しないことで悩んでいるなら、
一度道山流学習法を参考にしていただけると幸いです。

 

 

今ならこのメソッドをまとめたメール講座を
無料で受講できますので、
よかったら下記から詳細を確認いただけると
嬉しく思います。

 

成績が上がる無料メール講座

 

動画で解説!!中学生に必要な勉強時間とは!?

 

中学生の勉強スケジュールの立て方に戻る

関連ページ

定期テスト前日と当日の勉強法
ここでは中学生の定期テストの前日と当日の勉強法について解説します!前日の夜、当日の朝の過ごし館や勉強の仕方を少し変えるだけで、点数が大きく上がります!
毎日の勉強の仕方
ここでは中学生向けに毎日の勉強の仕方について解説しました!日常学習は主に英語と数学に力を入れた方が良いです。この2教科は一度わからなくなると取り返しがつかなくなるからです。
勉強と部活の両立方法
ここでは勉強と部活を上手に両立する方法について解説します!中学生と高校生で勉強する時間がないという方はこの方法を試してみてください。面接で回答のネタにもできる方法です。

中学生の勉強方法TOPに戻る


この記事を書いた人

道山ケイ
思春期の子育て子育てアドバイザー。

親を変えることで、子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000組の親子をサポートし、約7割の親子関係が良好に変化。元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。

  • 暴言を吐き部屋に引きこもる子が、2ヶ月後のテストで90点UP
  • リストカットが酷く担任に自殺予告をした子が、1日で自ら勉強を始める
  • 勉強嫌いでスマホ依存の子が次のテストで5教科合計113点UP

など道山流で子どもに接すると成績が上がると話題になっている。元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。この体験から思春期子育て法を確立。見た目が弟っぽく母親から絶大な人気があり、定員170名の有料勉強会がすぐに満席になる。


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

TOP 定期テスト対策講座 不登校・反抗期対策法 運営会社